チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

カステル・サンタンジェロ。

1503年 ②


1503年

アレクサンデル6世の死

1503年(28歳)

この年のローマの夏は猛暑で、マラリアが蔓延していた。
ヴァティカン周辺は、特に流行がひどかった。

8月1日
 
ホアン・ボルジア(サヴィオ)、死去
→ おそらくマラリアによって
5日チェーザレ、アレクサンデル6世とともにアドリアーノ・ディ・コルネートの別荘での晩餐会に出席
11日アレクサンデル6世、発熱する
12日アレクサンデル6世、病床につく
13日
 
チェーザレ、アレクサンデル6世と同じ症状で病床につく
→ 毒殺説、ペスト説などあったが、現在では症状からマラリアと考えられている
14日アレクサンデル6世、瀉血される
15日チェーザレ、解熱のために冷水に体を浸す
18日アレクサンデル6世、崩御
 ミゲル・ダ・コレッラは、今だ病床にあるチェーザレの代わりに、私兵を使って教皇庁財宝室の鍵を入手。金10万ドゥカートと20万ドゥカート相当の財宝を確保する
 チェーザレ、プロスペロ・コロンナへ同盟を申請する
→ オルシーニの攻撃に備えるため
→ コロンナの所領地を返還することを条件に
19日
 
アレクサンデル6世の遺体、システィーナ礼拝堂へ、次にサン・ピエトロ大聖堂へ移される
24時間以内に、遺体はサンタ・マリア・デッラ・フェッブリ教会へ埋葬された
 サンタ・マリア・ミネルヴァ教会にて枢機卿会議が開かれる
→ チェーザレへ、サンタンジェロ城を明け渡すように要請
→ チェーザレはこれを拒否


アレクサンデル6世の死を受けて、チェーザレの破滅を願う人々が動き出す。

ヴェネツィアは、ウルビーノ旧主グイドバルド・モンテフェルトロに軍を貸し出し、自らもロマーニャを狙う。
フィレンツェは、ピオンビーノ旧主ヤコポ・ダッピアーノとペルージャ旧主ジャンパオロ・バリオーニを支援。
オルシーノ、コロンナ、サヴェッリは、ローマでの蜂起の準備を進める。
フランチェスコ・ゴンザーガ率いるフランス軍もローマへ向かう。

ローマの治安は乱れ、いたる所で暴動が起きる。

病床にあり衰弱してはいたものの、この時点でのチェーザレの立場は堅固であった。
彼には多額の資金があったし、
多くの兵を持っていた。ミゲルをはじめとする忠実で優秀な家臣に恵まれていた。
サンタンジェロ城はチェーザレの手中にあったし、
ヴァティカンの財宝も保持していた。
教皇軍総司令官という肩書きも健在だった。

目下、チェーザレにとって重要なことは、

  1. ローマでの身の安全を図ること
  2. ロマーニャ公国を保全すること
  3. チェーザレに好意的な新教皇を選出すること

であった。


20日オルシーニの蜂起をけん制し、ミゲル・ダ・コレッラ、モンテ・ジョルダーノに火を放つ
 サンタ・マリア・ミネルヴァ教会にて、再び枢機卿会議が開かれる
→ コンクラーヴェの間、ローマから退出するようにチェーザレへ要請することを決議する
→ 塩野版「チェーザレ」では、この会議にミゲルが乗りこみ、チェーザレへのローマ退出要請を取り下げるように剣を抜いて迫る。枢機卿として会議に参加していたフランチェスコ・レモリーネスが、涙ながらに彼をとめる
22日枢機卿団、新教皇選出までの期間、教皇軍総司令官としてのチェーザレの地位を保証する
 チェーザレとコロンナ間に同盟成立
23日プロスペロ・コロンナ、ファビオとニッコロのオルシーニ、ローマへ
28日
 
グイドバルド・モンテフェルトロ、ウルビーノに復位
→ ウルビーノの民衆はこれを歓呼して迎える
9月2日
 
チェーザレ、ローマを離れネピへ
→ ホフレ、ヴァノッツァもともに
3日ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ、ローマへ
 ヤコポ・ダッピアーノ、ピオンビーノへ復位
ジャンマリア・ヴァラーノ、カメリーノへ復位
ジョヴァンニ・スフォルツァ、ペーザロに復位
→ ヴェネツィアの後押しによって
6日
 
パンドルフォ・マラテスタ、リミニへ復位
→ ヴェネツィアの後押しによって
7日ヴェネツィア、ポルト・チェゼナティコを占拠しチェゼーナを攻囲
9日ジャンパオロ・バリオーニ、ペルージャに復位


ロマーニャ公国のあちこちで反乱が生じ、旧主が復位する中、
チェゼーナ、
フォルリ、
ファエンツァ、
イモラ、
の4都市がチェーザレの下に残る。


9日ラファエーレ・リアーリオ、ローマへ
10日アスカーニオ・スフォルツァ、ジョルジュ・ダンボワーズ、ローマへ
16日コンクラーヴェ、開催
22日フランチェスコ・トデスキーニ・ピッコローミニ、ピウス3世として教皇に選出される

ピッコローミニ枢機卿は、どの派閥にも属さない朴訥でまじめな聖職者であった。
ピッコローミニの伯父ピウス2世はロドリーゴ・ボルジアと親しかったので、ピウス3世の選出は、チェーザレにとって歓迎すべきものだった。


25日ピウス3世、ペルージャ市に対して、チェーザレへの恭順を説く文書を送る
10月1日ピウス3世、ロマーニャ侵攻を続けるヴェネツィアに対して抗議文書を送る
10月2日チェーザレ、ネピからローマへ戻る
 → 150の騎兵と500の歩兵のみを率いて
→ ピウス3世は大軍を伴わないことを条件にチェーザレのローマ帰還を許可した
→ チェーザレの軍の一部はロマーニャとオルヴィエートに留まり、一部はフランス軍に合流している
→ ミゲルはこの時ソリアーノでオルシーニ軍とにらみ合っていた
8日ピウス3世、戴冠式
 チェーザレ、教皇軍総司令官の地位を教皇によって保証される
→ 再び軍を率いてロマーニャ公国を建て直し、イタリアの権力の中枢に立てることを意味した


チェーザレはロマーニャへ発つ準備を進める。
しかし、チェーザレの死を望む人々はこれを阻止しようと策謀をめぐらせる。

オルシーニ、コロンナらローマ貴族、
ジャンパオロ・バリオーニ、バルトロメオ・ダルヴィアーノら傭兵隊長、
ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ、ラファエーレ・リアーリオ、アンニーバレ・ベンティヴォーリオら枢機卿、
そして強国ヴェネツィア、スペインも。




転落

1503年(28歳)


10月12日
 
 
オルシーニ、コロンナ、スペインと同盟する
→ 長年フランス派であったオルシーニが、これを破棄してまでコロンナ、スペインと同盟
→ チェーザレにとって大きな脅威に
14日
 
 
 
スペイン王フェルナンド2世、全スペイン人に対しチェーザレの下で軍務につくことを禁じる
→ チェーザレがフランス王と友好関係にあることを理由に
→ ウーゴ・デ・モンカーダ以下、チェーザレ配下の勇将たちの大部分が軍から離れる
→ チェーザレ軍は解体の危機に瀕する
15日
 
 
 
チェーザレ、身の危険を感じローマを脱出しようとするが叶わず
→ 同盟国フランスの軍はローマから遠く、唯一の頼みの綱ピウス3世はすでに死の淵にあり、ミゲルはソリアーノへいた
→ カステル・サンタンジェロへ逃げ込む
18日ピウス3世、崩御


31日コンクラーヴェ、開催
11月1日ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ、ユリウス2世として教皇に選出される






a:4687 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional