チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

2009-05-29-フォルリ、カステル・ボロネーゼ

旅行日記 2009-05-29 フォルリ、カステル・ボロネーゼ

えーワタクシ、またやらかしました。
今度は、電車のチケットを買おうとして、クレジットカードを入れてはいけない所へ挿入し、カードが出て来なくなりました

ありえないね。

それまでふつうにカードで切符を買ってたので、
(現金を受け付けない機械が多い。受け付けてもおつりが出なかったりする。)、
ふつうにカード入れるところへ差し込んだら、
「銀行カードとクレジットカードを、入れるな
書いてありました。よく見ると。
(たぶんSUICAのようなものを入れるところだったのでしょう。)

なーんで、こんな視野がせまいんでしょう。視野狭窄?病気?
今、チェーザレしか見えてないのは、そういうことか・・・。


駅員さんを呼ぶと、
「僕じゃわかんないねー、業者呼ぶわ!」
的なことを言われたので、
うわー待たされるんだろうなー、でも時間あるからいいか、今から飛行機!とかじゃなくてよかったー、前向きだなー私、こんなふうに考えっから、アホなことくり返し続けんだろーなー、
とおかしくなって、一人笑いしてたら、業者に対応の仕方を聞いたらしい駅員さんが、すぐに出してくれました。

よかった!!

すごーく感じのいい素敵な駅員さんでした。LOVE!!


asterisk_01.gif


閑話休題。
さて。
ボローニャから
イモラ、
カステル・ボロネーゼ、
ファエンツァ、
フォルリ、
チェゼーナ、
と同じ路線上にあって、まずどこに行こうか迷ったんですけど、
(チェーザレの進軍したとおりまずイモラ、次にフォルリ、ファエンツァ、と周ろうかと考えた。)
時間がなくなってしまう可能性を考慮して、行きたいところから行くことにしました。
よって、今日はフォルリ。時間があれば、イモラ。

ボローニャとフェラーラで英語が通じず、往生したので、使いそうな簡単イタリア語をノートにメモし、準備万端。
8時38分アンコーナ行きに乗りました。
フォルリはガイドブックに載ってないので、ちょっと心配&不安。
でも行けばなんとかなるさ!!


9時30分、フォルリ到着。
駅前から街の中央へ行こうとするも、やはりどのバスに乗っていいのかわかんない。
(おおまかな地図は持ってた。駅から街までけっこう距離があるようだった。)(が、その地図は本当におおまかで、大きな道しか載っていない。)
バスの運ちゃんに聞くも、やはり英語は通じない。

メモってきたイタリア語が役立つぜ!

でも市街地、にあたる言葉がメモにない!それに類する、使えそうな言葉がなにも!ばか〜
いったい何を言いたいんだ、という顔をし、苛立ちをあらわにする運転手。焦る私。
辞書なんか出してる暇はない。えーと、なんだっけ、そうだ!
ヴィテロッツォ・ヴィッテリ(傭兵隊長。マジョーネの反乱の首謀者の一人。チェーザレにシニガリアで処刑される)の所領地、チタ・デ・カステッロのチタは街って意味だったはず!
「チッタ! this bus go to the citta ? チッタ?チッタ?」
と繰り返すと、
「ああ〜citta centorale ?行くよ!」
ああ、そっかチェントラーレでセントラルか!

というわけで、無事にバスに乗れました。
ありがとうヴィテロッツォ!!


asterisk_01.gif

ちゃんとした地図がないと、周りようがないので、まずは観光案内所を探すことに。
んでもわからない!
英語ができる人に教えてもらったのに、見つけられない!
もう、こんなことに時間を使いたくなくて、その辺のホテルに入り、ダメもとで、
「Puis je avoir un plan ? (地図をもらえますか?)」と言ってみる。(英語よりフランス語のほうが通じます。なぜだろう。)
そしたら、あっさりもらえました!
ありがとう!

しかしこの地図、レストランとホテルしか載っていない。
役立たず!
もうしょうがないので、そこらの新聞屋でフォルリマップを買いました。フォルリの地図、持っててもいいや、と思って。6ユーロ。


  • オルデラフィ広場
    カテリーナ・スフォルツァの夫、リアーリオ・デッラ・ローヴェレ(ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレの従兄弟。シクストゥス4世の甥。)の死体が捨てられたところです。
    マーケットでにぎわっていて、広場が見えないよ・・・。
  • サン・メルクリアーレ教会
    12世紀に着工、13世紀に完成した教会。
    カテリーナやチェーザレも入ったかも!?


  • G.モンテフェルトロ広場
    なんでモンテフェルトロ(ウルビーノの公爵。チェーザレや弟のホアンに翻弄された可哀相な人)?フォルリに?
    近くの美術館のお姉さんに聞いたら、
    「彼はソルジャーで、教皇軍とここで戦ったのよ。」
    だって。
    教皇と、って、ユリウス2世?レオ10世?どっちだ?(聞けばよかった)
    ウルビーノが教皇領に返るのは何年だっけ?
    わかんない。帰って調べないと〜。

※ グイドバルドは「教皇軍と戦った」のではなく、「教皇軍として、戦った」のが正しいようです。
大体、彼はユリウス2世とは縁戚関係にあり、ユリウスの甥を養子にまでしているので、そこと戦うわけがない。
そして、レオ10世が即位する頃には、もう死んでます。
この時の私・・・頭どうかしてたとしか思えん・・・。


  • サン・ドメニコ美術館
    行きたい美術館(市立美術館)とは違う場所(上記のモンテフェルトロ広場)にありましたが、きれいで観光客がいっぱいいたので、入ってみました。
    そうしたら!!
    市立美術館にあると思ってた、
    カテリーナ・スフォルツァ、と言われてる肖像と、
    チェーザレ、と言われてる肖像、が、どちらもある!!

なんで?移転したの?
受付けのお姉さんに聞くと(彼女がモンテフェルトロについても教えてくれた)(ちなみにここらの会話はほとんどフランス語)(でも2人ともカタコト。でも通じるもんだ!)、
この美術館は4年前にオープンで、でも移転ではないらしい。(市立美術館は別にちゃんとある。)

ふーん、なんかわかんないけど、この2つが見られたから、もう市美はいいや!


というわけで、カテリーナ・スフォルツァ通りを歩いて、今日の目玉、
ラバルディーノの城塞へ!!(チェーザレがフォルリを攻めた時に、カテリーナが立てこもった城塞ですよ!テンション上がる!)
カテリーナ・スフォルツァ通り.jpg
カテリーナ・スフォルツァが亡くなって、ちょうど500年なんですね。


ふっと地図を見ると、
城塞近くの通り名に!
なんと!
D.VALENTINO」とある!!!!
D.ヴァレンティーノ通り.jpg

これ、絶対、デュカ・ヴァレンティーノでしょう!?
ヴァレンティーノ公爵ですよ!!!!(チェーザレはヴァランスの公爵、ヴァレンティーノ公爵です。)

行きますよ、当然。
ああ心拍数上がる。

ほんの100メートルほどのしょっぼい通りですが、まちがいなく、チェーザレゆかりの通りでした!!
うれしいね!
でもなんでこの通りにその名が冠されたんだろうね!?
もっと大きな立派な通りでもよかったんじゃない?
ヴァレンティーノ通りの家.jpg
住所にvalentoinoとつくであろう、羨ましいお家の方々。

もしかして、この辺に陣を張っていたのかしら〜??
いや〜、城塞に近すぎるやろ!

ここを過ぎれば、もう城塞が見えます。
喜び勇んで入ったら!
ら!!!

修復中・・・・・・

まじですか。
なんで?
私、そんな日ごろの行い悪いですか?

でも、城塞の周りの濠だったところが、芝生の散歩道?のようになっていて、そこはぐるりと歩けるので、とりあえず一周することに。
ラヴァルディーノの城塞.jpg
ここでチェーザレとカテリーナの攻防が・・・
本当にあったんだなあ・・・・・・(感無量)


閉じられている正面入り口(ここが跳ね橋のあった所!!??)から中をのぞくと、「Ufficio なんとか」と見えたので、きっとインフォメーションかなんかあるんでしょう。
くそ〜入りたい!!
せめて城塞のパンフかなんかくれ!!

しかし無人のインフォに叫んでも、せんないことですので、再びぐるりと歩きます。
あ〜あ。
もう、せめて、と思って写真を撮りまくりました。
もし、写真を撮られた所の色が変わるとしたら、城塞全体の色が変化してるやろう、ってくらい。


んでも、ぐるりとまわったおかげで、裏側にあったチェーザレの紋章を発見!!!!
チェーザレの紋章.jpg
右に牛さんが見えます!ブタみたいやけど!

うれしい〜!素敵じゃな〜い!!

きっと中に入っていたら、ここを歩くことはなく、紋章には気づかなかったかも、と思うと、まあいいや、という気持ちになれました。
よかった。
城塞はイモラで見るよ!


asterisk_01.gif

中心地まで徒歩で戻り、そこからバスで駅へ。
フォルリ終了!

14時。
イモラへ行こうと思っていましたが、電車の時間が悪いので、カステル・ボロネーゼへ行くことに!


asterisk_01.gif

カステル・ボロネーゼ(ボローニャの僭主ベンティヴォーリオの城塞。チェーザレが貸せっつった時に拒否ったので、ヴィテロッツォらによって荒らされた。結局チェーザレの手に落ちる。)はまったく資料がありません。
だからまったくわからない。どこにあるのか、歩いて行けるのか、それより何より、今でもあるのか。
カステル・ボロネーゼの駅.jpg
小さい駅。乗降者は学生っぽい人たちばかり。
学校がないから通ってるのか。


駅員さんに尋ねると、
「カステル・ボロネーゼ?ここだよ!」
いや、ちがくて。
駅の名前じゃなく、カステッロですよ!城!城塞!
でもそんなのはないと言う。
「城に行きたいならここへ行け」と、地図でぜんぜん違うところを指し示される。
いや、カステル・ボロネーゼが、カステル・ボロネーゼじゃないところにあるとは思えん!

辞書を引っ張り出し(フランス語もあまり通じなかった。英語はもっとダメ)、単語を表示させつつ、聞く。
でもやっぱりない、と言う。

「チェーザレ・ボルジャ、(ここで辞書の「奪う」という単語を出す)ベンティヴォーリオ!」
とか言ってみる。
そしたら3人ほどいた駅員さんたちが、みんなで、
「イ・ボルジャ、なんとかかんとか」
ベンティヴォーリオ、なんたらかんたら」
と話し合いだす。でも、結局、
「チェーザレ・ボルジャもベンティヴォーリオも知ってるけど、そんなのはここにはない!」
と言われる。
「でぃすとりゅっと?」
と聞くと(「チェーザレ」副題が「破壊の創造者 Il creatore che ha distrutto 」なのでそれで破壊、という意味と思った!役立つ「チェーザレ」!)、
なんかどうも、そのよう。
本当に〜?


でもせっかく来たので、一応街を歩いてみました。
なんっも、ないところだった・・・。
あ!エミーリア街道がありました。

そしてこの帰り、クレジットカード吸いこまれ事件が起きるのでした・・・。
助けてくれた駅員さんは、「チェーザレもベンティヴォーリオも知ってる」駅員さんと同じ人です。ほんとにありがとー!

asterisk_01.gif

まだ4時だけど、ぜんぜんわかんない場所で疲れたので、今日は打ち止め。
明日はイモラ&ファエンツァ、もしくはマントヴァへ!(ホテルで検討します)


ところでモーニングの「チェーザレ」、ダンテ話のまま、休載だそうですね。3週も。
私がいないからって、待ってくれなくてもいいのに!

asterisk_01.gif

  • tanopino さま
    教えてくれてありがとうございます!
    パリの次はぜひイタリアへ!
    いつも見てくださって&コメントしてくださって、うれしいっス。
    感謝〜
  • 黒毛のジーク さま
    お金はかけてないけど、いっぱい食べてるので大丈夫!
    逆に太っちゃうかも??
    心配してくれてありがとうです!
  • かる さま
    イタリア暑いです!
    長袖いっぱい持ってきて馬鹿みたいでした・・・。荷物になるのに!
    「ハインリヒとダンテのやりとりに萌える」ってどういうこと!?
    想像できないです!
    帰って読むのが楽しみ〜
  • ねこねこ さま
    ジェラート、おいしいっす!
    でももうすでに、日本のごはんが食いたいですわ〜
  • オヤマロ さま
    旅行も日記も無理せず、がんばります!
    ありがとう〜
  • CHU さま
    「モーニング」その他、ありがとう存じます!

今日歩いた歩数:16701






a:1254 t:1 y:0


powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional