チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

更新日記・・・2011年3月

更新日記 2011年3月

2011-03-21

ドラマ「The Borgias」

4月3日、夜9時からいよいよ放送開始のようです。
とりあえず情報だけ・・・。

節電を心がけたいので、できるだけ更新は休止したいと思っています。(私はすげートロくって、ひとつの記事を書くのにものすごく長時間パソコンを使用してしまうので・・・。)
チェーザレのことを考えられるような気持ちにもなれないし・・・。

  • The House of Borgias
    最初に広告映像がありますが、その後にドラマボルジアの予告映像が見られます。(トップページに置いてあるのとかぶってるところも多いけど、けっこう違います。)

↓ ドラマポスター。クリックすると拡大します。
The Borgias




2011-03-16

震災

ずっと連絡のとれなかった仙台の友人と、今朝やっと電話がつながりました!!
本当に本当によかった。
とりあえず一安心できました。
早く早く原発が安定して、被災者の方々の救済が進んでほしいです。

都内も余震が続いていて、いつまた大きいのが来るかと思うととても怖いです。
東京にいてもこれだけ不安なんだから、被災地の方々の恐怖はいかほどかと思います。どんなに辛く苦しいか。
早く早く収束してほしいです。できることが、募金くらいしかないのが切ない。

11日の朝に「チェーザレの命日」とかのんきに言ってたのが、信じられないです。


  • 本で読んだ知識が実際にどれほど役立つのかはわからないけど、多少でも「備えあれば憂いなし」になれば・・・。
LINK LINKLINK LINK LINK LINK LINK LINK



  • 防災グッズも。




2011-03-11

命日イヴ

今日は黒い服を着て、寝る前に黙祷したいと思います。
はたから見ると、イターイ人だってことはわかってます。ええ。


更新

  • 人物紹介
    ペドロ・ルイス・デ・ボルジア・ランソル・デ・ロマーニについて。シレンツィオの兄ちゃんです。
    たいしたことは書けてません。少しずつ肉付けしていけたら、と思ってます。
    この人とか、アンジェラとか、いつ惣領版に出てくるんでしょう。・・・くる、よね?


WEB拍手レス

  • たのぴ さま
    地下牢見学、どうして日祝だけなんでしょうね。滞在は金曜日ですか。残念です。そこに合わせて日程組むってのもね・・・。なかなか難しいですよね。
    マリー・アントワネットが収容されてた牢って、コンシェルジュリーですよね?
    サンタンジェロのはそれよかもっと薄暗くて不気味そうな気がします。通路とかより陰気だったから。
    どちらも知ってる方、いないかな?
  • はねまる さま
    こんにちは。お久しぶりです。お元気そうで何よりです。
    イタリア旅行!いいな~~。しかも初海外。そして新婚旅行。おめでとうございます!
    ウフィッツィ美術館、ぜひ行って来てください。ヴァティカン美術館も忘れずに~~。
    そしてサンタンジェロの地下牢、見てきてください!!
    暗いとこで「キャー!」とか言って、いちゃこき合うのも一興ですよ、きっと!でも忘れずに写真を・・・・・・!!!




2011-03-09

チェーザレの命日に向けて・・・

今週末はチェーザレの命日ですね。
サイトタイトル下にある「◆おすすめPage」を、チェーザレの死に関わるものにしてみました。


更新




2011-03-07

パンプローナは遠い・・・

4月のスペイン旅行。
飛行機移動でグラナダからパンプローナへひらり!と思ってたのに、直行便がありませんでした。マドリードを経由するしかないみたい。
しかも乗り継ぎが悪くて、5時間もかかってしまうの。乗ってる時間は2時間ちょっとなのに!
超不便。
料金も5万円くらいします。高いよ~~~(泣)。

「千歳空港から佐賀空港へ行くようなもんじゃないの?そりゃあ、乗り継ぐし高いよ」と言われました。
・・・そっか。そうなのか?


WEB拍手レス

  • ラファエラ さま
    こんばんは~。
    いつもありがとうございます!
    塩野版で描かれる、ボルジア親子が倒れた時のミゲルの活躍、ぐっときますよね!
    確かに感情移入してしまいます。
    早く惣領版の2人にも会いたいです。
    まだかな~?
  • たのぴ さま
    イタリア旅行、いよいよですね!いいなあ。
    サンタンジェロ城、個人であれば見学の事前予約は要らないです。
    地下牢のガイドツアーが、日曜と祝日のみ催行されてます。日にちが合えばぜひ行って来てほしいです!
    どんなだか教えてください~。
    旅行で、日ごろの仕事の鬱憤が晴らされるといいですね!
  • ねこねこ さま
    お久しぶりです。お元気そうで何よりです!
    サイト、ヴァージョンアップと言うか、デザインを変えただけなんですけど、いかがですか?
    見やすくなったよね??
  • haru さま
    こんばんは!
    チェーザレの人気は、半分くらいはミゲルの存在に負うところがあるんじゃないかと思います。
    うなぎに山椒、うどんに七味、おでんにからし、的な感じでチェーザレにミゲル。
    切り離せない感じです。
    ほんと、「人と人との結びつきの強さは血縁だけじゃないし、色恋だけでもない」と思います。
    そろそろ惣領版の2人に会いたいですね~!!


更新

  • ハティヴァ Xàtiva
    ボルジア宮。
    ここ、現在はユースホステルになっているようなんですが、建物を利用しているのか、隣に建ってるのか、なんだかよくわかりません。
    4月に見てきます。
  • カナルス Canals
    カリストゥス3世の生まれたところ。
    ハティヴァだと思ってたら違いました。




2011-03-05

チェーザレとミゲルとヴァノッツァ

サチェルドーテ「チェーザレ・ボルジア」61ページにあった記述。
1503年、アレクサンデル6世が崩御しボルジアの凋落が始まった時。
チェーザレは母ヴァノッツァの保全を考え、彼女をミゲルのもとへ託したそうです。
ミゲルはヴァノッツァをフランスへ送り、状況が改善するのを待たせたそう。

お母さんを任せるなんて、チェーザレは本当にミゲルのことを信頼してたんだなーと思いました。
腐女子の思いこみじゃないんだよ!(笑)


更新

  • 肖像画
    アンジェラ・ボルジアの肖像。


WEB拍手レス

  • こーゆう さま
    はじめまして!
    更新する度にいつも、「どうやったらわかりやすく伝えられるか」と言うことに四苦八苦しているので、「見やすくて詳しい」と言っていただけて、とても嬉しいです。ありがとうございます!
    早く惣領「チェーザレ」再開して欲しいですね。せめて年に2冊の新刊が出るといいのに!




2011-03-02

美少年のサヴォナローラ

おもしろいマンガを読みました。
森川久美 著「花の都に捧げる」っていうの。

ロレンツォ様とサヴォナローラの物語なんだけど、サヴォが美少年なのです!!
あ~、それだけで笑える。
そいで、ロレンツォ様(彼も若く魅力的)と対立しつつも惹かれあったりしてるの。
ウケるよ!!

容貌が異なると、こんなにも印象というものは変わるのですね。興味深い。ある意味怖い。


更新

なんかちまちま書いてるんだけど・・・報告するほどのものではないです。追加と修正なので。
一応トップページの「最新の更新ページ」に情報が出ています。






947 1 0

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional