チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

サン・ピエトロ大聖堂。

教会と社会

教会と社会

カトリック教会の発展と衰退

教会の発展と衰退




13世紀末 - 16世紀中盤までのローマ教皇の推移

教皇在位期間できごと対立教皇
ボニファティウス8世1294〜1303アナーニ事件 
ベネディクトゥス11世1303〜1304
クレメンス5世1305〜1314教皇のバビロン捕囚
(アヴィニヨン捕囚)
ヨハネス22世1316〜1664
ニコラウス5世(1328〜1330)
ベネディクトゥス12世1334〜1342)
クレメンス6世1342〜1352 
インノケンティウス6世1352〜1362
ウルバヌス5世1362〜1370
グレゴリウス11世1370〜1378
ウルバヌス6世1378〜1389教会大分裂クレメンス7世 (1378〜1394)
ボニファティウス9世1389〜1404ベネディクトゥス13世 (1394〜1417)
アロンソ・デ・ボルハは彼の元で法律家として活躍する。
インノケンティウス7世1404〜1406
グレゴリウス12世1406〜1415アレクサンデル5世 (1409〜1410)
ヨハネス23世 (1410〜1415)
マルティヌス5世1417〜1431クレメンス8世 (1423〜1429)
ベネディクトゥス14世 (1424〜1429)
ベネディクトゥス14世 (1430〜1437)
(前教皇と同じ名だが別人)
彼がアロンソ・デ・ボルハをヴァレンシア大司教に任命する。
エウゲニウス4世
彼の下でアロンソは枢機卿としてローマへ根を下ろす。
1431〜1447バーゼルの公会議
(バーゼル・フェラーラ・フィレンツェ公会議)
(1431〜1445)
フェリクス5世 (1439〜1449)
ニコラウス5世
ローマ市の改善に努める。ヴァティカン図書館を創設。フラ・アンジェリコを重用。崩れかけていたサン・ピエトロ大聖堂の改築に着手。
1447〜1455
&color(sienna){カリストゥス3世(アロンソ・デ・ボルハ)
ロドリーゴ・ボルジアの伯父。初のスペイン人教皇。
1455〜1458
ピウス2世
(エネア・シルヴィオ・ピッコローミニ
弁舌に長けた人文主義者。「評論集」などの著作も。
1458〜1464
パウルス2世
(ピエトロ・バルボ)身を飾ることに腐心し、奢侈で華やかな暮らしを好んだ。ロドリーゴの友人。ヴェネツィア宮殿を建てる。
1464〜1471
シクストゥス4世
(フランチェスコ・デッラ・ローヴェレ)甥ジュリアーノの枢機卿任命を始め、親族登用主義を極める。メディチ家のジュリアーノ殺害する。「パッツィ家の陰謀」の陰の首謀者。システィーナ礼拝堂を建設。
1471〜1484
インノケンティウス8世1484〜1492
アレクサンデル6世
(ロドリーゴ・ボルジア)
1492〜1503
ピウス3世
(フランチェスコ・トデスキーニ・ピッコロミーニ)
1503
ユリウス2世
(ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ
1503〜1513
レオ10世
(ジョヴァンニ・デ・メディチ
1513〜1521
ハドリアヌス6世1522〜1523)
クレメンス7世
(ジュリオ・デ・メディチ
1523〜1534
パウルス3世
(アレッサンドロ・ファルネーゼ
1534-1549
ユリウス3世1550-1555
マルケルス2世1555
パウルス4世1555-1559




カトリック教会のヒエラルキー

画像の説明

  • 教皇・・・ローマ教皇。
    (法王、ローマ法王とも。まったく同じ意味だが、最近は「教皇」を正式とする動きが強い。)
    地上における神の代理人として全教会、全信者を導く。カトリック教会における最高指導者。
    イエス・キリストから使徒の頭に選ばれた、ペトロ(ピエトロ)の後継者、とされる。
  • 枢機卿・・・教皇の最高顧問。教皇によって叙任される。枢機卿会を構成し、教皇選挙(コンクラーヴェ)、教会行政の補佐を行う。
    緋色のガウンと帽子を着用する。
    上から、
    司教枢機卿
    司祭枢機卿
    助祭枢機卿
    とランクがある。
  • 大司教・・・国王や有力な諸侯のいる地方の聖堂をつかさどる司教。
  • 司教・・・司教区(都市を中心につくられた教会行政における管轄区)の統率者。その地の聖堂を中心に管理行政を行う。
    重要な司教区の司教は、大司教となる。
  • 司祭・・・神父ともいう。各教会でミサや説教を行う。
  • 助祭・・・司教や司祭を助け、ミサや説教を行う。




コンクラーヴェ 1492年

チェーザレの父、ロドリーゴ・ボルジアが選出され、アレクサンデル6世として登位したコンクラーヴェ。システィーナ礼拝堂において行われた最初のコンクラーヴェであった。

1492年7月25日、教皇インノケンティウス8世が崩御。
1492年8月6日から8月11日にかけて次期教皇を選出するコンクラーヴェが開催された。
当時の枢機卿は全27名。そのうちの23人が出席した。

遠隔地に住まう枢機卿の到着を待ったため、インノケンティウスの死後から10日以上も経ってから開催されたが、7月24日にはすでに会合が行われ、準備が開始されていた。
システィーナ礼拝堂の準備は、教皇庁式武官ヨハン・ブルカルドによって整えられた。彼の日記には必要な備品のメモが記されている。
いわく、

テーブル、イス、脚を乗せる台。
便器(行水用のたらいのようなもの)2つ。
小さなナプキン2枚。もっと小さいナプキン12枚。ハンドタオル4枚。カップを拭くフキン2枚。
カーペット。
各枢機卿の衣装をしまうチェスト。フェイスタオル。ハンカチ。
菓子箱4つ。砂糖がけパインシード1箱。マジパン。キビ砂糖。固形砂糖。ビスケット。
天秤。ハンマー。鍵。串。針。刺抜き。
ペン。葦ペン。ペンナイフ。ペンスタンド。
紙一束。
赤いろうそく。
水がめ。
塩。
ナイフ、フォーク、スプーン。
・・・・・・。


コンクラーヴェの開催前に行われるミサは、慣習として主席枢機卿が司祭することになっていたが、なぜか主席枢機卿であったロドリーゴ・ボルジアでなく、ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレが行った。

  • 参加者
名前出身タイトル叙階日叙階者その他
ロドリーゴ・ボルジア
Rodrigo Borgia
スペインポルト・サンタ・ルフィナの司教枢機卿1456年
2月2日
カリストゥス3世主席枢機卿
ヴァレンシアの執政官
オリヴィエロ・カラーファ
Oliviero Carafa
ナポリサビーナの司教枢機卿1467年
9月18日
パウルス2世次席枢機卿
ナポリ出身だがナポリ王と対立
ドメニコ・デッラ・ローヴェレ
Domenico della Rovere
サヴォーナサンタ・クレメンテの司祭枢機卿1478年
2月10日
シクストゥス4世トリノの大司教
ジョヴァンニ・コンティ
Giovanni Conti
ローマサン・ヴィターレの司祭枢機卿1483年
11月15日
シクストゥス4世コンティ家はオルシーニ家と同盟
フランチェスコ・ピッコローミニ
Francesco Piccolomini
シエナ助祭枢機卿1460年
3月5日
ピウス2世シエナの司教
長輔祭
後のピウス3世
アルディチーノ・デッラ・ポルタ
Ardicino della Porta
ミラノサンティッシモ・ジョヴァンニ・パオロの司祭枢機卿1489年
3月9日
インノケンティウス8世アレリアの司教
ラファエーレ・リアーリオ
Raffaele Riario
サヴォーナサン・ロレンツォ・イン・ダマソの助祭枢機卿1477年
12月12日
シクストゥス4世カメルレンゴ
ピサ大司教
ジョヴァンニ・バッティスタ・オルシーニ
Giovanni Battista Orsini
ローマサンタ・マリア・ヌォーヴァの助祭枢機卿1483年
11月15日
シクストゥス4世
アスカーニオ・スフォルツァ
Ascanio Sforza
ミラノサンティッシモ・ヴィト・モデストの助祭枢機卿1484年
3月6日
シクストゥス4世
フェデリーコ・サンセヴェリーノ
Federico Sanseverino
ナポリサン・テオドーロの助祭枢機卿1489年
3月9日
インノケンティウス8世ナポリ王と対立する一家の出身


名前出身タイトル叙階日叙階者その他
ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ
Giuliano della Rovere
サヴォーナオスティアとヴェレトリの司教枢機卿1471年
12月26日
シクストゥス4世アヴィニヨンの執政官
ジョヴァンニ・バッティスタ・ゼノ
Giovanni Battista Zeno
ヴェネツィアフラスカーティの司教枢機卿1461年
11月21日
パウルス2世教皇パウルス2世の甥
ジョヴァンニ・ミキエリ
Giovanni Michiel
ヴェネツィアパレストリナの司教枢機卿1468年
11月21日
パウルス2世教皇パウルス2世の甥
ジョルジュ・ダ・コスタ
Jorge da Costa
ポルトガルアルバノの司教枢機卿1476年
12月16日
シクストゥス4世リスボンの大司教
ジローラモ・バッソ・デッラ・ローヴェレ
Girolamo Basso della Rovere
サヴォーナサン・クリソーニョの司祭枢機卿1477年
12月10日
シクストゥス4世リカナティ・マセラータの司教
教皇シクストゥス4世の甥
パウロ・フレゴーソ
Paulo Fregoso
ジェノヴァサン・シストの司祭枢機卿1480年
5月15日
シクストゥス4世ジェノヴァの大司教
ロレンツォ・チーボ・ディ・マリ
Lorenzo Cibò di Mari
ジェノヴァサン・マルコの司祭枢機卿1489年
3月9日
インノケンティウス8世ベネヴェントの大司教
教皇インノケンティウス8世の甥
マッフェオ・ゲラルディ
Maffeo Gherardi, O.S.B.Cam.
ヴェネツィア司祭枢機卿1489年
3月9日
インノケンティウス8世ヴェネツィアの総大司教
ジョヴァンニ・バッティスタ・サヴェッリ
Giovanni Battista Savelli
ローマ助祭枢機卿1480年
3月15日
シクストゥス4世ボローニャの総督
コロンナ家と同盟
ジョヴァンニ・コロンナ
Giovanni Colonna
ローマサンタ・マリア・アクイロの助祭枢機卿1480年
3月15日
シクストゥス4世ローヴェレと同盟


  • 中立派
名前出身タイトル叙階日叙階者その他
ジョヴァンニ・ジャコモ・スクラフェナーティ
Giovanni Giacomo Sclafenati
ミラノサン・セシリアの司祭枢機卿1483年
11月15日
シクストゥス4世パルマの司教
アントニオット・パラヴィチーニ
Antoniotto Pallavicini
ジェノヴァサン・プラッセーデの司祭枢機卿1489年
3月9日
インノケンティウス8世オレンゼの司教
ジョヴァンニ・デ・メディチ
Giovanni de Medici
フィレンツェサンタ・マリア・イン・ドメニカの助祭枢機卿1489年
3月9日
インノケンティウス8世

※ ジョヴァンニ・デ・メディチは、1489年の時点でインノケンティウス8世により枢機卿への叙階されていた。
正式に枢機卿団への参加が認められたのは1492年3月23日。
ゲラルディとサンセヴェリーノは、教皇による正式な叙階を公宣言されていなかったが、オルシーノとスフォルツァが代理で行い、コンクラーヴェへの参加が認められた。


  • 欠席者
ルイス・ホアン・デ・ミラ
Luis Juan del Mila y Borja
スペインクワトロ・コロナティの司祭枢機卿1456年
2月20日
カリストゥス3世レリーダの司教
ペドロ・ゴンサレス・デ・メンドゥーサ
Pedro González de Mendoza
スペインサンタ・クローチェの司祭枢機卿1473年5月7日シクストゥス4世トレドの大司教
アンドレ・デスピナ
André d'Espinay
フランスサン・シルヴェストロの司祭枢機卿1489年3月9日インノケンティウス8世ボルドーとリヨンの大司教
ピエール・ドビュッソン
Pierre d'Aubusson
フランスサン・アドリアーノの助祭枢機卿1489年3月9日インノケンティウス8世世ヨハネ騎士団長


8月10日、3回の投票を終えても新教皇は決定しえなかった。
ボルジアはまず、3人のヴェネツィア人枢機卿の中でも最も有力者であった、マッフェオ・ゲラルディを落としにかかる。
ゲラルディがボルジア派となったことによって、ヴェネツィアの票はローヴェレからボルジアへと流れることになる。
そしてサヴェッリとコロンナが篭絡されると、中立であった者もボルジア支持を受け入れる。
ローヴェレとコスタの2人は最後まで頑迷に拒否し続けたが、最終的には多数決を受け入れないわけにはいかなかった。

11日朝、ロドリーゴ・ボルジアはアレクサンデル6世として、教皇に選出された。
戴冠式は8月26日に行われた。





カメルレンゴ(Camerlengo)

枢機卿の中から、ローマ教皇の指名によって決められる、教皇庁の役職のひとつ。
教皇空位時(つまり教皇の亡くなった時)に、教皇庁の財産を管理し、葬儀の手配をし、コンクラーヴェを取り仕切る。

チェーザレの時代前後のカメルレンゴ

カメルレンゴ取り仕切ったコンクラーヴェ
1471
 |
1477
ラティーノ・オルシーニ(Latino Orsini)1471年8月6日~9日 シクストゥス4世選出
1477
 |
1483
ギョーム・デストゥトヴィル
(Guillaume d'Estouteville)
1483
 |
1521
ラファエーレ・リアーリオ
(Raffaele Sansoni Galeotti Riario)
1484年8月26日~29日 インノケンティウス8世選出
1492年8月6日~11日 アレクサンデル6世選出
1503年9月16日~22日 ピウス3世選出
1503年10月31~11月1日 ユリウス2世選出
1513年3月4日~9日 レオ10世選出
1521インノチェンチョ・チーボ(Innocenzo Cybo)1521年12月27日~1522年1月9日 ハドリアヌス6世選出
1521
 |
1528
フランチェスコ・デ・メディチ
(Francesco Armellini Pantalassi de' Medici)
1523年10月1日~11月19日 クレメンス7世選出
1528
 |
1537
アゴスティーノ・スピノラ(Agostino Spinola)1534年10月11日~13日 パウルス3世選出
1537
 |
1564
グイド・アスカーニオ・スフォルツァ
(Guido Ascanio Sforza di Santa Fiora)
1549年11月29~1550年2月7日 ユリウス3世選出




15世紀半ばのヴァティカン、サン・ピエトロ大聖堂

15世紀半ばのヴァティカン。

①サンタ・ポリナーレ聖堂
柱廊の下の部分が聖堂にあたる。
15世紀から16世紀にかけて、2階部分は大幅に増改築された。

②サンタ・マリア・イン・ポルティコ
 教皇パウルス2世(在位1464年 - 1471年)によって建てられた。サン・ピエトロ大聖堂への入口とつながっている建物。
 ロドリーゴ・ボルジアが教皇に選出されてから、ルクレツィアはジュリア・ファルネーゼやアドリアーナ・デ・ミラとともにここに移り住んだ。
 ホフレとサンチャの住まいもここ。
 枢機卿館とも呼ばれる。

③サン・ピエトロ大聖堂への入口
 1449年、教皇ニコラウス5世が改築した3連の扉をもつ。中央の扉は両脇のものよりもやや大きい。

④祝福のロッジア
 教皇ピウス2世によって着工され、インノケンティウス8世、アレクサンデル6世によって拡大された柱廊建築。
 ここから、教皇は広場に集まった人々に対して祝福を送った。
 3階部分を作ったのがアレクサンデル6世。(画上にはまだない。)

⑤ヴァティカン宮殿への入口
 古代の凱旋門を模倣した古典的な様式の門をもつ。
 17世紀に取り壊されるまで、この姿を保っていた。
 
⑥鐘楼
 教皇レオ4世(847年 - 855年)によって作られた初期ロマネスク様式の鐘楼。

⑦アトリウム
 柱廊に囲まれた中庭。現在の大聖堂の前階段は、この中庭のちょうど中ほどくらいになる。

⑧サン・ピエトロ大聖堂
 コンスタンティヌス帝によって建てられた大聖堂。

⑨システィーナ礼拝堂
 教皇シクストゥス4世によって、1475年から1481年にかけて建てられた。完成後、ボッティチェリらによって壁画が描かれる。
 天井画はまだなく、天空が描かれていた。
 1492年、ロドリーゴ・ボルジアがアレクサンデル6世として選出されたコンクラーヴェが、システィーナ礼拝堂で行われた最初のコンクラーヴェだった。

⑩オベリスク
 紀元前41年、カリグラ帝によってエジプトから運びこまれたオベリスク。ネロ帝の競技場の中央に15世紀以上もの間屹立していた。
 (画上に見られる場所がその場所。)
 1586年、教皇シクストゥス5世の命により、建築家ドメニコ・フォンターナが現在のサン・ピエトロ広場中央に移動した。

⑪サンタ・マリア・デッラ・フェッブリ教会
 カリストゥス3世とアレクサンデル6世が埋葬された教会。
 → サンタ・マリア・デッラ・フェッブリ教会

⑫サンタ・マリア・ペトロニッラ教会
 フェッブリ教会と対のような円形聖堂。
 聖ペトロの娘とされる聖女ペトロニッラに捧げられた教会。

⑬階段
 7段ずつに分かれた計35段の階段。
 両脇の手すりの最前面上部には、聖ペトロと聖パウロの像が置かれていた。
 (画上には向かって右側の聖パウロのみが小さく見える。)
 階段の手前には広場が広がり、1490年にインノケンティウス8世によって作られ、アレクサンデル6世、ユリウス2世によって修復された上下二層の水盤をもつ噴水がある。(画上には描かれていない。)




各地の教会 - イタリア

イモラ


ウルビーノ


シエナ


チェゼーナ


ナポリ


ピサ


ファエンツァ


フィレンツェ


フェラーラ


フォルリ


ペーザロ


ボローニャ


マントヴァ


ミラノ


リミニ


ローマ






a:13067 t:4 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional