チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

古地図。

勢力地図

中世末期のヨーロッパ

中世末期のヨーロッパ

  • フランス
    • シノン・・・チェーザレがルイ12世と出会う所。
    • ブロワ・・・チェーザレがシャルロット・ダルブレと結婚式を挙げる所。
    • ブルゴーニュ公国・・・シャルル8世の妻アンヌ・ド・ブルターニュの所領地。彼女は持参金としてこの地を携え、ルイ12世と再婚する。
  • スペイン
    • ハティヴァ・・・ボルジアの始祖である地。
    • ヴァレンシア・・・アロンソの時代からのボルジアの司教区。チェーザレもここの大司教、枢機卿となる。
    • パンプローナ・・・1491年、チェーザレ、パンプローナ司教に。チェーザレの妻となるシャルロット・ダルブレの兄、ジャン・ダルブレを王とするナヴァーラ王国の首都。
    • ガンディア・・・チェーザレの兄ペドロ・ルイス、次いで弟のホアンの公爵領となる地。
    • チンチーリャ・・・1504年、チェーザレがまず軟禁される所。
    • メディナ・デル・カンポ・・・1505年、チンチーリャからチェーザレが移送される所。彼はここを脱走し、パンプローナを目指す。
    • レリーダ・・・1484年、チェーザレ、レリーダ大司教座聖堂参事会員に。アロンソ・ボルジアはここの大学へ。フランチェスコ・レモリーネスはこの地で生まれ、ここの司教に。
  • コルシカ
    ・・・1347年ジェノヴァ領に。
  • サルディーニャ
    ・・・1347年アラゴン王国領に。
  • アラゴン王国、カスティーリャ王国
    ・・・1479年連合王国に。
  • グラナダ王国
    ・・・1492年滅亡。レコンキスタによって。




15世紀前後のイタリア

この頃のイタリアは群雄が割拠していて、勢力の分布が非常に細かく、また頻繁にその境界が変化し、とてもややこしいです。
また、封土制度などによって、名目上の支配者と実際の支配者が違っていたりして、複雑きわまっています。
そのため、すごく大まかな図になっています。
チェーザレの時代のイタリア

  • 神聖ローマ帝国・・・ハプスブルク家
    フランク王国から分裂した東フランク王国がもと。カロリング、ザクセン、ホーエンシュタウフェン、大空位時代、ルクセンブルクなどを経て、当時はハプスブルク家のマクシミリアン1世(1459〜1519)が支配していた。現在のドイツ、オーストリア、チェコにあたるところ。名前に反し、神聖でもローマでも帝国でもない、多民族大小自治都市国家の連合体。
    地図によってはミラノから、サヴォイア、モデナ、フィレンツェ、シエナまでを神聖ローマ帝国の境界線内に含んでいるが、これはイタリアを自国領土と主張し続けていたから。
  • ヴェネツィア共和国・・・十人評議会(ドージェ(総督)はアゴスティーノ・バルバリーコ(在位1486〜1501))
    交易による富と無敵の海軍力を背景に栄えた強力な国家。チェーザレの快進撃を不気味な沈黙で見守り、苦境に立ったとたん牙をむいた憎いやつ。
  • フェラーラ・・・エステ
    もとは教皇から封土された地(教皇領)であったが、公爵領として確立していた。
    ルクレツィアが三度目の結婚(1502年、アルフォンソ・デステと)で嫁ぐ地。ここで最期を迎える。お墓も現存する。
  • フィレンツェ・・・メディチ家 → サヴォナローラ → 共和制(ピエロ・ソデリーニ) → メディチ
  • ピオンビーノ・・・アッピアーノ家
  • ナポリ王国・・・アラゴン王家(アラゴーナ家)
    • ベネヴェント・・・ホアン・ボルジア → チェーザレ・ボルジア
    • ビシュリエ・・・アルフォンソ・ダラゴーナ
    • スィクラーチェ・・・ホフレ・ボルジア
  • スイス連邦・・・1499年に神聖ローマ帝国から離脱。正式にスイス連邦として独立するのは1648年ウエストファリア条約によって。
  • オスマン・トルコ・・・バヤズィト2世(在位1481−1512)




イタリア諸都市

→ Google Mapを見る
イタリアの諸都市







都市別




その他

ボルジアの間

→ ボルジアの間地図へ

サンタンジェロ城

→ サンタンジェロ地図へ

サンタ・マリア・デル・ポポロ教会

→ サンタ・マリア・デル・ポポロ教会見取り図へ







25043 9 8

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional