チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

2011-04-20-ガンディア

旅行日記 2011-04-20 ガンディア

画像の説明

9時11分の電車でガンディアへ。約1時間で到着です。

ハティヴァへ行く時もそうだったけど、車窓からの風景が明らかに今まで
(マドリード → マラガとナヴァーラ州の辺り)
と違います。
何がって、生えてる樹が。
今まではオリーブ(たぶん)ばっかりだったけど、今度は・・・なに?
・・・みかん?
あ、ヴァレンシアオレンジか!!

そっか~、やっぱたくさん作っているんだなあ。


閑話休題    閑話休題    閑話休題


画像の説明

ガンディアもけっこう都会で驚きました。
高速列車が通っておらず、普通電車で行くしかないところなので、もっと田舎だと思ってました。
駅も新しくてきれい。

でもまあ、ヴィアナやボルハに行った後じゃ、どこも都会に見えるのかも・・・。




画像の説明

ガンディアはボルハの街です!!
見て!これ、市役所だよ!
ボルハ~。

ここだけじゃなくて、いたるところにこの旗が飾られています。普通のお家と思われるところにも。
欲しい!!
市役所に
「どこで買えるんだ?」「買えないんなら1枚くれ」
と言いたくて入ってみたけど、すごくきちんとした受付けがでんとあり、そこに話を通すことは絶対に無理そうだったので、あきらめました・・・。

公爵宮殿

ガンディアの目玉はここです。
チェーザレの弟ホアンが、スペイン滞在時に住んでいたところです。

内部はガイドツアーに参加しないと入れません。
チケット売り場に行くと、ちょうど始まったところ!!
お兄さんに、
「スペイン語のガイドツアーしかないから、あなたはこれを読んでついてきて。」
と言われて英語の説明書を渡されました。

画像の説明 画像の説明

左が入ってすぐの部屋。
右は聖フランシスコ・ボルハが生まれた部屋。

公爵宮殿って、ホアンの館って言うよりも聖フランシスコ館ですね。飾られている絵画もフランシスコ絡みのものばかり。
ホアンの名前なんて全然出てこない。
ホアン・・・残念。

画像の説明 画像の説明

でもいたる所にボルジアの紋章があるし、とっても楽しいところです。
ガイドのお兄さんの説明がわかったらもっと楽しめるのに!!

ただ、10数人のガイドツアーなので、せまい部屋中に人があふれて写真がとても撮りにくかったです。
撮れるだけありがたいけど。

画像の説明

ここもボルジア土産がけっこう置いてありました。
写真は手前左から、ボルジアファミリー、ルクレツィア、アレクサンデル6世、チェーザレの本。
すんごい厚くて大きくて重いです。50ユーロだったと思います。
迷ったけど、やめました。

画像の説明

中央にある赤いケースの前にあるのは、ガンディア公紋章ピン。
20ユーロ。
高いのは、銀製だからだそうです。
(金色だけど、銀って言ってたと思います・・・。違ったらすみません。)

手前には宮殿内の装飾を表紙にした手帳など。
後ろには5枚ひと続きになっているポストカード。

ペン類はガンディア市の紋章が入っています。

どれも買ってません。
ワインもあって、これは欲しかったけど、よく見たら「聖フランシスコ・ボルハワイン」だったのでやめました。




サンタ・マリア教会

画像の説明

ホアンの妻、マリア・エンリケスに所縁ある教会です。


ガンディア大学

画像の説明

正面の広場に、
チェーザレ、
アレクサンデル6世、
ルクレツィア、
カリストゥス3世、
聖フランシスコ・ボルハ
の像があります。

写真はチェーザレです。

ここ、記念撮影している人がたくさんいました。ちょっと嬉しい。

ホテル・ボルジアと聖フランシスコ・ボルハ病院

画像の説明 画像の説明

ボルジア、ボルハの名が冠してあるとやはり見逃せません。
ホテル・ボルジアはアメリカのモーテルって感じの建物でした。う~む。

ボルハ病院にまで旗が掲げられているのが嬉しいですね!
ぜひ治療してもらいたいです。
「カンタレラ」のイメージで、イタリア人はかかりたくないと思うかも!?




13時半近くになると、いろんなお店の人々が表に出てきてカギを閉めだしました。
ん?もうシエスタ?
あっという間に通りから人が減っていって、どこもかしこもクローズ。
こんなに一気に静まり返る様子を、はじめて見たよ!!

しかしガンディアは半日で大体周り終われます。
14時25分の電車でヴァレンシアに戻ることに。よし、夕方からはヴァレンシアが観られるじゃん!


閑話休題    閑話休題    閑話休題


ホテルに戻って写真を整理などしていたら・・・。
公爵宮殿にあったチェーザレ本が、なんだか欲しくなってきた・・・。

大きくて重かったけど・・・でも、チェーザレ本だよ?
いやいや、スペイン語じゃん、読めないじゃん。
でも、図版見てるだけで楽しいやんか。読めないイタリア語の本だって持ってるのに、なんでスペイン語は要らんのよ?
うん・・・そうだよね・・・チェーザレのためにスペインまで来てるのにね・・・。

公爵宮殿の開館は19時半まで。
今16時半。
ガンディアまで1時間。
行けるよ?間に合うよ?どうするの~~~。

1人大葛藤が!!




気づいたら、私はガンディア行き電車に乗っていました。
バカです。

そして!!

もっとバカなことに!!!

無事公爵宮殿に戻り、チェーザレ本を出して見せてもらったら(お店の人にいちいち頼んでだしてもらわないと見られないのがね~、めんどうだよ!)・・・

この本、持ってました。

いや、持ってるのは英語版のペーパーバックだけど。
これはヴァレンシア語(スペイン語じゃなかったです)の大型カラー本だけど。

でも・・・要らんやろ!!!




私・・・本当に本気で馬鹿かもしれません・・・。(涙)




WEB拍手レス

  • chu さま
    明日を乗りきれば、もう長くカメラを使うことはないはずなので、頑張ります!
    あ~、トラブルって起きるもんですなあ~。
    準備が悪いからですね!
  • Major さま
    楽しいと言っていただけて嬉しいっす。もう少しだし頑張って書きます。
    ヴィアナ!私もまた行きたいです。
    いい街だった~。
    人も親切だったし。(これ、重要ですよね。)
    ホテルのレストランでも、
    「日本人は米が食べたいんでしょ?エビのリゾットみたいのなら作れるけど?」
    って、メニューにない料理を出してくれたんです。
    料理長!いい人!
    しかもすげー美味しかったっす。
  • マリー さま
    いつもありがとうございます。
    ヴァレンシアオレンジ、まだ食べてません。食べなきゃね!!

スペインは地震もないから古い建物が今だに使えるのかな?
ハティヴァ城に住んだら、下界に行くのが大変でより引きこもりになってしまいそうです。




明日はチンチーリャへ行きます!
行き方がいまいちわかってないけど・・・どうにかなるやろ!







a:1137 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional