チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

更新日記・・・2010年10月

更新日記 2010年10月

2010-10-31

チェーザレ人気投票

人気投票、「ずっとそのまま置いといていいや」と思ってて更新する気なかったんですけど、友人に「集計はいつすんの?」と言われたので、結果を出してみました。
10月も終わったし、一区切りってことで。

またしばらくして「第2回」とか言ってやりたいと思います。
その間何にもやんないのは淋しいんで、新たなランキング項目を作ってみました。
今回のは、

◆ 無人島で一緒にサヴァイヴァルするなら
◆ お笑いの相方にするなら

です。
よかったら投票してください!
今度はコメント欄も置いてます。理由とか書いてもらえるとおもしろいかな、と思って。

何かほかにいいテーマがあったら、WEB拍手から助言してくださると嬉しいです。


更新




2010-10-30

チェーザレ、リミニ入城

今日はチェーザレがリミニに入った日だって。1500年。
この頃のチェーザレ、いいよね~~~。
愛人になりたい。10番目くらいでいいから。


WEB拍手レス

  • ラファエラ さま
    こんばんは!お久しぶりです。

好きな本って、「適当に開いたところから読む」ってやり方をしますよね!何度読んでも楽しいから。
私も「チェーザレ」でやります。

惣領「チェーザレ」、まだ塩野版の冒頭にさえ行ってないんですもんね~。一体どれだけの長さになるのでしょうか。
肝心なところが切られたり終わったりしないように祈ってます!!
早く連載再開して~~。
毎週木曜日の楽しみがないとすごく淋しいです。

  • たのぴ さま
    寒くなりましたね~!
    季節がやっと「チェーザレ」の厚着に追いつきました。(笑)

私も「チェーザレ」の子どもキャラ、大好きです。チェーザレ、ミゲルはもちろん、メディチのちびっこ2人も、ローヴェレの子ども時代も。可愛い!
敵役のローヴェレの憎めない姿も描かれるって意味でも、すごくいいと思います。

ジュリア、美人だけど意地悪そう~な怖い顔してますもんね~。
確かにミゲルの方が美人かも!?

  • echigo さま
    お帰りなさい!!
    「echigo da corella」ならずの帰国は残念ですが、無事に元気に旅を楽しまれたようで何よりです!良かった!!

せっかく現地からメールしていただいたのに、ぜんぜん対応できなくてすみませんでした・・・本当に。
echigoさまの好意を無にしてしまったことが、非常に残念で心苦しいです。

落ち着かれましたら、ぜひ!!旅のお土産話をお聞かせください!
楽しみにしています。




2010-10-28

イタリア語版「チェーザレ」

マキさまからの贈り物!

イタリアに留学されていたマキさまが、
イタリア語版の「チェーザレ」「君主論」の他、
グラダーラやフォルリンポーポリ、カスティリオン・フィオレンティーノなど超!マニアックなチェーザレ所縁の地の絵はがきや資料を、たーくさん送ってくださいました!
ありがとうございます!!!

大感謝です。こんなにしていただいて・・・。ほんとに・・・。
頑張って、サイトの充実に役立てたいと思います!!

ところでマキさまいわく、
イタリア語版「チェーザレ」、言い回しが微妙に異なり、雰囲気の違うところがたまにあるそうです。
ミゲルがとっても優しい感じ、なんだって!
おもしろいですね。
そういう細かいニュアンスが判ったら楽しいでしょうね~。


更新

  • 関連書籍-ボルジア家
    澁澤龍彦「毒薬の手帖」のレヴュー。
    10数ページ、ボルジアに関する章があります。




2010-10-25

チェーザレ8巻、帯

甲冑姿のチェーザレが描かれるのは、Virtu 1の見開き、4巻の帯に続いて3度目?(模擬戦除く)
かっこいいね~。額に入れて飾りたいです。
還俗して戦場に立つのはまだまだまだ先なのに、こういう絵が描かれるってことは、総領先生も早く戦うチェーザレを描きたい、ってことなのかな?


WEB拍手レス

  • haru さま
    8巻発売に合わせたような午後休。絶対、めざまし占い1位の日ですね!

毎週読むのと、まとめて通しで読むのと又感じ方が変わりますよね。深く読む事が出来たり、新しい発見があったり…
本当に!
連載中、別に適当に読んでるつもりはないんですが、でもなんだか違いますよね。不思議です。

もう連載されない状態が常態ですよね。こんなのに慣れたくないけど~!!

  • たかのつめ さま
    お久しぶりです。お元気ですか~。
    正直丁寧ではあるもののマンガとして面白いかは微妙ですが・・・
    そうですね。わかります、残念ながら。
    でも、きっとこれから絶対面白くなると信じたいです。たまにいいエピソードもあるし!ダ・ヴィンチ登場の回とか。

私もジュリオ&ジュリアーノのメディチ家お子さまコンビ、好きです。可愛い!チェーザレとミゲルの子ども時代には負けるけど!
たかのつめさま、ブログで「もっと子ども時代のチェーザレ&ミゲルが見たい」と書かれてましたよね。
私もです!番外編とか描かれるといいのに~。

ジョヴァンニ、1492年のコンクラーヴェに参加してるのですが、「ボルジアには投票しなかった」となってるんです。
それが誤っているのか(でも私の見た本やサイトでは全部そうなってました。)、これから反対する何かが起きるのか、すごく気になります。


更新

  • 用語解説
    ピッティ家の陰謀について。
    チェーザレについて調べはじめた頃、
    パッツィ家の陰謀とピッティ家の陰謀で同じもの!?発音とか表記がちょっと違うだけ??」
    と混乱しました。
    「チェーザレ」でパッツィ家の陰謀が描かれて、同じような疑問を持つ方がいらっしゃるかも・・・と思って。
    いないかな?




2010-10-24

「チェーザレ」8巻

連載中に読んでるからそんな楽しみじゃないと思ってたけど、まとめて読むとまたちょっと違いますね。没頭しました。
でも2~5巻は何度も何度も読んだけど、7巻くらいからは1回読めば満足してしまいます。・・・飽きてる?のか?

パッツィ陰謀事件、数ページ加筆されていましたね。
惜しむらくは誤字が・・・「粛正」でなく「粛清」でしょう。

ひとつ疑問。
Virtu 68で、ロレンツォはナポリへ発つ直前に「ラファエーレ・リアーリオを釈放しろ」と言っています。
が、巻末の解説では、「ラファエーレを1ヶ月近く首謀者の一味として囚え」とあります。
パッツィ家の陰謀事件が起きたのは1478年4月26日。
ロレンツォがナポリへ発つのが同年12月6日。(グイッチァルディーニ「フィレンツェ史」98ページ)
・・・おかしい・・・よね?


更新




2010-10-21

「チェーザレ」8巻

いよいよ明日発売ですね!
すでに「モーニング」誌で読んでる内容だからそこまでの喜びはないけど(連載再開の方が断然いいよ!いつだよ!)、巻末の解説や帯のイラストが見られるのはとても嬉しいです。
楽しみ。


更新

  • 関連書籍-漫画とDVD
    氷栗優「カンタレラ 5」から最終巻の「12」までのレヴュー。
    あんまり好きな話ではないと思ってたけど、読み返してみるとけっこう楽しかったです。
    ルクレツィアがもうちょっと可愛くて、しゃんとしたコだったらな~。
    なんだかこの作品のルクには魅力を感じられません。
    優等生面してるけど、すごく子どもじみてませんか。なのに「聖母」とか言われてもね・・・。好きな方、すみません。
    惣領版ルクはどう描かれるのかな~。楽しみです。

WEB拍手レス

  • カンタレラ さま
    「アサシンクリード」でボルジアファンになられたんですか!
    ということはきっと、「アサクリ」、楽しいんでしょうね~!
    レヴューでも高評価ですもんね!私もプレイしてみたくなりました。すごく気になります。
    アドヴァイスどおりにPS3版を予約しました。
    ありがとうございました!!




2010-10-20

「アサシン・クリード・ブラザーフッド」特典DVD

昨日の情報につけ加え。
初回特典DVDのコンテンツ、歴史ドキュメンタリー映像「チェーザレ・ボルジア~ルネサンスの梟雄~」の内容は、

「ユービーアイジャパンによるオリジナル制作の約60分に及ぶ歴史ドキュメンタリー映像。
イタリアロケを敢行し、ゲーム映像との比較も交えながら紹介するというもので、チェーザレ・ボルジアの足跡をローマからフォルリ、ファエンツァ、イーモラと辿る。
また、イタリア文学者の原基晶氏を解説に迎え、ゲームを構成する壮大な背景に深く切り込んだ内容となっている。」

だって!

超~~~楽しみです!!
PS3版を予約しました。PS3本体、持ってないけど!
とりあえずDVDが観られれば!!


更新




2010-10-19

「assassin's creed brotherhood」

WEB拍手にカンタレラ様から情報をいただきました。コピペします。

「Assassin's Creed Brohterhood」について、初回特典版付属DVDの内容が発表されました!
コンテンツ
1.歴史ドキュメンタリー映像「チェーザレ・ボルジア~ルネサンスの梟雄~」
2.イタリア文学者の原基晶氏による解説
3.主要開発スタッフのインタビュー
4.メイキング映像
5.Assassin's Creed Lineage(ロドリーゴ・ボルジア、ロレンツォ・イツ・マニーフィコなどが登場する実写短編映画)

前作「Assassin’s Creed II」は、動画サイトなどでプレイ内容をご覧になることもできます。

私はゲームを全くしないので、「アサシンクリード」には興味を持ちつつもスルーしていたのですが、これはちょっと放っておけない感じ!!
欲しい!!っつーか見たい!!

日本での発売予定日は2010年12月9日だそうです。
Amazonで予約受けつけてます。 ↓

こちらは公式サイト。 ↓

これってPS3でもXboxでも、どっちでもプレイできるってことなんだよね?どっちがいいんだろ??
う~~ん。どっちにしろ、またチェーザレに貢ぎそうだな、自分・・・。

カンタレラ様、貴重な情報をありがとうございました!!


WEB拍手レス

  • haru さま
    チェーザレのお墓参り、行きたいですよね。
    数百年後、極東の小国でこんなに彼を偲んでいる人間がいるとは、さすがのチェーザレにも想像できなかったでしょう!
    日本での人気は、やはり塩野七生に負うところが大きいのかな?
    中国や韓国など、他のアジアの国での評価ってどうなんでしょうね~?
  • たのぴ さま
    ミゲルがチェーザレの立場だったら、「暗い少年に成長」してた・・・。うーん、それもありそうな気がします。(人の意見に流されやすい私です・・・。)
    チェーザレの逆バージョンパロディが見てみたいです!誰か描いてくれないかな~~~。
  • echigo さま
    もうヴァレンシアは発たれたでしょうか?返事を書くのが遅すぎてしまって、すみません!!
    可愛い子ミゲルがいっぱいって!!いいですね~~うっとり!!1人くらい拉致ってもわかんないんじゃ?(笑)
    ヴァレンシアの大聖堂や修道院にはボルジア関連の絵画がいくつかあるはずですが、見られましたか?普通に展示してあるのかな?とずっと疑問に思っていたので、教えていただけたらうれしいです。
    すみません、今さらですよね。もっと早く書けばよかったです。
    スペインからわざわざメッセージいただいたのに、残念すぎる対応ですみません・・・。
    せっかくだったのに~!!
  • chin さま
    はじめまして!
    中学生の頃からチェーザレファンだなんて、早熟?ですね~~!
    せっかくヴァティカンに行かれたのに風邪引きだったとは!残念すぎます・・・。絶対にまた行かないと!ですね。
    今週金曜日には「チェーザレ」8巻発売ですね。楽しみです。
    でもそれより何より、早く連載再開して欲しいですよね~~!!
  • やまな さま
    はじめまして!
    「Assassin's Creed Brotherhood」の情報、ありがとうございます!
    やまなさまは前作をプレイされたんでしょうか?敵役のロドリーゴ・ボルジア、いかがでしたか?
    私は動画サイトで見ただけなんですけど、映像がとても綺麗で惹かれました。ゲームじゃなくて映画として観たいです。
    「Assassin's Creed Brotherhood」は、初回特典DVD目当てで買ってしまいそうです・・・つーか買います!!
  • いお さま
    はじめまして!
    付け焼刃の知ったかぶりを書いてるだけのサイトですのに、褒めていただいて恐縮です。ありがとうございます!
    「チェーザレ」から「小規模」にハマった方がいらっしゃるとは!!びっくりです。きっとあんまりない流れですよね~?超親近感です!
    私は「チェーザレ」の載らないモーニングは買わないのですが、「小規模」だけはコンビニで立ち読んでいます!
    ケンカしつつもむつまじい福満夫婦、なんかいいですよね!
  • カンタレラ さま
    「Assassin's Creed Brotherhood」の情報をありがとうございました!
    特典DVDの内容を教えていただいて大感謝です。ゲーム本体よりも魅力です!!
    原先生がどのように語られているのか、楽しみですね!!


更新




2010-10-10

チェーザレのお墓参り

このサイトによくメッセージを寄せてくださるechigoさまが、現在スペインを旅行なさっています。ボルジア所縁の地を巡る旅です。素敵ですよね~~。
先日はヴィアナからメールをくださいました!
雨の中、チェーザレの墓碑に参られたそうです。「少し泣けました」って!
・・・想像するとなんだか私もうるっときました。
echigoさま、体調に気をつけて、旅を楽しんで来られてください!!


WEB拍手レス

  • たのぴ さま
    私もラファエーレ、けっこう好きです!憎めないですよね~。要所要所でギャグ要員の役目も果たしているし!
    社長にするなら、ロレンツォ様というのも賛成です。ロドパパやローヴェレだと安心して勤められない気がします(笑)。

ミゲルがチェーザレの境遇にあったら、どんな少年に成長していたのでしょうか?
ロドリーゴさんから「あれは凡庸すぎる」とは言われないっしょ!だって凡庸なホアンに務まらないお相手役に選ばれたんですもの~。
チェーザレみたいに「俺様のために死ねるなら本望だろ」と言ってのける少年になっていたんじゃないですかね~。
どうだろ?
想像できないな~。ミゲルは私の中では「従」の人です。




2010-10-08

マジョーネの会合

毎回チェーザレに関することを書きたいとは思っているのですが、今日はネタがありません・・・。
う~ん。
近況としては、パーマかけてみました。ちょっと失敗くさいです。
「モーニング」に連載中の「僕の小規模な生活」が好きなので、「うちの妻ってどうでしょう?」を買ってみました。
「小規模」よりおもしろい気がしました。
私も九州人なので「妻」に親近感があります。こてこての九州弁がいいです。「よそわしか」とか。もう言わないな~。
「チェーザレ」好きで「モーニング」買って、福満しげゆきに出会いました。・・・ありがとう?

あ、今日はマジョーネの会合の行われた日だそうです。よそわしか~。




2010-10-07

勇壮なチェーザレとミゲル

1503年7月5日。
チェーザレは自軍を閲兵し、ローマ市内を行進します。
先頭には、250から300の騎兵を率いる盛装のチェーザレ。
2番手には、銃兵(石打ち銃兵)を率いるミゲル。
その後には、アルバニア人から成る軽装騎兵(ストラディオット)の選抜隊。

これを見ていたフィレンツェ人オラトール(誰?)は、彼らのあまりの勇壮さに強く心を打たれたそうです。
素敵!!
私も見たかった!!


WEB拍手レス

  • たのぴ さま
    ミゲルの落馬シーン、描かれるんですかね~。見たいけど!
    再開がいつになるのかだけでも、早く知りたいですね。

更新




2010-10-05

ボルジア父子

グイッチァルディーニ「イタリア史 Ⅲ」にある記述。(P156)

息子(チェーザレ)と教皇(アレクサンデル6世)の見せかけと惚けはローマの宮廷では遍く知られ、一般的な格言さえ生まれているほどである。
すなわち、
教皇は口に出したことを決して実行しないし、ヴァレンティーノ公(=チェーザレ)は実行したことを決して口に出さない

このフレーズ、いいですよね!ニヤリとさせられます。
でも格言ではないよな。


更新

  • ボルジア家系図
    サヴィオ・ホアンが、
    ロドリーゴの妹ファナの息子と書いていたのですが、
    従兄弟ガルセランの息子であるという説もあるので、こちらもつけ加えてみました。
    サチェルドーテでは前者ですが、後者の説もよく見ます。




2010-10-04

チェーザレ似

「イキガミ」って漫画がありますよね。間瀬元朗著、小学館発行。
あれ、本屋さんに並んでいると「チェーザレ」と見間違えませんか?似てるのよ、背表紙が!


更新




2010-10-03

超人チェーザレ

今日の産経新聞。
「次代への名言」というコーナーで、ニーチェの言った「超人とは何者なのか」について書かれています。
いわく、
「半分聖人、半分天才という、高尚な人間の「理想主義的典型」と理解するもの、
進化論をあてはめるもの、
果ては古典的な英雄崇拝にむすびつけるもの、
いずれもお門違いである。
純粋な正義の勇者よりむしろ、(権謀術数の権化である)チェーザレ・ボルジアを想像した方がよい。
ですって!

ニーチェ~、そんなことを言っていたの!!

しかし、この記事には続きがあって、トーマス・マンは、
「ニーチェをその言葉通りに受け取り、彼を信じる者は救いようがない」
と言ってるらしい。
・・・ひどいよ、トーマス。

→ 産経新聞「次代への名言」




2010-10-02

ミゲルの落馬とチェーザレの抗議

W.H.ウッドワードの「チェーザレ・ボルジア」にあった記述。(P39)

1492年8月、シエナのパリオに参加したチェーザレの馬。
騎手は審判員の前をトップで通過したものの、ウィニングポスト(競走・競馬などで、勝敗を定める競走路終点の標柱)の手前で落馬し、失格となっちゃったんだって。
塩野七生「チェーザレ」で、チェーザレの代わりにパリオに参加した騎手はミゲルでしたよね。
ミゲル・・・実は落っこっちゃってたの!?

チェーザレはこの失格判定に納得できず、抗議の手紙を書いたそうです。
ちょっと微笑ましくないですか?




2010-10-01

チェーザレ、フランスへ

今日はチェーさんが嫁をもらいにフランスへ出発した日だって。
めでたい?


WEB拍手レス

  • haru さま
    レスが相当に遅くてすみません!
    「チェーザレ」、ここ数回楽しかったのに、まーた休載でがっかりですね。
    今度はどのくらいで再開するんでしょう。早く知りたいです。

ミゲルがアンジェロの御用を済ませて、
ジョヴァンニの卒業試験があって枢機卿になって、
ロレンツォ様が亡くなって、
シエナへ行って・・・。
この調子だとロドパパが教皇になるのは10巻以降になっちゃうのかな?

  • echigo さま
    こんにちは~。
    なんと!もう1週間後に出発ですね!しかも19泊!?すごいです。いーなー!!
    あ、違いますね、ミゲルに出会ったら永住ですもんね!
    リアルミゲルは濃そうだな~~(笑)

パンプローナ → ヴィアナ → モタ城 → ヴァレンシア(ハティヴァ・ガンディア) → コルドバ → ヘレス → ロンダ → グラナダ → マラガ
なんて素敵な旅程でしょう!!うっとりです。
しかもこの季節、チェーザレがフランスに渡った時期と同じですよ!彼と同じ空気を感じられるんじゃないですか??あ、船旅じゃないですね。

写真の解像度のことまで気にしてくださって、すみません。ありがとうございます。
ネット上に載せるのは、そう高画質である必要はないと思います。サイトに乗せてる写真の大部分は「72dpi」の「331px × 251px」です。小さいです。
が!!そこは echigo様の都合のよいようになさってください~~。
ついでに送っていただけるだけで充分ですから!!
ありがとうございます!
画像共有サイトを利用すると、ある程度ならデータの重さを気にせずに添付することができるので、よかったらご検討ください。
メールより面倒がないように思うのですがどうですか?
↓ こんなのです。無料で自分のアルバムを作って、ネット上で共有できます。
http://photos.yahoo.co.jp/

あと、「Facebook」とか利用しても同じようなことができるんですよね?
こっちはやったことないから、よくわかんないけど・・・。
でも、もちろん、echigo様のやりよいようになさってください!!私は本当に、なんでもかまわないのです!

各地のボルジア所縁のものはもちろんぜーんぶ見たいです!
中でも、
パンプローナ市街、
ヴィアナのサンタ・マリア教会とプレートと胸像、
モタ城、
ハティヴァのロドリーゴ生家、
ヴァレンシア大聖堂の絵画、
ガンディアのホアンんち、
に期待しております。
でも決してスケジュールを無理なさらないでくださいね!

休載中ですから、心置きなく出発できますね!
気をつけて行ってきてください!!
¡ Buen viaje !   ← あってる?


更新

  • デッラ・ローヴェレ家系図
    主要人物(色太文字)をクリックすると、紹介ページへ飛ぶようにしました!
    しかし、その紹介文がないやつらが多いです!
  • サイトのメニューのアイコン?などを変えてみました。どうっすかね?








1333 1 0

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional