チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

1496年〜1498年




1496年〜1498年

ホアンの進撃

1496年(21歳)

6月

ホアン、スペインからローマへ戻る
父アレクサンデル6世の命により
シャルル8世のイタリア侵入によって、教皇軍の充実の必要性を痛感。長男ペドロ・ルイスはすでに亡く、次男のチェーザレは僧籍にあるので、三男のホアンを教皇軍総司令官にしようと意図
12月26日
 
ホアン、教皇軍総司令官に任命
→ サン・ピエトロ寺院にて


1497年(22歳)

教会の勢力拡大の邪魔になる、ローマ近郊の豪族を第一のターゲットに。
ローマから50キロのブラッチャーノを拠点に、ローマ北部を支配するオルシーニと開戦
オルシーニはシャルルの侵攻時にフランスに寝返ったので、攻撃の理由は充分にあった。)

副将はウルビーノ公爵グイドバルド・ダ・モンテフェルトロ
コロンナ家、スフォルツァ家、ナポリ王も教皇を支持。ヴェネツィアも同意。

カンパニァーノ、ラングイララ、トリヴィアーノの城塞が陥落。
しかしバルトロメア・オルシーニ(♀)(バルトロメオ・ダルヴィアーノ(♂)という説も)の指揮するブラッチャーノの城塞をどうしても落とせない。

この頃、戦況を丘の上から望見していたチェーザレは、クローチェ・ア・モンテマリまで行軍したオルシーニ軍に、間一髪、捕らえられそうになっている。

教皇は日ごとに兵を増強。ナポリで戦っていたドイツ歩兵800をも加える。
オルシーニ軍にはカルロ・オルシーニ、ヴィテロッツォ・ヴィッテリが加わる。

両軍はバッサーノ・イン・テヴェリーナで激突。
ヴィテロッツォ軍の、通常よりも長い槍で武装させた歩兵が活躍する。
→ 800人の戦死者を出し、グイドバルドは捕虜に。
  ホアンはロンチリオーネへ逃走。


2月
 
教皇軍、オルシーニと講和(ヴェネツィアの仲立ちにより)
→ オルシーニ攻略ならず


オルシーニをあきらめ、ローマの南を支配する反ボルジア派のオスティア(ローヴェレの所領地)を狙う。が、ホアンの軍は戦果をあげられない。
→ アレクサンデルは、外部に助力をもとめる。

  • ゴンサロ・フェルナンデス・デ・コルドバ
    (スペイン人武将。スペイン王フェルディナンドの家臣)
  • プロスペロ・コロンナ
    (ゴンサロの軍の副将)

二人の力で、あっさりとオスティア落城
→ ゴンサロへ「金のバラ(ローザ・ドーロ)」(教皇が一般人に与える最高の褒賞)授与
→ ホアンの評判は地に落ちる




ホアンの死

戦闘が終わり規律を失った兵士による犯罪が頻発し、ローマは荒廃する。
ホフレの妻サンチャとホアン、チェーザレの淫蕩な関係の噂。
ルクレツィアの夫ジョヴァンニ・スフォルツァのローマからの逃亡。

1497年(22歳)

6月4日ルクレツィア、サン・シストの修道院に閉じこもる
6月9日ナポリ新王戴冠式教皇代理にチェーザレ任命
前年1496年9月7日、ナポリ王フェルディナンド2世が27歳で死去。伯父フェデリーゴとフランス王が再び王位をめぐり対立する。フェデリーゴは教皇に王位継承権の承認をもとめ、教皇はベネヴェントの地と引きかえにこれを認めた。
→ 教皇はベネヴェントをホアンに与え、公国にすることに
6月14日ヴァノッツァ、宴席を催す
ヴァノッツァ邸に、チェーザレ、ホアン、ルクレツィア、ホフレ、サンチャ、従兄弟のホアン(シレンツィオ)と集まり会食。
その後、テヴェレ河付近での姿を最後に、ホアン、行方不明に。
6月16日ホアン、遺体で発見される
ポポロ広場近くのテヴェレ河の底から。全身に9つの刺し傷、のどへの一突きが致命傷。財布には30ドュカーティ。サンタ・マリア・デル・ポポロ教会へ埋葬される。


容疑者

  • アスカーニオ・スフォルツァ・・・ホアンとの激しい口論から死者までだしていた
  • グイドバルド・モンテフェルトロ・・・オルシーニとの一戦でホアンに見捨てられ捕虜となった
  • ジョヴァンニ・スフォルツァ・・ボルジアにとっての利用価値もなくなり進退窮まっていた
  • ホフレ・ボルジア・・・妻サンチャをホフレに奪われた
    その他、オルシーニ一族や何名かの枢機卿、ホアンに妻を寝取られた者、などなど・・・


7月5日アレクサンデル6世、ホアン殺害事件の捜査を打ち切る
7月22日チェーザレ、ナポリ王戴冠式のためローマを発つ
8月19日
(10日の説も)
チェーザレ、カプア大聖堂にて、フェデリーコに戴冠
 
 
12月22日ルクレツィア、ジョヴァンニ・スフォルツァと離婚
カトリック世界で離婚は認められないが、ジョヴァンニの性的不能を理由に、「結婚は履行されていない=白い結婚だった」として問題を解決。

1498年(23歳)

2月22日ホアン殺害容疑者にチェーザレの名が浮上


  • 「教皇は殺害についてあらゆる情報を握っているが、事を公にすることを望んでいない。それは犯人が重要な人物であるからである」・・・フィレンツェの使者ブラッチの報告書
  • 「ガンディア公(ホアン)の死は枢機卿の兄によるものに違いないということです」・・・フェラーラの情報官アルベルト・デッラ・ピーニャの手紙


しかし、結局ガンディア公爵ホアン・ボルジア殺害の真相は解明されずに終わる。
(教皇庁書記官、ドイツ人ブルカルドの日誌は、1497年6月14日からしばらくの間が欠けているらしい)

この頃、ルクレツィアはサン・シストの修道院で妊娠、出産している。子どもはインファンテ・ロマーノ(ローマの子)と呼ばれ、ホアン(ジョヴァンニ)と名づけられる。おそらくアレクサンデル6世の侍従であったスペイン人ペドロ・カルデロン(愛称ペロット)が父親であろうと言われている。

2月11日、ペドロ・カルデロンはルクレツィアの侍女とともに、遺体となってテヴェレ河で発見される。彼らの死の真相は不明。


4月7日

シャルル8世死去
→ オルレアン公ルイ12世が新王に
5月23日

サヴォナローラ処刑
→ フィレンツェはピエロ・ソデリーニ政権の共和国に
6月10日ルクレツィアとビシュリエ公アルフォンソ・ダラゴーナの結婚が決定される
7月21日ルクレツィア、ビシュリエ公アルフォンソ・ダラゴーナと再婚
アルフォンソ・ダラゴーナは、ナポリ王だったアルフォンソ2世の庶子で、ホフレの妻であるサンチャの弟。現ナポリ王フェデリーゴの甥。
(ナポリ攻略を狙い、ナポリ王女カルロッタとの結婚を考えたチェーザレはその前段階として、この結婚を決定する)





8467 2 1

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional