チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

1493年、アレクサンデル6世の勅書。

1493年〜1495年




1493年〜1495年

ルクレツィア、ホアン、ホフレの結婚とチェーザレの枢機卿就任

1493年(18歳)

1月19日



フランス、スペイン間にバルセロナ条約締結
→ シャルル8世のナポリ侵攻を視野に入れた条約
スペインはナポリに対していかなる援助も行わない、婚姻関係などの同盟を結ばない、とするもの
4月25日

反ナポリ王国同盟(サン・マルコ同盟)
教皇、ヴェネツィア、ミラノ、シエナ、マントヴァ、フェラーラで構成
アレクサンデル6世は、ナポリとミラノの開戦を避けるために、対ナポリ、フィレンツェ、ローヴェレの同盟を結成する。
ナポリはスペイン本国へ助力を求めるが、スペインはポルトガルとの世界分割協定(→ 1494年トルデシラス条約)において教皇の承認を必要としていたため、これを断る。


1493年の各国の関係。

フィレンツェはロレンツォ・イル・マニーフィコが死去し息子ピエロ・デ・メディチの代になってから、ミラノとの長年の同盟(コジモ・デ・メディチとフランチェスコ・スフォルツァ以来)を破棄し、完全にナポリ寄りとなっていた。


6月12日

ルクレツィア・ボルジア(13)ペーザロ伯ジョヴァンニ・スフォルツァ(26)と結婚
サン・マルコ同盟の強化、教皇選で同盟したスフォルツァとの関係も強化
8月  


ホアン・ボルジア(17)スペインへ発つ
亡き兄ペドロ・ルイスの後を継ぎ、スペインのガンディア公爵に
婚約者(スペイン王フェルナンドの従妹マリア・エンリケス)まで譲り受ける
9月20日チェーザレ、枢機卿に
 13人が新たに枢機卿へと叙階される
 イッポーリト・デステ(15)
アレッサンドロ・ファルネーゼ(25) など


1494年(19歳)

1月25日ナポリ王フェランテ、死去
5月2日

ナポリ王アルフォンソ・ダラゴーナの戴冠式
ホアン・ボルジア(イル・サヴィオ)が教皇特使としてナポリへ赴く
11日

ホフレ・ボルジア(13)、ナポリの王女サンチャ(15)と結婚
1493年7月に教皇はナポリと和平協定、その一環としての結婚


ルクレツィアの結婚による教皇とスフォルツァの結びつきはナポリにとって脅威だった。スフォルツァの後ろには長年ナポリを狙っているフランスが控えているから。そのためナポリは教皇を味方に引き入れておく理由があった。

教皇となってしばらくのアレクサンデル6世は、ロレンツォ・デ・メディチの理想を受け継ぐ形である勢力均衡政策に縛られている。
反ナポリ王国同盟も、小国間の同盟によって力のバランスをとり平和を保とうとする、かつての三国同盟に等しいものである。

また、ルクレツィアとスフォルツァの結婚、ホフレとナポリの結婚もこの考えに沿ったものだと思われる。


ミゲル




シャルル8世のイタリア侵攻

1494年(19歳)

8月23日フランス王シャルル8世、ナポリ征服のためグルノーブルを発つ
1月25日ナポリ王フェランテ死去、息子のアルフォンソ2世が後を継ぐことになる。が、シャルルはアンジュー家の子孫である自分に王位継承権があると主張。(ナポリは13世紀末、アンジュー家のシャルル1世の支配下にあった。シャルル8世はそのことを持ち出し、王位継承権は自分にあるとした。
→ カステル・ヌォーヴォ
教皇がこれをみとめなかったため(ナポリと協定したばっかだし)、進軍。
(裏ではミラノのイル・モーロやジュリアーノ・デッラ・ローヴェレの策謀が渦巻いている。)

フランス側

  • ミラノ・・・摂政イル・モーロは当主の座を狙い、ミラノ公ジャン・ガレアッツォを放逐したかった。ジャン・ガレアッツォの妻がナポリ王息女(イザベッラ・ダラゴーナ)であったため、ナポリの干渉を絶ちたかった。
  • フェラーラ・・・イル・モーロの妻(ベアトリーチェ・デステ)は当主エルコレ・デステの娘。つまり姻戚で同盟していた。
  • マントヴァ・・・当主フランチェスコ・ゴンザーガの妻(イザベッラ・デステ)はフェラーラのエルコレの娘であり、イル・モーロの妻(ベアトリーチェ・デステ)の姉でもあった。ここも姻戚で同盟。
  • ローヴェレ・・・ナポリ派であったが、ボルジアを打倒したいがため・・・。

ナポリ側

  • フィレンツェ・・・フランス派が多数(フランス相手に商売をしている市民が多かった)。しかしピエロ・デ・メディチはナポリを支持。
        →フィレンツェ市民の反メディチ感情をあおることに。
  • 教皇・・・はじめはフランスよりの姿勢。しかしガンディア公ホアンへの領土と引きかえにナポリと手を結ぶ。
  • オルシーニ・・・ナポリの傭兵隊長であった。(しかし後にフランスへ寝返る)
  • コロンナ・・・ナポリ王フェランテと緊密だった。
  • ヴェネツィア・・・対トルコで手一杯 → 静観


11月7日フランス軍、フィレンツェへ入城
9日メディチ家追放
フィレンツェ市民の蜂起により、ピエロとジョヴァンニの兄弟は逃走。フィレンツェの支配権は修道士サヴォナローラの手に渡る
22日
 
 
 
シャルル8世、
-1・アレクサンデルを退位させる
-2・十字軍遠征を行う
と宣言
-1・に慌てた教皇はオスマン・トルコにまで助力を求め、なんとかローマを守ろうとするが、統制はとれず。
チェーザレ、アスカーニオ・スフォルツァの提案によって、コロンナの人質に。
11月末教皇、シャルルの使者アスカーニオ・スフォルツァをカステル・サンタンジェロに監禁
12月オルシーニ、フランス側へ寝返る
ブラッチャーノの城塞を明け渡す
教皇、チェーザレ解放の条件のもとに、アスカーニオ・スフォルツァを釈放
31日シャルル8世、ローマへ無血入城


      

1495年(20歳)

1月2日チェーザレ、教皇の特使としてシャルルの許へ
16日アレクサンデルとシャルル会合
1・フランス軍の教皇領内通行許可
2・チェーザレとトルコ王子ジェーム(彼は政権争いのごたごたでローマ在住だった)の二人をシャルルの許へおく(チェーザレは4ヶ月、ジェームは十字軍遠征まで)
→ 使節という名の人質
教皇は上の二つを認めることになったが、以前のシャルルの宣言にあった、教皇の座の退位などの要求はすべてうやむやにしてしまう。
→アレクサンデルの政治的手腕
28日シャルル8世、ローマを発ち、ナポリに向かう
数日後ヴェレトリにて、チェーザレ、ミゲルと他1名の、3騎のみで逃亡!(チェーザレの19の荷物と10頭の馬は2個の荷をつけた1頭の中身のみ本物であとはガラクタだった)
シャルルは激怒。
チェーザレは一旦ローマへ戻り、2日後スポレートへ。
シャルルは彼の足取りを追えず、あきらめてナポリへ。
4月12日
 
神聖同盟結成
アレクサンデルの呼びかけによる対フランス同盟
ヴェネツィア、ミラノ、スペイン、神聖ローマ帝国で構成。
キリスト教国を、トルコの攻撃から守るという名目だったので「神聖」同盟。しかしフランスに対抗する同盟であるのは周知の事実であった。
フィレンツェはサヴォナローラがフランス派であったため、不参加。
→ イタリア中から白眼視され、フィレンツェの立場は弱体化。支配下にあったピサの反乱へつながる。
5月20日シャルル8世、ナポリから逃げ出す
教皇はシャルルを避け、オルヴィエート、ついでペルージャへ。
チェーザレ、ルクレツィアも伴う。
7月6日フォルノーブルの戦い(タローの戦い)
フォルノーブル近くのタローの河岸で、マントヴァ侯爵フランチェスコ・コンザーガ率いる同盟軍とフランス軍が激突。
同盟軍側は3千以上の死者、対してフランス側は2百未満。
これまでのイタリアの戦闘は、死者の数のとても少ないものであった。(ダ・ヴィンチの未完の作で有名な「アンギアーリの戦い」など、ものすごく激しい戦闘だったように言われているが、実際の死者の数は10名ほどだったらしい。)
このフォルノーブルの戦いはイタリアでの初めての殺戮と流血を伴う戦闘であった。
フランス兵は兵糧不足に苦しめられ、病に倒れるものが続出する。
10月9日ヴェルチェルリ条約
講和成立
シャルルは結局敗残者のようにイタリアを去ることに
→ アレクサンデル6世はフランスを追い出したことにより、イタリア内での権力を強めた。


このシャルルのイタリア侵攻により、チェーザレは教会自体の軍隊をもつ必要性を痛感する。





8623 1 1

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional