チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

更新日記・・・2010年8月

更新日記 2010年8月

2010-08-31・・・2回目

お詫びです・・・2回目

人物紹介のサヴィオのところ、シクストゥス4世によってローマ教皇庁の書記官に任命されたのは1408年と書いてましたが、これは1480年の誤りです。
1440年代に生まれてんのに、なんで1408年に書記官になれんだ!アホか。
自分にがっかりです。
香 さま、再びのご指摘、本当にありがとうございます。そしてすみません。
こんなんが多いサイトって、信頼性ガタ落ちですよね・・・。
でも、他にもたくさんありそうで怖いです。雑な書き方してるから・・・。
見つけたら教えてください・・・。お願いします。
甘ったれですみません・・・。


WEB拍手レス

  • ミルクティー さま
    「ジョヴァンニ」を「ジョンヴァニ」と読んじゃうなんてすごい間違い方ですね!
    「ジョヴァンニ」って特に珍しい名前でもないと思うけど・・・。おもしろいです。
    外国名が苦手な人って、そんなふうなのかな??それにしたって!(笑)

「馬に乗って雪の夜空を見上げてるミゲル」の絵、もうだいぶ前に描いたので、恥ずかしくて今は見られません。下手くそすぎる!!
あんなのを壁紙にしないで~~~(泣)。
冬が来る前に、ミルクティーさまに気に入ってもらえるようなのを、そして威張って?出せるようなのを、1枚描きたいです~~~。

  • haru さま
    マキァヴェッリ、「明るいオタク」って感じですね!「タモリ倶楽部」とか出てそうだもの。
    絶対テンション高いです。暑苦しいくらい。わかります!!

パリオ、見てみたいですね。楽しそう。絶対に「これが15世紀だったら・・・」って夢想しながら見ますよね!

確かにチェーザレって、落とすまでは熱心だけど、女のほうが夢中になったら途端に冷めたりしそうです。イヤなヤツ~~~!

サチェルドーテの本、惣領先生や原先生の訳で出版されたらいいのに!!そしたら3冊目、買います!(苦笑~)




2010-08-31

お詫びです・・・

シャルル8世とルイ12世の関係。

簡易年表のページに、「シャルル8世死去 ひ孫のルイ12世が新王に」と書いていました。
これ、誤りです。
ルイ12世はシャルル8世の4代前の王、シャルル5世のひ孫です。
(シャルル8世の曽祖父とルイ12世の祖父が兄弟。)
訂正して、お詫び申し上げます。本当に面目ないです。すみません。
香さま、ご指摘くださって、ありがとうございました!!

WEB拍手のレスが遅れてます。これもごめんなさい。もう少しお待ちください・・・。




2010-08-29

「チェーザレ」再開!

木曜日には会えるんですね!嬉しい。
でも8巻分の掲載が終わったら、また長ーーーい休載に入っちゃうのかな。入るんだろうな。
さみしい・・・。
今から淋しがってどうする。でも淋しいよね・・・。


WEB拍手レス

  • echigo さま
    チェーザレとミゲルの馬さばきについての文章、そのまま載せてしまってスミマセン!
    でもありがとうございました!「すごく興味深く読んだ」って言われる方がけっこういらっしゃいました!

「攻撃性と優雅さを持つ オレ様チェーザレ」「冷静沈着 ツンデレ ミゲル」ってコピー、いいですね!どっちともぴったり。
ミゲルをツンデレと思ったことなかったけど、言われてみればその通りな気がします。

ガンディアへ寄られること決定ですか!!
すごーーーい。嬉しいです。
「チェーザレの本に4万出した心意気に感服したのです」って、無駄遣いした甲斐がありました!
ありがとうございます。でも、体調とか天候とか時間的なものとか考慮して、決して無理なさらぬよう・・・。気をつけてください!
きっともうすぐ出発ですよね。行ってらっしゃいませ!

  • たのぴ さま
    やっと連載再開ですね!延期になるんじゃないかとハラハラしていたので、逆にちょっとびっくりです。スムーズで。嬉しいけど!
    たのぴ様はどうやら子どもミゲルが相当お気に入りのようですね!かーなり彼についての言及が多い気がしますもん。当たりでしょ~??
    でも確かに7歳の頃のミゲルは素直でカワイイです。サヴィオおじさんに認められたんだから、ほんと、とても優秀であったのでしょう!

イラスト、誉めてくださってありがとうございます!




2010-08-27

「チェーザレ」再開!?

来週号から「チェーザレ」再開するみたいですね!
遊びほうけていたので、まだ「モーニング」を見ていません。今からコンビニ行ってきます!立ち読み~。


更新

  • シニガリアSenigallia
    Google Mapを貼りました。
    そして!!
    今まで今ひとつ場所が特定できなくて書けていなかった、「ベルナルディーノ・ダ・パルマ」の家を書きました!
    ヴィテロッツォやオリヴェロットが逮捕され処刑されたところです!

イタリア在住のマキ様のお力添えのお蔭です。わざわざ行ってくださったのです。ありがとうございます!!
しかも、私が「ここだ」って言ったところは微妙に間違っていて、見つけるのにかなり苦労されたようです・・・。
ごめんなさい。申し訳ないです。
諦めずに近辺の人々に尋ねてくださった、マキ様のチェーザレ愛と語学力に感謝&脱帽です。
写真もマキ様の提供です。本当にありがとうございます!!!!

今は小学校になっていて、校門の横に「ここでヴァレンティーノ公が虐殺したんやで~」って説明プレートが掲げてあります。
これを見る小学生らは何て思うんでしょうか。父兄からの苦情とか出ないんでしょうか。
マキ様によると、「地元の人の間でも(ここにそういう場所があることは)あまり知られていない」そうです。
・・・知ろうよ!!




2010-08-23

チェーザレとつきあうのは絶対大変。

夢にチェーザレが登場しました。おおう!
超幸せ・・・かと思いきや、夢の中の私は、
「こんな頭良くて立派な家柄の人とつきあうのは、すげえ努力が要るからイヤだ。」と思ってました。
バカ!!
夢の中でくらい頑張れよ~!


更新

  • シエナSiena
    バンキ・ディ・ソプラ通りを追加し、写真を大きくしました。
    以前はサイトのサイズ(幅)が小さかったので、その頃貼った写真は小さめになってるのです・・・。超2度手間。めんどくせえええ。
    でも写真は大きい方がいいですよね。がんばるよ。




2010-08-22

パリオ

すっかり忘れてたけど、8月16日はシエナのパリオでしたね。
塩野版「チェーザレ」で、ミゲルがチェーザレの代わりに出場して優勝してます。さすが馬さばき上手のミゲル~。
惣領版ではどんな風に描かれるのかな?


更新

  • シエナSiena
    旅行ガイドにGoogle Mapを貼りました。
    ガイドには書いてないけど、サリンベーニ宮トロメイ宮の建つ「バンキ・ディ・ソプラ通り」で、塩野版チェーザレはミゲルと従者に行き会い、父の教皇選出の報を受けてます。
    ・・・ガイドに書くべき?




2010-08-19

サチェルドーテ版「チェーザレ」

サチェルドーテ「チェーザレ・ボルジア」

海外のオークションサイトにサチェルドーテの「チェーザレ・ボルジア」があったので、つい競り落としてしまいました。2冊目。どうすんだ。
でも、1冊目が相当古くて手袋して扱いたいような本だったので、これを保存用にして2冊目を活用用にします。付箋とか貼れなかったもん、今までは。
しかも!
1冊目は海外通販に対応してないマントヴァの個人書店で購入したので、送金やら何やらに手数料がえらいかかって、4万!!!くらい払ったのに、
2冊目のこの本は送料込みで7,000円くらいでした。
買うやろ、そりゃ。口惜しいもの!!
何の負けず嫌いかわからんけど。


WEB拍手レス

  • ラファエラ さま
    >ミゲルって顔立ちとか言動キツめなのに笑顔が似合いますよねぇ~。ちょっと不思議な感じがします。
    ほんとですね!
    特に最初の頃はよ~く笑ってましたよね。笑い上戸なくらいに。かわえかった!
    もっともっと彼の幸せそうな笑顔が見たいです!!
    9月の最初の週に連載再開するんでしょうか?心配です。


  • echigo さま
    >馬術的にと言われるとちょっと違うのかもしれないのですが、virtu39 2ページ、二人が馬を右に曲げてるところですが、
    チェーザレは曲げる方向の外側の手(この場合左手)がたてがみを超えて内側(右側)に入ってしまい、なおかつ腕が上がっています。
    これはやってはいけないと云われています。こうなってしまうのは、乗り手が馬よりテンション上がってしまって夢中になってる事が多いのです。

その点ミゲルは、virtu33 16ページ(左下のコマ)、同じ馬を右に向けてるところですが、綺麗に誘導してるんですよ!!
このときチェーザレが行方不明で内心てんぱってる筈なのに!!
チェーザレとミゲルの馬さばきについて、素敵にマニアックに分析してくださってありがとうございます!!
非常に楽しく読ませていただいてので、ここにほぼ全文コピペしちゃいました!
惣領先生がそこまで考えて作画してあるとは思わないけど(さすがにないですよね?)、そういうの思いながら読むとおもしろいですね!!
馬さばきが上手いミゲルは、チェーザレさばきも女さばきも上手いと思います。ねっ!?

ガンディア、ぜひ行ってみてください~~~。
ここはルクレツィアにでも登場してもらって、可愛くお願いしたいです。「だめ?」。Virtu 27みたく、嘘泣きもしちゃうよ!(笑)

ガンディアの公爵宮殿のサイト、
http://www.spanish-fiestas.com/costa-blanca/gandia.htm
宮殿の写真の上の英文に、ガイドツアーのことがチラと書いてあります。

もういっこ、ついでに。スペイン語ですが。
http://www.jdiezarnal.com/palacioducaldegandia.html

でも、echigoさまの見られてるサイトが1番わかりよいですね!


  • ミルクティー さま
    シニガリア事件、読んでくださってありがとうございます!
    早く惣領版でのものが見たいですね!!かっこよかろうね~~2人ともね~。

「カタカナの名前は覚えられない」って人、多いですよね!そんな長い名前じゃないのに・・・。
サヴォナローラ → サボ
ドラギニャッツォ → ドラ
などと変換して読んでいただくってのはどうでしょう?
イタリア好きのお友達がハマってくれると嬉しいですね!

私の真似っこ絵をパソコンの壁紙にしてくださってるとは!!
びっくりです。私でもしてないのに!今は!
ありがとうございます。恥ずかしいけどすご~~く嬉しいです!




2010-08-18

「チェーザレ」展開予想。

パッツィ家の陰謀」はさらりと描かれる程度で、そんな寄り道はしないと思うな~。それだけ。予想っていうほどのものではありませんね。どっちかっつーと希望?


WEB拍手レス

  • haru さま
    「ノンキャリ」とか聞くと「踊る大捜査線」を思いついてしまう政治オンチな私ですが、確かにマキァヴェッリは「ノンキャリ官僚」ですね。
    フィレンツェのためにチェーザレ相手に頑張ってる彼は、なんかほほえましいです。マキァヴェッリってカワイイですよね?
    「チェーザレ」での彼は何だかおとなしめだけど、私のイメージはもっと陽気ではっちゃけてる感じです。

シニガリアの地図、お役に立ててよかったです。
本によって微妙に違うことが書いてあって混乱するのですが、マキァヴェッリの報告書を信頼して描きました。それが1番正確ですよね、きっと。

この華麗なる逆転劇は大好きなので、とっても嬉しいです♪
チェーザレのチェーザレたる器量がいかんなく発揮された事件だと思うので。
本当にそうですよね!私も大好きです。胸がすきます。

  • tomir さま
    ローヴェレとロドリーゴを足して割らない上司って!!怖いです~~。絶対に逆らえなさそう。すごい人がいるものですね!(笑)
    チェーザレも長生きしていたら、ロドパパみたくなったんでしょうか?なったんでしょうね~。残念ながら!
    チェーザレって、美形だったように言われているけど、ピントリッキオ作の肖像とかすごいイヤな顔の子どもじゃないですか?こにくらしく神経質そうな感じ。

「情報量と内容が濃い」と誉めていただいたのに、真似っこ絵の更新なんかでスミマセン・・・。

  • ねこねこ さま
    お久しぶりです。
    私は左下の壁の苔部分が気に入ってます!




2010-08-17

ミゲルとチェーザレ

雨上がりのミゲチェ。

2人の絵を描いてみました。久しぶり。
オタク作業は楽しい。でも肩と首と腰と手が痛い。
メインの人物よりも、背景頑張ってみたよ。

← クリックすると拡大します!


更新

上のイラスト。
関連エピソードのページとGALLERYに置きました。
気に入ったから(今のところ)、ここにも置いてみた!
チェーザレのマント、左右逆になっちゃった。私はこういうケアレスミスが驚くほど多い。アホなんだな。可哀相。




2010-08-16

チェーザレはまだか!

今週発売の「モーニング」が38号。
と言うことは、再来週には「チェーザレ」再開!?40号からだったよね??
9月2日、チェーザレに会えるのかな~?
惣領先生のサイトの更新、5月から止まってるけど・・・。心配。


更新


WEB拍手レス

  • たのぴ さま
    マキァヴェッリがミゲルをフィレンツェ市民軍の司令官に任命したのは、間違いなくミゲルの優秀さを知ってたから、ですよね!
    それってやっぱり、マジョーネの乱時の交流で見抜いたんでしょうか。
    あ、惣領版ではすでに見抜いてましたね!

ジョヴァンニ、重要人物ですよ~!
世界史の教科書にも、アレクサンデル6世の登場はなくとも、レオ10世は絶対にいますもの。
でもそこら辺の物語が、惣領版で描かれることはないですよね。ちょっと残念です。でもチェーザレの登場しない世界は、もういい、って気持ちでもありますな~。

  • echigo さま
    「ミゲルとお出かけの巻」、ぜんぜん違うテーマで勝手に盛り上がってしまってすみませんでした。反省してます。ちょっとだけ。えへ。

2人乗りの乗馬って、騎手の後ろに乗るものなんですか!
え~そうなんだ~。前に乗りたいですよね!?子どもだったら、前に乗れるのか~ううむ。

>ちなみにチェーザレ様とミゲルなら、乗り方を見るかぎりミゲルに乗せてもらうことをお勧めします!
それは、ミゲルの馬術の方が上ってことですか?それは漫画での描かれ方を見て、ですよね?
そんな見方ができるなんてすごいです!!よりいっそう楽しく読めそう。

シニガリア事件、読んでいただいてありがとうございます。長いのに・・・。
もっと簡潔にわかりやすく書けないのかと反省しております。でも難しい・・・。精進します。

ガンディアのボルジア邸、いいですね!!
ヴァレンシアから電車で1時間って、わりと行きやすいんじゃないですか?ダメ?
内部の見学もできるし、スペイン語ガイドツアー(英語のちらし付)もあるみたいですよ!素敵くないですか~!??

  • マキ さま
    メールありがとうございます!
    どうされてるかな~、こちらからメールしようかな~と思っていたところでした!(筆不精で・・・スミマセン。)
    改めて返信いたしますので、少しお待ちください!!




2010-08-15

インセプション

映画「インセプション」を観ました。
おおおおおおもしろかった!!!
すげえ楽しかったです。ちょーっと長かったけど。

何と言っても見どころは「設定」です。設定のおもしろさ。すごーく作りこまれた、独創的な。
それをあますことなくうま~く利用して掘り下げて、なんちゃない話を面白く、感動的に作り上げてます。発想力と想像力と創造力。
うまい!!!

いいね!ドキドキしました。ちょっと岡嶋二人の「クラインの壷」を思い出します。「死んでみないとわからない」。
あ~、モルとの愛もせつなくていいです。うるっとくるよ。父子間のものも。作られたものでも!
そしてあの終わり方。
もうイヤらしいよね~!ドキンとしたもん!!
くそう、感嘆。
しかしアメリカ人は、どうにもカーチェイスを盛り込まないと気がすまないのか。

原作が読みたくて、速攻下の本屋さんに行ったら、ありませんでした。
英語版しかまだないみたい。英語かあ。ううむ。


WEB拍手レス

  • たのぴ さま
    >チェーザレみたいな頭の切れて、しかも短気で、わがままな主君に仕えるのは、相当大変だと思います。
    そうですよね。気力、体力、忍耐力の他にも、臨機応変な対応力とか決断力とか要りそうですもんね。
    ミゲル・・・大変だ。

  • たかのつめ さま
    バナー、気に入っていただけて良かったです!
    と言うより、勝手に作っちゃってすみません・・・。文字だけだと淋しいかと思ったので・・・。

ミゲル、和服が似合いますよね!チェーザレは同じ黒髪でも、ちょっと違いますね、確かに。
私も幼少時の2人が大好きです!!
超可愛いですよね。どっちもまだ純だし。素直だし。
また登場して欲しい!
・・・いや、話が進んだ方がいいですね!




2010-08-14

チェーザレの弁舌

マジョーネ同盟の一員であったパンドルフォ・ペトゥルッチを、シエナから放逐したいチェーザレ。マキァヴェッリに対して、フィレンツェの助力を要請します。

「パンドルフォを追い出せればシエナへの派兵の必要がなくなる。そうしたら私の軍はルイ12世のために使えるようになる。
それはつまりフィレンツェの庇護者であるフランスのためになり、ひいてはフィレンツェのためになるのだ。」

これはあんまりな詭弁じゃないですかね~?(苦笑)


更新

  • 1503年?
    ちょっとだけ書き加えました。
  • シニガリア事件
    ちょっとだけ推敲。
    更新の箇所とか仕方がバラバラですみません。




2010-08-13

ミゲルの弁舌

チェーザレがシニガリアへ入る時。
ヴィテロッツォと両オルシーニはチェーザレを出迎えますが、オリヴェロットは自軍を教練中でいませんでした。
彼らを一気に捕らえたいチェーザレは、ミゲルにオリヴェロットを呼びに行かせます。
この時、ミゲルが口下手で、少しでもオリヴェロットに不審を抱かせたなら、少なくともオリヴェロットは逃げおおせることができたかも、と思いませんか?
なのに、微塵も疑うことなくホイホイとミゲルに追従しちゃったオリヴェロット。
「人をたらし込む天才」とミゲルはチェーザレのことを言ってますが(「チェーザレ」Virtu 12)、ミゲルも相当だよね。
平然とアンジェロに嘘ついてるしね。(「チェーザレ」Virtu 16)
それともオリヴェロットが単純バカすぎたのか。


更新

  • シニガリア事件
    その後、の部分。まだ続きます。そして推敲します・・・。
    いい加減な書き方ですみません・・・。


WEB拍手レス

  • tomir さま
    はじめまして!
    惣領チェーザレもいいですけど、塩野チェーザレもいいですよね。どっちも大好きです。
    でも惣領チェーザレ、まだ塩野版の冒頭にさえ行き着いてないんですよね・・・。
    ほんと、シニガリア事件などが見られる日はいつになるんでしょう。
    私もリアルタイムで事件を見届けていたマキァヴェッリが羨ましいです!代わってほしい~。
    「使節報告書」を読むと、チェーザレの真意をつかみたくて四苦八苦しているマキァヴェッリが見えて、おもしろいです。




2010-08-12

ボルジアドラマ

1981年にイギリスBBCで放映されたドラマ「The Borgia」のDVDを入手しました。
これ・・・字幕が一切ありません。50分 × 全10話。・・・観終わるのいつだ。

このドラマのアスカーニオ・スフォルツァ、惣領版のと似てます!


更新

  • シニガリア事件
    捕縛、の続き。
    チェーザレのシニガリア入城の様子がよくわかるように、地図を描いてみました。文章で読んでも、今いちよく状況が掴めないから。私が。
    現在の河の形、橋、城塞、ベルナルディーノ館の位置、をもとにして、
    マキァヴェッリの小論を参考文献にしています。




2010-08-11

リンクありがとうございます!

CONTACT & LINKに新たな素敵ブログ様が加わりました。
帝国周辺伯のためいき。 様です。オリジナルのチェーザレ漫画が見られます。かわいい絵柄の黒いチェーザレがいいです。


WEB拍手レス

  • たのぴ さま
    暑いですね~。
    クーラーつけっぱなんで、来月の電気代が怖いです。
    フィレンツェが舞台だという映画「眺めのいい部屋」。おもしろそうですね。綺麗そう、画面が。
    ミゲルがサヴォナローラの演説を見ていたサンマルコ広場、「チェーザレ」の漫画そのものなんですか!もしかして参考にしたのかな?観てみたいです。今度レンタル屋さんに行ったら探してみます!


  • haru さま
    ルクレツィアの部屋、豪華そうですよね!きっとドレスや宝石で一杯だったでしょう!
    現代日本にルクレツィアがいたら、絶対読モとかになってると思う!おしゃれバカだものね~。(けなしてるのではありません。)

幼なじみっていいですよね!
この前の妄想の続きをするならば、
ローマのボルジア家に到着後、
女児ながらすごく頭のいい子だということが判明し(サヴィオ相手のチェスに数手で勝つ、とかいうようなエピソードを入れて下さい)、
チェーザレ様の勉強相手をすることになります。もちろんミゲルと3人です。
おおう両手に花!!
そいでミゲル相手に幼い初恋とかしたりして、ペルージャに行ったミゲルと手紙のやりとりとかしたりすんの。
で、教皇選が近づき、裏工作のためにピサとの連絡が必要になるんだけど(書簡では足りない用事なのです)、おおっぴらに動くことはできないから、「優秀だけど女(しかも子ども。チェーザレたちよか2つ下くらいの設定でお願いします。)」であることで密使としての白羽の矢が立ち、チェーザレ様の元へ向かうことになるのでした・・・。
2年ぶりの再会!!
確実に「綺麗になったな・・・」ってセリフがありますよ!!
・・・なんか2次創作的になってきましたね・・・。

遠乗りっていいですね!騎手の前に横座りしてね!
でも漫画の絵を見てると、あの鞍は1人しか乗れないですよね。2人で乗るときはどうすんだろ~。


  • echigo さま
    echigoさまの問いかけから、調子づいて上のような妄想にまでいたってしまいました。すみません。でも楽しかったです!
    「到着地まで身柄を拘束出来る船旅」っていう表現が怖い(笑)です!

ミゲルはチェーザレの不遜なとこも卑屈なとこも、全てまるっと理解して受け入れてますよね。
「あれが恩寵か」というセリフによく表れてると思います。
アンジェロへの言葉「いずれチェーザレに失望する」と言うのも、「真からチェーザレを理解できるのは俺だけ」みたいなニュアンス含かよ、と思えてしまいます。ま、これは考えすぎですね。

ボルジアカレンダー、ちょびちょびと書いています。誕生日埋まっててよかったです!
私の誕生日は相変わらずな~んにもありません。哀。




2010-08-09

来てくれてありがとう!

ランキング1位画像。

リンクさせていただいている某サイト様で集計されているアクセスランキング。
ある日の結果がこのように → 
なっていました。
おおう。びっくり。嬉しい。
ありがとうございます。皆さまのお蔭です。


更新

  • 関連アイテム
    ロドリーゴ・ボルジアからロレンツォ・デ・メディチへの手紙。
    惣領冬実「チェーザレ」Virtu 67、メディチ邸での晩餐会でチェーザレが言及している「ボルジアがメディチに受けた恩義」に関する手紙です。
    もっと早く載せるつもりだったのに、遅くなっちゃった。




2010-08-06

猫愛

ネコ毛ゴム~。

これ・・・この右の画像、何だかわかりますか? →
ええ、髪結ぶゴムです。
ちょっと季節外れなボンボンがついてますね。

このボンボン・・・
なんと!
うちの猫ズの抜け毛で作ったものです!!
すごいっしょ!?
汚くないよ、ちゃんと洗ってるから!今日から使ってやるぜ!

ギュウ。
トロ。

ちなみにトロ(左)とギュウ(右)。可愛いっしょ!ええ、親バカですとも。
黒っぽいのがトロの、グレイのがギュウの毛です。

この時期アホほど出るにゃんこの抜け毛。こんな利用法があったとは!ナイスアイディア。自分ブラヴォー。
と思ったら、世間は広し、もうそういうことのスペシャリストの方がいらっしゃいました。「ネコ毛フェルトクラフト」だって。本まで出てます。

すごいなー。




2010-08-05

明日

8月6日は友だちの誕生日です。
この日はカリストゥス3世の崩御日。・・・生まれ変わり?


更新


WEB拍手レス

  • echigo さま
    >ミゲルと一緒にどこか行けるとしたらどこが良いですか?私は、個室に露天風呂がある温泉に2泊3日で行きたいです!!
    なんですか、この素敵質問。超悩みますわ~。
    ん~とね、私はボルジアのスペインの傍系の娘に生まれて、
    家が没落し両親も亡くなって、
    ミゲルと同じ捨子院に引き取られ、
    チェーザレ様のお相手を探してたサヴィオに発見され、
    ボルジアの血を受けてる娘だから引き取られることになって、
    ミゲルとともにコロンの船でイタリアまでの旅をしたいです。
    あれ?なんか質問の意図からズレてます?
    だってなんか、どこで何してたって、ヤツはチェーザレ様のことしか考えなさそうなんだもん!(=楽しく過ごせなさそう。ちっ。)

ミゲルの書いたものとか、何で残ってないんでしょうね!!どっかに1つくらいあってもよさそうなのに。
マキァヴェッリのもとに「悪魔のような形相」で怒鳴りこむ原因となった、勝手に開封された手紙とか、どこに行ったんだ!?

>virtu21で、「キリスト教世界で自分は存在しない」と言いながら、本音は「ふざけんな」と言うチェーザレ。
virtu66での「運命だからだ」発言は、認められない存在のはずの自分が司教になっている、どんな経緯があるにしろ、それが「運命 → 事実だろ」という、もの凄い上から発言なのでは!!
わ~、なんか難しいです。
でも確かにあの言い方は「上から」な感じしますね。うん、この解釈、好きです。チェーザレらしい。オレ様チェーザレ。
庶子であることは、生半可ではない屈託がある。その屈託と不遜な性格とがせめぎ合ってはいるけれど、しかしやっぱりオレ様な性格が勝つんだ。いいですね。やっぱチェーザレはオレ様じゃないとね。




2010-08-04

気づけば8月

しかももう4日!?早ええ。


WEB拍手レス

  • haru さま
    イタリア語を勉強されてるんですか!素敵です~。
    「チェーザレ」の伊語版など、読めると楽しさ倍増ですよね。羨ましいです。

「ダラダラ」とか「クラダラ」って名前の城塞。
「グラダーラ Gradara」のことじゃないでしょうか?
ペーザロの近くの街(村?)で、そこの城塞には「ルクレツィアの部屋」が残ってるそうです。モンテグリドルフォとはまた別のやつです。
ここも旅行ガイドを作りたいなあ・・・。て言うか行きたいなあ・・・。

ヴェネツィアって何だかすごい国ですよね。
時間ができたら、塩野本など読み込んでみたいです。

  • ラファエラ さま
    モンテグリドルフォの城塞ホテル、泊まってみたいですね!
    でも、周りには他にな~~~んにもなさそうです。
    どっかのホテル予約サイトのページのレヴューに、
    「ホテルのサーヴィスはとても良いが、ホテルを出るとすることがない」
    みたいなことを、どっかの外国人が書いてました・・・。うーん。

合宿、お疲れ様です。
修道院で行われるキリスト教の合宿、ってなんだか聞くだけで雰囲気がありますね。敬虔な気もちになる感じです。

  • ミルクティー さま
    チェーが「最愛のミゲル」に与えた城塞「モンテグリドルフォ」。紹介パンフを書いた人を称えたいですね!なんて素敵表現。
    ミゲルの存在がなかったら、チェーザレという人物の人気はここまでじゃなかったんじゃないかと思います。彼らの関係は、をとめ心を掴みますよね!BLの意味じゃなくても。

私も友人たちに頑張ってチェーザレ布教しましたが、小説まで読んでくれたのは3人だけです・・・。でも、そのうち1人はけっこう深くはまってくれました!
チェーザレのことを語り合える人がいてくれると楽しいですよ~!!

  • たかのつめ さま
    はじめまして!ようこそです~。
    でも実は、私の方は「はじめまして」ではなかったりします。たかのつめ様のサイト、存じ上げていますから!
    名前を拝見して、びっくりしてしまいました。
    10年以上もの、筋金入りチェーザレファンの方に見ていただくのは、非常に恐縮っていうか恥ずかしいかぎりです。私はほんと、ただの付け焼刃知識を書いてるだけなので・・・。

私もウルビーノ公グイドバルド、好きです。あの弱々しい感じが、チェーザレに苛められる役にピッタリだと思います。って、そんなこと言ったら怒られてしまうかしら・・・。

ボルジアボードゲーム、「ウルビーノ」の領主は「ローヴェレ」になっています。ちょっと時代がずれてますよね。でも、サイトを拝見するかぎり、もしかしてローヴェレでも良し、でしょうか?(フランチェスコ・マリア・デッラ・ローヴェレもお好きなようなので!)
モンテフェルトロ」のカードもあります。が画像はフェデリーコです。
ボルジアやその時代を好きな人々が集まってこのゲームがやれたら、楽しいでしょうね~!!

こんなサイトでよかったら、ぜひぜひ、またのぞいてください。
メッセージをありがとうございました!






1442 1 0

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional