チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

モンテフェルトロ

モンテフェルトロ家 (Montefeltro)

ウルビーノの公爵家。

グイドバルド・ダ・モンテフェルトロ(Guidobaldo I da Montefeltro)

(1472年1月24日 - 1508年4月11日)
ウルビーノ公爵。文学や芸術を愛する穏やかな人。性的に淡白もしくは不能だったのでは、という話。実際子どもはいないし。
ガンディア公ホアンに見捨てられたせいで、オルシーニの捕虜となったり(身代金も自分で払ってる・・・)、チェーザレには裏切られ攻撃されたり、反撃しても失敗して何度も自領から逃亡したり、とかなりのボルジア被害者。いい人そうなので可哀相。


エリザベータ・ゴンザーガ(Elisabetta Gonzaga)

(1471年2月9日 - 1526年1月28日)
グイドバルドの妻。マントヴァのルドヴィーコ・ゴンザーガの娘で、フランチェスコ・ゴンザーガの妹。つまりイザベッラ・デステの義妹になる。
チェーザレにグイドバルドとの離婚を迫られても(ウルビーノとマントヴァの縁戚関係を断ち切ろうとした)拒否する。
教養のあるおとなしい女性だったよう。


フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ(Federico da Montefeltro)

(1422〜1482)
グイドバルドの父。
スフォルツァのフランチェスコと並ぶ名将でありながら、学芸にも秀でていた「偉大なる文武の人」。彼の蒐集したウルビーノ宮廷の蔵書は、ヴァティカンやメディチのそれをしのぐと言われた。
寛大な性格で、民衆にも愛され支持されたらしい。
フィレンツェの人文学者でダンテ研究家のクリストフォーロ・ランディーノは、著作「カマルドリ論争」の中で彼を讃え、これをフェデリーコに献じている。
1450年、フランチェスコ・スフォルツァがミラノ公となったことを祝う馬上槍試合で、右目を負傷。左向きの横顔の肖像画が描かれているのは、このためだと言われている。
当時の肖像画が横顔で描かれるのは、ここに端を発すとも言われる。


フランチェスコ・マリア・デッラ・ローヴェレ(Francesco Maria I Della Rovere)

(1490年3月25日 - 1538年10月20日)
グイドバルドの甥で養子。
ユリウス2世(ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ)の甥でもある。
(ジュリアーノの弟ジョヴァンニと、グイドバルドの姉ジョヴァンナの子)

チェーザレの従兄弟ホフレ・ボルジアの娘であるアンジェラ・ボルジア(ホアン・ボルジア(シレンツィオ)の妹)と、一時婚約していた。
しかしもちろん、この結婚は果たされずに終わる。

1502年、チェーザレのウルビーノ進軍によりサヴォーナへ逃亡。ローヴェレ枢機卿の手を借りてフランスへ亡命する。
この時、セニガッリアの領主(僭主)の座を奪われるが、チェーザレの死後、教皇ユリウス2世となった伯父ローヴェレは、彼にセニガッリアを返還する。






a:2994 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional