チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

クワトロ・コロナティ教会。

簡易年表

簡易年表

  • チェーザレの生涯を簡潔に。(詳しくは 詳細年表 で!)




枢機卿から還俗へ

1475年(0歳)

9月13日
(14日の説も)
チェーザレ、ローマに生まれる
 
 

1489年(14歳)

 チェーザレ、ペルージャの大学へ入学

1491年(16歳)

 チェーザレ、ピサの大学へ転出
9月12日チェーザレ、パンプローナ司教に

1492年(17歳)

4月8日ロレンツォ・デ・メディチ死去
7月25日インノケンツォ8世、崩御
8月11日ロドリーゴ・ボルジア、アレクサンデル6世として教皇に選出される
8月31日チェーザレ、ヴァレンシアの大司教に

1493年(18歳)

6月12日妹のルクレツィア(13)ペーザロ伯ジョヴァンニ・スフォルツァ(26)と結婚
8月弟のホアン(17)スペインへ渡る
9月20日チェーザレ、枢機卿に

1494年(19歳)

5月11日3男ホフレ(13)、ナポリの王女サンチャ(15)と結婚
8月23日フランス王シャルル8世イタリア侵攻

1495年(20歳)

7月6日
 
フォルノーヴォの戦い(タローの戦い)
→ フランス軍はイタリアを去る

1496年(21歳)

10月26日ホアン、スペインより戻り、教皇軍総司令官に任命される

1497年(22歳)

 ホアン、オルシーニと開戦
グイドバルド・モンテフェルトロとゴンサーロ・フェルナンデス・ダ・コルトーバが実質的指揮官
6月15日ホアン暗殺
12月22日ルクレツィア、ジョヴァンニ・スフォルツァと離婚

1498年(23歳)

2月22日ホアン殺害容疑者にチェーザレの名が浮上
4月7日
 
シャルル8世死去
シャルル8世の父ルイ11世の又従兄弟にあたるオルレアン公ルイが新王ルイ12世に
5月23日
 
サヴォナローラ処刑
→ フィレンツェは共和国となり、ピエロ・ソデリーニ政権へ
7月21日ルクレツィア、ナポリの王子ビシュリエ公アルフォンソ・ダラゴーナと再婚
7月17日
 
チェーザレ、還俗
→ ヴァランス(フランス)の公爵に
10月1日チェーザレ、フランスへ向けてローマを発つ

1499年(24歳)

5月10日
 
チェーザレ(23)、結婚
→ ルイ12世の従妹でナヴァーラ王の妹シャルロット・ダルブレ(19)と

子ども時代のチェーザレ、ミゲル




進撃

1499年(24歳)

10月6日チェーザレ、ルイ12世とともにミラノ入城
12月13日チェーザレ、イーモラを攻略

1500年(25歳)

1月12日チェーザレ、フォルリを攻略
3月29日
 
チェーザレ、教皇軍総司令官に任命
→ 「金のバラ」「教会の旗手」の称号も授与される
8月2日チェーザレ、チェゼーナを攻略
18日アルフォンソ・ダラゴーナ暗殺
10月27日チェーザレ、ペーザロを攻略
30日チェーザレ、リミニを攻略
チェーザレ、ファノを攻略

1501年(26歳)

4月25日チェーザレ、ファエンツァを攻略
チェーザレ、教皇によりロマーニャ公爵に任命される
チェーザレ、ボローニャの城塞を攻略
→ しかしルイ12世の仲裁により講和成立
5月チェーザレ、フィレンツェの傭兵隊長として契約
6月25日
 
グラナダ協定承認
→ ナポリ王国をフランスとスペインで分割統治する
7月24日チェーザレ、ルイ12世のため、カプアを攻略
8月チェーザレ、ヴィテロッツォ・ヴィッテリにピオンビーノを攻略させる

1502年(27歳)

1月26日ルクレツィア、アルフォンソ・デステと再再婚
ピサ、チェーザレの支配下に入ることを願い出る
チェーザレ、ウルビーノ攻略
チェーザレ、サン・マリーノを攻略
チェーザレ、カメリーノを攻略
マキァヴェッリ、フィレンツェの特使としてチェーザレを訪れる
レオナルド・ダ・ヴィンチ、チェーザレの建築技術総監督に
8月5日チェーザレ、ルイ12世と同盟を再確認




マジョーネの反乱シニガリア事件

1502年(27歳)

10月7日マジョーネ同盟発足
チェーザレ軍の傭兵隊長たちの反乱同盟
12日チェーザレ軍、ウルビーノから撤退
15日
 
 
 
チェーザレ軍、カルマッツォの戦いで敗戦
→ ミゲルは負傷
  ウーゴ・モンカーダは捕虜
  レミーロ・デ・ロルカは敗走
25日反乱軍、講和への動き
11月27日反乱軍、講和条文に調印
12月26日レミーロ・デ・ロルカ処刑
31日
 
シニガリア事件
→ 反乱軍の傭兵隊長たちを一斉に捕獲、処刑

1503年(28歳)

1月18日チェーザレ、オルシーニ家の2人を処刑
2月26日チェーザレ、ローマヘ帰還

ミゲル




暗転

1503年(28歳)

8月12日アレクサンデル6世、高熱と吐き気で倒れる
13日チェーザレも同じ症状で倒れる
毒殺説、ペスト説などあったが、症状からマラリアと考えられる
18日アレクサンデル6世、崩御
20日
枢機卿団、チェーザレにローマ退去を要請
→ チェーザレはこれを拒否
オルシーニ、コロンナ、フランスの軍、ローマへ進軍
→ ミゲル指揮下の軍が、オルシーニ軍と激突
25日枢機卿団、再びチェーザレにローマ退去を要請
9月2日チェーザレ、ローマを発ちネピへ
チェーザレに所領を奪われた元領主たちが旧領に返り咲きはじめる
22日フランチェスコ・トデスキーニ・ピッコローミニ、ピウス3世として教皇選出される
10月3日チェーザレ、ローマへ戻る
14日
スペイン王、全スペイン人に対しチェーザレの下で軍務につくことを禁じる
→ チェーザレ軍の解体は決定的に
15日
 
チェーザレ、ローマを脱出しようと試みる
→ 包囲され敗走、カステル・サンタンジェロへ
18日ピウス3世崩御
29日チェーザレ、ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ枢機卿と交渉、同盟する
11月1日ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ、ユリウス2世として教皇に選出される
19日チェーザレ、ヴェネツィアの進撃を阻止するためローマを発つ
26日
 
ユリウス2世、チェーザレを逮捕
→ ヴァティカンのボルジアの間に軟禁
30日
ミゲル指揮下の軍、フィレンツェ軍と激突、敗戦
ミゲル、フィレンツェ軍の捕虜に
ロマーニャはユリウス2世の降服命令を拒否
ミゲルは熾烈な拷問に耐え、チェーザレを裏切らない
ユリウス2世、チェーザレの全財産を没収

1504年

1月28日
 
チェーザレ、ロマーニャに対する権利を放棄
→ 40日以内に諸要塞の返還を誓約、引き渡しの完了した時に釈放という条件
4月26日チェーザレ、釈放
28日
 
チェーザレ、ゴンサロ・フェルナンデス・デ・コルドバを頼りナポリへ
コルドバはチェーザレを暖かく迎える
チェーザレ、フィレンツェを攻略し、ロマーニャを奪回しようと企図
コルトーバはこれを支持し援助を約束、しかしスペイン王は拒否
5月27日
 
コルトーバ、スペイン王の命によりチェーザレを捕縛
→ カステル・ヌォーヴォに軟禁
8月19日チェーザレの最後の砦、フォルリ開城




最期

1504年(29歳)

8月20日チェーザレ、スペインに移送
チンチーリヤの城塞に軟禁される
 ルクレツィア、
彼女の義兄マントヴァ侯フランチェスコ・ゴンザーガ
フランチェスコ・レモリーネスを始めとするスペイン人枢機卿たち、
チェーザレの妻シャルロット・ダルブレ
チェーザレの義兄ナヴァーラ王、たちがチェーザレ釈放を求めて運動するが、聞き容れられず
フランス王ルイ12世、チェーザレの所領を没収
11月26日スペイン、カスティーリャのイザベル、死去

1505年(30歳)

チェーザレ、メディナ・デル・カンポの城塞モタに移送される

1506年(31歳)

4月1日ミゲル、釈放
→ フィレンツェ軍の傭兵隊長となることを条件に(マキァヴェッリの要請)
1507年2月27日、正式にフィレンツェ軍司令官に任命
(釈放は1505年8月という説もある。この説ではその後カルロ・バリオーニの軍に雇われ、1505年秋にフィレンツェに雇用されることになっている。
9月25日スペイン王女ファナの夫、フェリペ、死去
10月25日チェーザレ、脱走
→ 義兄のナヴァーラ王を頼りパンプローナを目指す
12月3日チェーザレ、パンプローナに到着
12月27日イタリア各地にチェーザレの自由宣言が届く
ロマーニャの民衆は歓喜してこれを聞く

1507年(32歳)

3月12日チェーザレ、戦死
11日夜中から12日明け方にかけて(ゆえに命日を11日とする説も)
ナヴァーラ王国とスペイン王フェルナンド2世を後ろ盾とするレリン伯ルイ・ボーモンとの戦いにおいて
遺体には23もの傷
ヴィアナ近郊のバランカ・サラダ
享年31歳
ヴィアナのサンタ・マリア教会に埋葬、壮大な墓碑が建てられる
しかし、16世紀半ばカラオラの司教が遺骸を四散させ、墓を破壊
→ 1498年にボルジアがカラオラの司教ペドロ・デ・アランタをカステル・サンタンジェロに幽閉したことに対する抗議行為と言われる
現在は教会入口手前の地面に石碑プレートが埋められている


10月
 
 
ミゲル・ダ・コレッラ、フィレンツェ軍歩兵隊指揮官を解任される
その後彼の消息は不明となる
1508年1月、ミラノにて暗殺された、という説もある


遺影?




7932 1 2

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional