チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

ブルージュの風景。

関連エピソード

関連エピソード

年表人物紹介には収まらない、興味深いエピソードをピックアップしました。


チェーザレ関連

チェーザレの出自

枢機卿ロドリーゴ・ボルジアと彼の愛妾ジョヴァンノッツァ・カッタネイの息子として、1475年9月13日、ローマ県スビアーコに生まれたとされるチェーザレだが、未だ色々な説がある。
父親についても、出生時、出生地についても、議論の余地のない公式の証言や文書などが存在しないので、確定されないのだ。

  • チェーザレの父親と出生地

1・父ロドリーゴ・ボルジア 母ヴァノッツァ
兄ペドロ・ルイスは実兄とされたり、異母兄とされたりする。
(これはどちらなのかほとんどわかっていない。)
弟ホアンは兄とされたりする。
(ホアンがガンディア爵位を継ぎ、優遇されているからという理由が多い。)

生まれはスビアーコ(Subiaco)の他、リニャーノ(Rignano)の説もある。
(1493年9月19日にアレクサンデル6世はチェーザレを「ドメニコ・ダリニャーノの実子である」という勅書を出している。このドメニコの出身地がリニャーノなので。)


2・父グレイン・ランソル・イ・デ・ボルハ 母ヴァノッツァ
グレインはファナ・デ・ボルハ(ロドリーゴの姉妹)とペドロ・グレイン・デ・ランソル・イ・ロマーニの長男。
ヴァノッツァは本名ヴィオランタで、カタリーナ・デ・ボルハ(教皇カリクスト3世アロンソ・ボルハの妹)とホアン・デ・ミラの娘であるとされる。
つまりロドリーゴにとってチェーザレたちは姉フアナの孫であり、叔母カタリーナのひ孫であるという二重の関係。

この場合チェーザレはスペイン、ヴァレンシア生まれとされる。

グレインは1481年頃に死去、ヴァノッツァは子ども達を連れてローマに行き、大伯父であるロドリーゴに託した。
長男のペドロ・ルイスはスペインに残り、アラゴン王フェルディナンドの宮廷で軍人としてのキャリアを積み、そこで早世した。
(これはペドロ・ルイスがイタリアにいた様子がないことを上手く説明していると思う。)

教皇の非嫡出子は「甥」とされることが当時の慣例だったが、この説では本当にチェーザレ(達兄弟姉妹7人)はロドリーゴの甥(従姪孫)であったとしている。

チェーザレは署名をスペイン名で記したり、スペイン語を話したり、側近をスペイン人で固めたりしているので、スペイン生まれの可能性は否定できない。
ゴンサロ・フェルナンデス・コルドバへの手紙にも自分を「スペイン人」と書いている。(これはコルドバにおもねった感じするかな〜。)

ヴァティカン公文書館の書類にも「スペイン生まれ」という記述があるらしいし。チェーザレの同時代人であるヴェネツィア大使ジュスティニアンもチェーザレを「スペイン生まれ」と記述していて、ブルカルドは弟ホアンを「ヴァレンシア生まれ」としている。
また、1488年にローマのスペイン人学者パオロ・ポンピリオがチェーザレに献本するまで、チェーザレがイタリアにいたという証明は何もない。

母ヴァノッツァの墓には最後の夫カルロ・カナーレの紋章とともに、ボルジアの紋章が描かれていた。(今は残っていない。)ロドリーゴの愛妾であったからと言って墓に紋章が使われるだろうか?ヴァノッツァ自身がボルジアの出身でありボルジアの人間と結婚したと捉える方が自然である。

ナポリ王フェランテは孫娘サンチャのことを「非嫡出子」と書いているが、ホフレ・ボルジアについてはそう書いていない文書もある。

1573年、チェーザレの孫がフランス王室に没収された財産を取り戻すための訴訟を起こした時も、教皇アレクサンデル6世を「祖父の伯父」としている。




チェーザレはロドリーゴの子ではない説、意外と説得力ある気がする。
でもやはり、チェーザレとアレクサンデル6世の関係を改めて俯瞰して見た時、その歴史が、彼らを実の父子と証明している。ように思われるんだよね……(by sacerdote)。ものすごく親子っぽいと思うもん。


  • チェーザレ(と兄弟)の父親に関する主な記録
1480年10月1日シクストゥス4世チェーザレの出自の正当性を証明することを免除し、出生の欠陥がキャリアの妨げにならないようにする勅書で、「枢機卿ボルジアと既婚の女性の子」
1482年2月4日シクストゥス4世「枢機卿ボルジアの息子ペドロ・ルイスとホアン」のため教会権益の一部を寄付することを確認
1482年8月16日シクストゥス4世「父ロドリーゴ・ボルジア」をチェーザレの恩典の管理者に
1483年1月29日枢機卿ロドリーゴ・ボルジア従兄弟のオットーネ・ボルジアを「息子ホアン・ボルジア」の後見人に指名
1492年12月18日フェラーラ大使ボッカチオ派遣状の中でチェーザレを「教皇の甥」と呼ぶ
1493年9月19日アレクサンデル6世チェーザレは「ドメニコ・ダリニャーノを父として生まれる」
1493年9月20日アレクサンデル6世チェーザレは「教皇の非嫡出子」
1500年10月18日ヴェネツィアのシニョーリア「教皇アレクサンデル6世の甥」であるチェーザレをヴェネツィア貴族に列する


  • チェーザレの生年月日に関する主な記録
1480年10月1日シクストゥス4世チェーザレの出自の正当性を証明することを免除し、出生の欠陥がキャリアの妨げにならないようにする勅書で、「あなたの生まれの6年目」と表記
1482年8月16日シクストゥス4世ロドリーゴ・ボルジアをチェーザレの恩典の管理者に任命する勅書で「あなたの生まれの7年目」と表記
1484年9月12日インノケンティウス8世チェーザレをカルタヘナ大聖堂財務官任務する勅書で、「あなたの生まれの9年目」と表記
1491年9月12日ブルカルドチェーザレは17歳と日記に書く
1493年9月19日アレクサンデル6世「チェーザレはドメニコ・ダリニャーノの実子」とした後「ドメニコの死後ホアン生まれる」と勅書に記す
1496年10月10日ブルカルドホアンがローマに到着しチェーザレが迎えたことを日記に記し「ヴァレンティーノ枢機卿はガンディア公より年長」と書く
1501年10月26日フェラーラ大使サラチェーニアレクサンデル6世が「ルクレツィアは来年4月に22歳を終え、チェーザレは26歳を終える」と言及したと手紙に書く
1507年5月23日ローレンツ・べハイムチェーザレ戦死の報を受け「31年と6カ月生きた」と手紙に書く
チェーザレのホロスコープも作成しており誕生日がかなり正確に推測される






マジョーネの反乱

→ マジョーネの反乱
1502年。チェーザレ軍傭兵隊長たちによる、チェーザレへの反乱。


シニガリア事件

→ シニガリア事件
1503年。マジョーネの反乱を起こした傭兵隊長たちの捕縛と処刑。
残虐な策謀家としてのチェーザレの名を不動のものとした。


ミゲルの落馬とチェーザレの抗議

→ ミゲルの落馬とチェーザレの抗議
1492年8月、シエナのパリオでのできごと。


チェーザレとゴンザーガ家の因縁のパリオ

→ チェーザレとゴンザーガ家の因縁のパリオ
1501年12月、ルクレツィアとアルフォンソ・デステの婚礼祝賀会でのできごと。




チェーザレに似てきたミゲル

1502年4月、ミゲルが総督であったピオンビーノに、ジェノヴァの使者ジョルダーノ・チェレソラが訪れる。
ジョルダーノはピオンビーノの男たちがジェノヴァの船を襲い積荷を強奪したと言い、犯人の逮捕と盗まれた物の返却を求めた。
(ジェノヴァの議会は4月9日にチェーザレに対して手紙を出し、その後総督であるミゲルのもとへジョルダーノを送っている)

ミゲルは「事件後だいぶ経つから犯人の捜索は無理」と思ったらしく(と言うか面倒だったんじゃないの!?)、使者に対して甘言を弄しうまくはぐらかした。ジョルダーノは接待されて帰ったらしい。
このやり口…誰かに似てない!?

ミゲルが請願者である使者をていよく追い払ったことは、ロマーニャの犯罪者を苛烈に取り締まったレミーロ・デ・ロルカと比較され、ミゲル・ダ・コレッラのやり方は全然違ってた、と後に言われている。(悪い意味じゃなさそうだけど、いい意味でもなさそう)



ジェノヴァの公文書館(Archivio di Stato di Genova )には、ピオンビーノの総督であったミゲルまたは彼の補佐官に宛てた、海軍に関する事柄についてのジェノヴァの総督と議会からの手紙が数通残っているらしい。(本当!?)(でもジェノヴァから出した手紙がどうしてジェノヴァに残ってるんだろ。残ってるんならミゲルからの返信じゃないのか??)




ミケランジェロのキューピッド像

ピントゥリッキオとレオナルド・ダ・ヴィンチがボルジアと縁深きことは有名だが、ミケランジェロもチェーザレと少々関わりがある。


1496年、23歳のミケランジェロはフィレンツェからローマにやって来た。彼は美術愛好家として名を馳せていたラファエーレ・リアーリオへの推薦状を持参していた。

当時ローマは大規模な発掘調査が行われていて、日々古代の芸術品が掘り出されていた。ラファエーレはこれら古美術についても愛好家であり蒐集家だった。

ラファエーレはミケランジェロを自分のギャラリーに案内し、蒐集品を自慢しながら、これらに匹敵するようなものを制作できるかと尋ねた。

ミケランジェロはラファエーレコレクションをぐるりと見まわして目を見張った。かつて自分が作ったものがそこにあったのだ!それは80センチほどの眠っているキューピッド像だった。「これは俺の作品だ!」。

ラファエーレはミケランジェロの言葉を笑い飛ばした。
そのキューピッドは見るからに時代ものだったし、ラファエーレ自身がギリシャ・ローマ時代の骨董品であるとして、ミラノの商人から200ドゥカートで購入したものだったからだ。


「200ドゥカート!?」ミケランジェロは憤慨した。
彼はフィレンツェで、ロレンツォ・ディ・ピエルフランチェスコ・デ・メディチ(ボッティチェッリなどのパトロン)に提言され、酸性の土質材料を材料に土の中で眠っていたかのように見える古代美術風の作品を作っていた。そしてバルダッサーレ・デル・ミネレーゼというミラノの商人に、そのような古代美術風キューピッド像を売った。

しかしミケランジェロはその代金として30ドゥカートしか受け取っていなかったのだ!


ティントレット








← ティントレットの「ウルカヌスに驚かされるヴィーナスとマルス」(1550年頃)
奥のキューピッドはミケランジェロのキューピッド像をモデルにして描かれたという説がある


ミケランジェロはラファエーレにキューピッド像の返還を要求した。
ラファエーレは金の要求をバルダッサーレにすべきだと言って拒否したが、ミケランジェロがよほどしつこかったのか結局キューピッド像はミケランジェロに引き渡された。


この話は巷に広まり、ラファエーレ・リアーリオのような美術に造詣深く、審美眼があるはずの人物をだました像を見てみたい、そしてできるならその素晴らしい像を手に入れたいと騒ぎになった。

この時、キューピッド像を購入したのは、当時まだヴァレンシア枢機卿だったチェーザレだった!
(と書かれてるものもあるが、この時キューピッドを手に入れたにはウルビーノのグイドバルド・モンテフェルトロで、チェーザレはウルビーノを攻略した時に彼のコレクションも同時に手に入れた。が正解だと思う。)

チェーザレはこのキューピッド像をイザベッラ・デステの求めに応じて贈り、手紙の中で「現代の芸術作品の中で、この作品に匹敵するものはない」と言っている。




像を購入したラファエーレ・リアーリオは偽物であることに気づき、しかしその出来栄えに感銘を受けてミケランジェロをローマへと招いた、という説もある。こっちの方が有力。
でも上記の逸話の方が面白いので書きました。


17世紀、イングランド王チャールズ1世によってゴンザーガ家(イザベッラの婚家)のコレクションが買い取られた。
そして1698年、ロンドンのホワイトホール宮殿の火災で燃えてしまい、現在はもうない。残念すぎる。



ミケランジェロはリアーリオからちゃんと依頼も受けてバッカス像を作っている(バルジェッロ美術館所蔵)。

そして、このバッカス像の制作中に、ローマに派遣されていたフランス人枢機卿ジャン・ド・ビレール・ド・ラグロラからピエタの制作を依頼されることになる。




ドロテア・マラテスタ誘拐事件

→ ドロテア・マラテスタ誘拐事件
1501年2月13日、ロベルト・マラテスタの庶出の娘ドロテアが、チェーザレ配下の傭兵隊長ディエゴ・ラミレスによって拉致された事件。犯行ははチェーザレの命令だったとも言われている。




どうでもいい小ネタ

  • チェーザレとスペイン
    チェーザレはスペイン人の従者を重用(側近ミゲル・ダ・コレッラや家庭教師フランチェスコ・レモリーネス、侍医ガスパーレ・トレッラなど)していたせいなのか、日常でもわりとスペイン語を使用していた。
    1492年10月5日にピエロ・デ・メディチ宛に書かれた手紙や、1499年7月フランスから父アレクサンデル6世に書かれた手紙には「Borja」とスペイン語で自分の名前を綴ってもいる。
    このため、チェーザレはスペイン生まれ説もけっこう根強くある。


  • チェーザレと家庭教師
    チェーザレの最初の家庭教師として名前が残っているのはヴァレンシア生まれのラテン語教師スパノリオ・マジョリジクス。(スパノリオ・デ・マジョルカ)
    幼少期から神童の誉高かったチェーザレだが、1488年、ローマのスペイン人学者パオロ・ポンピリオがその著作の中でチェーザレの将来性を語っているらしい。
    ペルージャではやはりスペイン人でヴァレンシア生まれのホアン・ヴェラという教師についている。この人は1500年にサレルノの枢機卿になっている。
    フランチェスコ・レモリーネスともペルージャで出会う。
    ピサでの家庭教師はバルトロメオ・メツィーノ(教会法の先生)。


  • チェーザレと梅毒
    チェーザレは深夜に思索し活動することを好んだが、それは梅毒による膿疱で傷ついた姿を人前に晒さないようにするためだったとも言われる。
    梅毒の様々な症状(全身の潰瘍性皮膚、手足や頭の痛み、急性熱性発作など)を自分の部屋の中で慎重に扱うことが必要だった。
    変装が好きだったことも、髪型に凝ったこともそのためだったのではとも言われる。
    (本当かな?って思うけど、美形で鳴らした人の容色が崩れたら必要以上に気にするものかも?)


  • ローマの捕囚チェーザレ
    1503年11月、ユリウス2世の命でオスティアにいるところを逮捕されたチェーザレは、ローマに戻されユリウス2世の財務官だったフランチェスコ・デッリ・アリドシ(Francesco degli Alidosi)の部屋に軟禁される。

しかしここにいたのは一晩だけで、すぐにジョルジュ・ダンボワーズの部屋に移る。

12月、ラミレス兄弟が使者を吊るしたことに激怒したユリウス2世により、サンタンジェロ城に投獄される。

しかしスペイン人枢機卿たちの懇願により、すぐにボルジアの間に移される。

2月、オスティアへ。






ボルジア家関連

アンジェラ・ボルジアをめぐるエステ兄弟




その他の人々関連

アストーレ・マンフレディの悲劇


パッツィ家の陰謀

→ パッツィ家の陰謀
1478年。パッツィ家を首謀者とする、メディチ兄弟襲撃事件。


フォルリの女傑カテリーナ・スフォルツァ

カテリーナの人生と、1488年の陰部を指差して罵ったというエピソード。


サヴォナローラの処刑


ビミョーにチェーザレと縁がある?カラブリア公フェルディナンド・ダラゴーナ

カラブリア公フェルディナンド(1488–1550)はナポリ王フェデリーコ1世の息子。
チェーザレの求婚を断固拒否したナポリ王女カルロッタ(1480–1506)とは異母姉弟。


1501年、ナポリ戦争(1499-1504)の最中、フランスのルイ12世とスペインのフェルナンド2世の軍がナポリ王国を占領した。
(チェーザレも従軍していた。ルイ12世に呼ばれて、ピオンビーノ攻略をミゲルとヴィテロッツォに任せた時)

この時、フェルディナンドはタラントにいて、ゴンサロ・フェルナンデス・デ・コルドバの指揮するスペイン軍に包囲されていた。
フェルディナンドは自由を約束され降伏したが、コルドバは約束を破って彼を捕縛し、スペインへ送った。
(コルドバ…チェーザレにやったことと同じこと、前にもしてたのね!!)

スペインでフェルディナンドはメディナ・デル・カンポのモタ城に幽閉される。
(チェーザレが幽閉される所!!)(フェルディナンドとは入れ違いになっている)

1505年、幽閉を解かれスペイン王フェルナンド2世の宮廷に滞在するが、王の新妻ジェルメーヌ・ド・フォアとの不倫が発覚し、再びアティエンサの城に幽閉される。
(スペイン王フェルナンド(53歳)は妻であるカスティーリャ女王イサベル1世を1504年に亡くしていて、18歳の後妻をめとっていた。ちなみにフェルディナンドは17歳。)

1512年、フェルディナンドはハティヴァ城に移される。
(チェーザレのパパロドリーゴの出生地!!ボルジアの礎となった街!!)

1513年、逃亡を試みるが失敗。
(チェーザレも1回失敗してる!!)

1523年、解放され、不倫相手だったジェルメーヌと結婚した。
(純愛!?と思うけど、ジェルメーヌにとっては3人目の夫)

1526年、ヴァレンシアの総督となり、妻とともに演劇や音楽を奨励する活気ある宮廷を築いた。

1550年、死去、ヴァレンシア市内に自身が設立したサン・ミゲル・デ・ロス・レイエス修道院に埋葬された。




レオ10世暗殺未遂計画






時代背景関連

イタリア時間

チェーザレの時代の時間は現代とは違い、イタリア時間(ユリウス時間、旧チェコ時間、ボヘミアン時間)と呼ばれる。
14世紀からイタリアを中心にボヘミア、ポーランドなどヨーロッパの一部で採用されていた1日の区切り方。


特徴としては、

  • 日没から始まる24時間制(日没=24時)
    なので、日々ちょっとずつ変動する。例えば同じ17時と言っても夏と冬では最大4時間以上ずれる。チェーザレの時代は大体週1で時計を調整していた。
    日没から1時間経つと1時、2時間経つと2時。1日の時間を日没から数えていく。
  • 反時計回りに針は動く
    ので、文字盤も反時計回りに描かれている。大体24時が真下部分、今の6時の位置にあった。
  • 針は1本
    なので、何分なのかは針の微妙な位置でしかわからない。何秒なのかはまずわからない。


例えば、
ピサの1月1日の日没は現代の時間でほぼ17時、日出は8時である。すると当時の時間はこのようになる ↓

サンタマリアデルフィオーレの時計

つまりこの時計はXVと4分の1の場所を指しているので、15時15分、今の時間では8時15分だということ!
(※画像の時計はフィレンツェのドゥオーモにある時計です。ピサは例として出してるだけです)(でも日没時間は3分くらいしか変わらないのでまあ同じ時間です)




閑話休題    閑話休題    閑話休題


チェーザレ8巻Virtu63

惣領冬実「チェーザレ」8巻の場面は、スペイン両王のグラナダ入城(1492年1月2日)からそんなに経ってないと思われるので(もしかすると同日夜?)、
上記と同じく17時が日没とすると、

時計は4時少し前くらいを指しているが現代の時間では21時少し前になる。
(セリフで隠れてわかりにくいけど)
(みんな早寝なのね!)


閑話休題    閑話休題    閑話休題


1500年2月26日、チェーザレがイモラとフォルリを陥してローマに凱旋した時、ブルカルドは、
「全ての枢機卿は16時にサンタ・マリア・デル・ポポロ広場に出迎えに出た」
「チェーザレは19時から20時に到着した」
と書いている。
遅くない?冬だしもう真っ暗では?と思うけどこれも、



ローマのこの時期の日没はおよそ18時なので、18時=24時となり、
枢機卿が出迎えに出たのは午前10時、
チェーザレが到着したのは13時から14時

ということになる。

(これさ…ボルジア本(じゃなくてもイタリア時間時代の本)を読む時、書かれている日付や時間が当時のもの(イタリア時間)なのか現代のものに直されて書かれているのか、明記してくれないと判断難しくない!?
まあ原文をそのまま引用でないかぎりは、現代のもので書かれてるとは思うけど…)


閑話休題    閑話休題    閑話休題


この時代は日没に城門が閉じられ、住民は仕事をやめて門の中に戻らなければならなかったので、日没時間を知ることは重要だった。
24から鐘の鳴った回数を引けば、あと何時間で日没なのかがわかるので、その点は便利だった。
(時代が少し新しくなると日没から30分後に24時をずらしたりしてよりややこしくなるが(ベルアワーと呼ばれる)、とりあえずチェーザレの時代には関係ないので割愛)



17世紀になってヨーロッパの時計が国際的に標準化され、時間は午前と午後の12時間制(フランス時間、アルプス以北時間、グレゴリオ時間)(現在と同じ時間区分。ヨーロッパのほとんどが採用していた)となり、針は右から左へ動くことに決められた。
ナポレオンがイタリア半島を支配したことで、この方式は決定的なものになった。
が、イタリアでのイタリア時間は19世紀中頃までは使われていたよう。

ヴェネツィア、サン・マルコ広場の時計

今ではフィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレの時計(上で例に使っている画像)がチェーザレの時代と同じ時の刻み方をしている。
ヴェネツィアのサン・マルコ広場などにも同じような24時間時計がある。






a:11859 t:3 y:4

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional