チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

更新日記・・・2009年5月

更新日記 2009年5月

管理人はただいま(5月25日〜6月15日)イタリア旅行中です!
よって、メニュー「更新日記」の下の「旅行日記」を、現在更新中です!

※「旅行日記」は「旅行ガイド」の中に収めています。
→ 旅行日記へ


2009-05-25・・・2回目

成田です。ネットにつなげたよー!
よかった!ってまだ、日本ですもんね、つなげられて当然ですね。
もうすぐ搭乗です。行ってまいります!

2009-05-25

朝の3時15分です。またも眠れない・・・。遠足前の小学生?
夜が明けたら出発なのに・・・。ま、飛行機で寝りゃいいか。

「チェーザレ」2巻末、原基晶講師の講義「ダンテ「神曲」」を読むと、今の「チェーザレ」の展開に、ちょっと合点がいきました。

いわく、
「(「神曲」には)現代に通じる過激な思想、平等概念がある。ダンテは貴族制度という血統による身分や、聖職制度という教会に有利な身分制による高貴さを否定し・・・(以下略)」

「これから、若きチェーザレやジョヴァンニが、この世界文学の古典から学んだことを携えて、実際に過酷な時代をどのように生き、どう世界を変えていこうとするのかが、展開されることになる。」

「世界を変えていく」ことを展開の中心に据えるのであれば、そりゃあ、「それまでの世界がどうであったのか」を詳しく描写する必要があるよね・・・と思った次第。
どうですかね?

2009-05-24・・・2回目

  • 関連書籍?
    「バチカン 超時空の聖都市」のレヴュー。DVDです。
    映画「天使と悪魔」に登場するヴァティカン古文書保管室の本物が見られます。ガリレオの裁判記録も。
    まあ、ちらっとだけど。チラリズムに萌えてください。

今ちょうどテレビでヴァティカンのことを言ってました。
ヴァティカン市国が640億の巨額を投じ、(ローマ近郊?のどっかの村に)(すみません、ちょっと聞きもらした。というか忘れた)大規模太陽光発電施設を建設するそうです。
余剰電力はイタリアに売るんだって。
加えて、廃棄物からメタンガスを作り出すシステムにも着手しているらしい。
クリーンエネルギーへの投資。
すごいなヴァティカン。

2009-05-24

朝の4時半です。なんか寝れん。そしてイタリアへ発つのは明日なのに、準備が・・・まだ終わってない・・・。

「旅行って、行く前の計画や準備が楽しい」と言う人がいますが、私はぜんぜん好きじゃないです。めんどい。
と言うか、旅行自体、そんな好きじゃないんだ!ほんとは!
だっておうちにいるのが大好きな、引きこもりちゃんなんだもん、基本。

旅行ってパワーいるじゃないですか。気力とか体力とか。
疲れるんだよ・・・。
てれてれたらたら生きていたいのです。てれんぱれん、と。
だから、明日から、楽しみだけど、めんどくさい。50%50%くらい。

でもね!お金と時間と使って行くんだからね!
引きこもりのカリスマとなって、頑張ります。

  • たのもう! さま
    たのぴ、さま、私も名前を活用させてみました。道場破りふう。
    ゴルゴ13がお好きとは、たのぴさんは、どうも黒髪で冷静沈着で武器の扱いの上手な人がタイプのようですね!でもそうそういないっすよ、そんな人!(笑)
    でもまゆげは10倍くらい差がありますな!

2009-05-23

  • ayami さま
    おっしゃるとーり、頭の中も心の中もイタリア一色です!
    その割には準備が進まない・・・。
    帰国してから「あー、あそこに行ってない、あれも見てない」とかいっぱい出てきそう。行く前から「もう1回行かなきゃ・・・」と思ってます。えへ。
    トレヴィの泉にコイン投げてこんとね!(そうすると再びローマへ来る、というジンクスがあるのです。)
  • たのっぴ さま
    こんばんは!複数の名前を使い分ける女、たのっぴさま。ゴルゴ13のようですな。(ん?ゴルゴってそんなんじゃなかったっけ・・・?ごめん、よく知らんのにイメージで言いました えへへ。
    今週号モーニング、買わなかったって・・・なんて思い切りのいい!でも気もちわかります〜。早くシエナに行こうよ〜。もう8月になるよ〜パリオ始まるよ〜

イタリア行きに際して、ぜひ影のようによりそうボディーガードをつけていただきたいものです。そいで、危険な状況になったら、ナイフ投げてくれるんでしょ?い〜ね〜。新聞沙汰だね〜。
あーでも、私、3週間「モーニング」読めないんだな〜。悲しい!でも戻ってきたらもうカノッサ話(ひいてはダンテ話)は終わってるかな?終わってなかったりして・・・

2009-05-21

早く、生きて、動く、チェーザレが見たい!!!!
もうハインリヒもグレゴリウスも嫌い〜嫌い〜。ばか〜

  • ユキボン さま
    いつもコメントありがとうございます。感謝です
    イタリアはあまり治安がよろしくないと聞くので、ほんと、気をつけたいと思います。ガイドブックにも他のヨーロッパの国にはあまり見られないくらい「スリに注意!」とか書いてあるし。

3年前ローマに行ったんですけど、その時地下鉄の中で、10歳前後くらいの子どもたち(白人の普通の身なりの子どもらでした。)のスリ集団に遭遇しました。

ヴァティカン〜テルミニ駅間のどっかで、5人くらいの子どもたちがわーっと乗車してきて、その中にリュックを正面に背負った女の子がいました。
彼女が、リュックを私に押しつけるようにして、ぎゅんぎゅん寄って来るので「なに!?」と驚きつつ、ふと斜めがけにしてたカバンに手を伸ばしてみたら、別の子がすでにファスナーを開けて、中から化粧ポーチを取り出してたんです!
(用心して財布の上にそのポーチを置いておいたのです)(でもだからって、化粧ポーチでも盗られたらイタイっすよ!)
思わず反射的にはたいたら、その子はポーチを取り落とし、「あ、失敗!!」と判断したらしい彼女らは、ダッシュで降りていきました。
扉が駅で開いて閉じるまでの一瞬のできごとでした。
すんごいびっくりした!!

なんかほけーっとしてめでたい顔したカモに見えたんだろうなあ・・・。くそう。
ちなみに一緒にいた人も、同時に別の子らに囲まれてたそうで。(私は自分のことでいっぱいで気づかなかった。)
でも持ってたバッグがプラスチックのなんか変なやつだったので、スリ集団は開け方が判らずおたおたし、そちらも事なきを得たのでした・・・。

普通に裕福そうな、しかも10歳くらいの子どもたちが、どうして!?病んどる!!と、けっこうショッキングでした。
ローマ・・・危険!
あとなんでか、えらい救急車が走ってた、というのが思い出です・・・。

ほんと、油断しないように気をつけます!
チェーザレ似のかっこいいにーちゃんが声かけてきても、我慢します。ついて行きません!ミゲル似だったら・・・いやいや自制心自制心。でもいいですね!ミゲル似のにーちゃん!いないかねえ! ←大丈夫か?
いや、大丈夫です、私はヘタレなので怖いことはしません。手負いのトラのように警戒しときます。
問題なく楽しく終わりますように!

2009-05-20

  • 関連書籍?
    「ボルジア家の人々 下」のレヴュー。
    レヴューや更新日記での言葉遣いが、常体(だ、である調)だったり、敬体(です、ます調)だったりしますが、これはその時の気分ていうかノリでテキトーに書いてるからです。
    気になる方がいらっしゃったら、すみません。
    いや「ボルジア家の人々」のレヴュー、「上」が敬体で「下」が常体になってっから、気になって。
    ・・・気にしてんの、自分かい。
  • 無記名の方
    「チェーザレ似の長髪色男の写真」って・・・そっち!?
    私は純粋に建物や景色の写真を・・・と思ってたのに・・・。びっくりした!
    でも撮ってきます!(笑)ミゲル似もね!
  • ねこねこ さま
    インフルエンザ気をつけます!ありがとう〜

2009-05-19

福山(雅治)のパーマ、あれ・・・ありなの?ヘンくない?

  • 関連書籍?
    「ボルジア家の人々 上」のレヴュー。
  • ねこねこ さま
    イタリア旅行はツアーじゃなくて完全個人旅行です。1人で行きます。だって誰もこんな酔狂なことにつきあってくんないもん。しかも3週間も。
    「途中の1週間くらいなら一緒してもいいよ〜」と言ってくれる人がいたけど、日にちが合わなかったの。残念。さみしい。

2009-05-18

  • オヤマロ さま
    ジョヴァンニ(デ・メディチ)を「小人」だなんて!閣下に失礼ですわよ〜!破門されますわよ〜!

えー、ワタクシ、来週月曜から3週間、イタリアへ行ってきます!!
ミラノからエミーリア街道の街(ボローニャ、フェラーラ、イモラ、フォルリ・・・)を巡り、フィレンツェ、ピサ、シエナ、ローマ、ナポリと行く予定です!!
もちろん、チェーザレ周辺をたどる旅です!うふふふふふ!!

その間、更新は滞ると思いますが、向こうにパソコンを持って行くので
(ネットブック買っちゃった・・・。デジカメも。私、このHPやりだしてから、か〜なりな散財してる!コンテンツに「チェーザレ費用」と作って記していきたいくらいだ!)、
更新日記のかわりに旅日記を書きたいと思ってます!
そんで、帰国してからまた新しくコンテンツ増やすの。「トラヴェルガイド」とかなんか題して。チェーザレゆかりの地をガイドブック的に紹介するの。
い〜ね〜!!

問題は向こうでちゃんとパソコンをネットにつなげるかどうか、です。
無線LANで、カフェなんかでつなぐ練習をしてるんだけど(これも今マックで書いてます)、とにかく私はパソコンと相性が悪いのですよ!!
と言うか、パソコン周辺のことを、ぜんっぜん、わかってないんです。

今、こんなHPとかやってっから、毎日パソコン開いてるけど、それまでは月に1、2回立ち上げるかどうか、くらいだったんです。ほとんど使うことなかったの。だから関する知識もまるでないの。
「行く前にLANケーブルを買っといた方がいい」って言われて、
「らんけーぶるってナニ・・・?」って感じでした。今はわかってるよ!たぶん!パソコンを、壁に空いてる穴とつなぐヒモでしょ!?
もし、来週から旅行日記が更新されなかったら、
「ああ・・・つなげなかったんだ・・・かわいそうに・・・」
と思ってください・・・。
でもがんばるよ〜

ちゃんとつなげますように!
あと病気とかケガとかしませんように!
怖い目にあったりしませんように!
たのむよ〜。
チェーザレ、降誕祭のミサで、ついでに祈っといて!

2009-05-17・・・2回目

友達と話してて「小人閑居して不善をなす」って言ったら、(なんでこんな言葉出たんだろう?・・・話の流れを忘れちゃったけど・・・変なの!)
「え!?それイタリアのことわざ!?」って言われました。・・・・・・。
私の脳内、チェーザレ関連のことだけで、できてるわけじゃないんだけど・・・。(苦笑)

※ちなみに中国のことわざです!(出典は「大学」(儒教の経書)だって)

2009-05-17

  • 教会と社会
    新しくコンテンツつくりました。
    教会と教皇関係をまとめて、あと中世社会のしくみの図解を載せようと思ってます。
    ・・・なんか世界史の資料集みたくなってきたな・・・
    チェーザレ周辺にもほどがある?
  • ボルジアカレンダー
    ボルジア家で起こったことを、1年365日のカレンダーにしていきたいと思います。
    ・・・ゆっくりやるから、気長に待って・・・

2009-05-16

  • 教会のヒエラルキー
    作っといてなんですが、こんなページはあんま必要じゃなかったかな・・・。
    でも用語解説の「教皇」「枢機卿」「司教」「司祭」を説明するのにいいかと思って。

「天使と悪魔」観ました。
う〜ん。期待が大きかったからかな〜、ビミョーだったかも。おもしろくないことはないんだけど。1回も時計見なかったし。
原作を読んでるから、わくわく度が低かったかもしれない。

コンクラーヴェの、投票用紙の扱い方が見られたのは嬉しかった!
あとサンタンジェロから教皇執務室へつづく回廊!!あそこをチェーザレも通ったのね!!いいなーラングドン教授!(←主人公)私も通りたいよ〜!

ヴァティカンの記録保管所とかネクロポリスは本物なんでしょうか??システィナ礼拝堂は本物よねえ?
ラストのタイトルロールに、「協力:ヴァティカン市国」とか出る??と思って一所懸命見てたけど、なかったと思う・・・。セット&C Gかにゃあ?

  • ち〜 さま
    にゃんこと航海。いいでしょ!!
    HP開設、楽しみにしてます!
  • ayami さま
    直子=小西真奈美
    緑=坂井真紀
    え〜!!歳いきすぎじゃない〜。う〜む。
    考えてみました。
    緑=上野樹里
    直子=長澤まさみ
    どう?去年のドラマの「ラストフレンズ」になってるね。
    あ!でも「ラスフレ」つながりで、
    ワタナベ=瑛太
    いいじゃん!ダメ?
     ↑ 映画「ノルウェイの森」のキャスティングの話です・・・。
  • ねこねこ さま
    そうです。GALLERYの本がイタリアから取り寄せた本です!苦労した。金かかった!

※ 現在は関連書籍のページに載せてあります。

2009-05-15

「ノルウェイの森」が映画化だって!!イヤー!!複雑!!
(私は一時「愛人になりたい!」と願うほど村上春樹が好きでした。)
しかも菊池凛子が直子〜?緑の方があってない??
松山ケンイチがワタナベくんか・・・かっこよすぎる・・・。
あー、超フクザツだ。「チェーザレ」アニメ化とかなるくらいフクザツだ。いや!!「チェーザレ」の方がフクザツか!!

  • マリー さま
    映画「天使と悪魔」のおかげ?で、確かにヴァティカン&ローマ番組が多いですね!うれしいかぎり。
    私も明日「天使と悪魔」見に行きます!!ヴァティカン、枢機卿、コンクラーヴェっすよ!楽しみ〜

2009-05-14・・・2回目

  • tanopima さま
    「アンジェロ」って呼びかけたら「チェーザレ様」と言ってもらえるように、縦ロールパーマでもかけようかな!
  • ユキボン さま
    2ちゃんに宣伝してくださったの、ユキボンさまなんじゃないかな〜、とちょっと思ってました!なんか言葉遣いが似てたから・・・。
    ほんとにありえないくらい褒めていただいて、畏れ多いです。ありがとうございます。
    私も2ちゃん、時々見てます。みんなが「チェーザレ」のことを好きで応援していて、気持ちがいいです。あんま変な人はいないし。書き込みが進まないのが淋しいけど。

2009-05-14・・・1回目

「モーニング」買うと、家までの道のりはどうしても小走りになりますね!トイレ行きたいんかい!みたいな。
私は店頭ですぐに開きたい気持ちを抑えて、目次のみ「チェーザレ」の存在を確認して(アホなので、きっとそのうち「モーニング2」とか間違えて買いそうだから・・・)、家に帰ってからゆっくり読む派です。
別に我慢せずに立ち読んで、落ちついてから買って帰ればいいのにね。
ちょっと1人SM。

今週号は・・・なんか・・・挿し絵つき説明文、ですね・・・。
世界史が好きで、「チェーザレ」が好きな人たちは、まあおもしろく興味をもって読めるけど、そうじゃない人は「なんかだんだんおもしろくなくなってきた」と思うんじゃないかと心配。
そして、「モーニング」の主な購買層であろうサラリーマンの方々は、読まずにすっ飛ばすんじゃないかと心配・・・。
読んで!!お父さんたち!!おもしろいんだから!!課長ばっかり見ないで!!
(あ、もう全然課長じゃなかった、社長か!しかも今週は載ってなかった!)

あ〜でも早く躍動的なチェーザレたちを見たいよ!

今からシレンツィオさんの絵描くっす。今日の更新に間に合うかな〜
(小さいことでいいから、なるべく1日1更新したいのだ〜。)

2009-05-13

市原隼人は小西真奈美の弟、っていうような顔してませんか。似てる。
明日は木曜〜「モーニング」〜。るるる〜。

  • ねこねこ 様
    にゃんこはね〜可愛いけどせからしかですたい!(何弁?)
    猫のいる生活、プライスレス せからしい! ですよー。
  • たのぴ 様
    仕事中に何やってんですか〜(笑)
    ええ、うちのにゃんは大物です!
    アンジェロ風髪型、ブリーチして金髪にしてほしい〜!アンジェロって呼ぶから!!

2009-05-12

  • 関連書籍?
    中田耕治著「ルクレツィア・ボルジア 下」のレヴュー。

猫バカ&チェーザレバカな話。
(どーでもいい話なので、読まない方が賢明かも・・・)
うちには2匹のにゃんこがいるんですが、若い方(まだ1歳未満)のにゃんは、入浴中、お風呂場に入ってくるのが好きです。
洗面器の中に入れて、そのままゆっくり持ち上げ、湯船に浮かべてやると(もちろん手で支えている)、嬉しそ〜にお湯を飲んだりします。
どんぶらこ〜と揺らしても、全然怖がりません。なので、
「コロンの船に乗りましたね〜」
「さあ〜ヴァレンシアの港を出ますよ〜」
「あ!嵐が来るよ!!」 ←ここで洗面器を左右に揺らす。お湯を飛ばしたりもする。
「あ〜無事に過ぎたね〜。船酔いは大丈夫ですか〜」
「チェーザレ様はギュウ(猫の名前)のことを気に入ってくれるかね〜?」
とか、言って、バカ丸出しで遊んでいます。飽きたら、
「さあ、オスティアに着きましたよ!」
と洗面器を上陸させ、「ボルジア家で頑張ってね!」と猫を風呂場から追い出してお終い。
なんか、文章にすると、ほんっとに・・・イタイね・・・。
私・・・かわいそうな人・・・?
でも楽しいんだよ〜
ちなみに、「チェーザレ、フランスへ向けて出航」バージョンもあります!

2009-05-11

ここ4、5日、アクセス数がすごく増えてて、なんでだろ〜と思ってたら、2ちゃんねるの「チェーザレ」スレに、誰かが宣伝してくれてた!
びびびびびびっくり!!
しかも、ありえないくらい、ほめてあった!
どうしよう!!おろおろおろ・・・。
その後、悪口とか書かれてるんじゃないかと思ったら、意外とみんなスルーしてた・・・。よかった・・・。
ああ、びっくりした。なんかびっくりしすぎて、脳から変な物質出てた。絶対。
どこのどなたが存じませんが、ありがとうございます〜。
畏れ多いです〜。

  • 関連書籍?
    中田耕治著「ルクレツィア・ボルジア 上」のレヴュー。
    私はホアン暗殺は、チェーザレが犯人でいいと思うんだけどなー。
  • 蚊取犬 様
    13歳で塩野七生を読み込むなんて・・・早熟ですね〜!!
    私なんかその頃、コバルト文庫しか読んでませんでした!
    これからも頑張って、サイトの充実を目指したいと思います。
    占いも楽しんでいただけて?嬉しいです。
    ありがとうございました!!

2009-05-10

  • ユキボン 様
    ユキボン様も惣領先生からお返事をいただいたことがあるそうです!すごいなー。先生は筆まめ?
    ほんと、ストーリーの停滞はじれったいです。だって、物語のはじまりは11月ですよ!(1巻の冒頭に書いてある)まだ2ヶ月しか経ってないなんて!フランチェスコは短期間にメタボりすぎですよね!!
    作品をリアルタイムで読めることは嬉しいけれど、後世の人々が、一気に読めることを思えば、それはそれで羨ましいと思ってしまいます。
    ああ、そうだ、展開の遅さがじれったいというよりも、少しずつしか読めないことがじれったいんですよね。すごくすごく、楽しみにしてるだけに。
    「子ども時代のチェーザレ・ミゲル」の絵、ほめていただいて嬉しい&恥ずかしい気持ち・・・。ありがとうございます!!

2009-05-09

  • 人物紹介
    ホアン・ボルジア(サヴィオ)について。
    書き直しというか追加しました。
    2人のホアンと2人のペドロ・ルイスは、ほんっと資料がない。あっても信じていいのかわからない。むっきー。

髪切りました。脱!楠田枝里子。
栄倉奈々風ショート〜と思ったら、あの人、なんだっけ、探偵ナイトスクープの司会の女の人、・・・岡部まり、だ!あんなふうになりました。・・・・・・。もういいや、なんでも。
美容室で「いいね〜大満足!」って思ったこと、人生で1回くらいしかない。なんで?素材が悪いからか!

2009-05-08

  • 人物紹介
    ミゲル・ダ・コレッラについて。
    テキトーに書いてたのを、書き直しました。

ミゲルと言えば、惣領版「チェーザレ」で、彼がしょっちゅう腕組みをしているのが、気になります。
今週号の、ランディーノ教授の話を聞いてる時にもしてるし、
Virtu 52 でフランチェスコたちが、装束を広げて見てる時もしてる。
他にも、
Virtu 51 でアンジェロと話してる時、
Virtu 45 でチェーザレと話してる時、
など・・・。

なんでこんなこと気にしてるかっつーと、腕組みって、西欧諸国においては、すごく失礼っていうか、不遜な態度、「お前の話を聞く気はない」という気持ちを表明するしぐさ、らしいからです。

この間ローザンヌに行ってた家族が、外国人たちと文化の違いについて話していた時、リトアニア人が
「日本ではわりとOKだよなー(腕組みは)。」
と言っていた、とタイムリーなエピソードを挙げていたので、やっぱ良くはないしぐさなんだと思います。

ミゲル!なんでそんな周囲を拒否してんの!?
それとも威張ってんの?春日(オードリー)!?

それとも、昔はそういう意味合いはなかったのかしら・・・?
すごく謎。
惣領先生に聞いてみたい。

惣領先生と言えば(話とぶなあ、今日)、私、惣領先生にメールして、お返事をいただいたことがあります!!
すごくない!?
なんか今思えば、ものすごくしょーもない質問を送ってたのに、丁寧に説明してくださいました。なんて親切。お忙しいだろうに・・・。ほんと、しょーもない質問だったのに・・・。
それだけ、作品をちゃんと理解してほしい、という気持ちを、強く持たれてるんでしょうか。
すんごい嬉しかった。というかびっくりした。びっくりしすぎて、なんか変な汗でたもん。
惣領先生、ありがとうございました!!

ミゲルの腕組みについて、またメールしちゃう!?いや・・・もうくだらん質問で、邪魔したくないっス・・・。

  • 無記名の方
    シエナのパリオ!楽しみですよね!!
    でも横道にそれてるふうの物語が、どうつながっていくのかも、興味津々。どんなふうに展開していくんでしょうね〜

2009-05-07

「モーニング」の発売日〜。
嬉しいね!幸せね!

見開きの大聖堂が・・・すごい・・・。ミサの神聖さが伝わってくる。
重く粛々とした雰囲気。
湿っぽくかび臭い空気。
ろうそくのにおい。
・・・・・・。
んでも、話の展開が唐突で、横道にそれてる感が、とてもする・・・。(原先生がダンテ研究者だからって・・・って思っちゃったよ。)
まあ、つながっていくんだろうけど。
シレンツィオって、私はどーでもいー人だったけど、なんかだんだん好きになってきた!
でもスィレンツィオだよね、発音は。気になる・・・。←ちょっとヤな感じ?あげ足とり?・・・ごめん。

  • 用語解説
    教皇派と皇帝派について。
    今週号に出てきたから!
  • かる 様
    コメントありがとうございます!
    調べてもわからないことばかりで、苦戦してます〜。
    でもこうやって読んでくださって、コメントまでくださる方がいらっしゃるんだから、頑張るっス!!
  • ねこねこ 様
    いっつもありがとうニャ!

2009-05-06

更新日記の日づけを、4月16日からずーっと2004年って書いてました・・・。多いなあ、こういうしょーもないミス・・・。
てか、なんで2004年?戻りたいのか?・・・いや、別に・・・。どうせ戻るんなら1500年くらいのローマに!!そうしたらチェーザレの参謀になる〜 ←バカ。

  • マリー さま
    教えてくれて、ありがとうです〜。
  • ボルジア家の歴史
    完結!!まあ、後で追加するところが盛りだくさんだろうけど、とりあえず。うれし〜い!
  • 人物紹介
    フランチェスコ・レモリーネスについて。
    この名前のキーワード検索でここに来てる人が、何人かおられたので。
    (アクセス解析を最近できるようになったんだけど、そういうことが判るんです!すごいね〜。)
    テキトーに書いてたのを、ちょっと書き直しました。でも資料がなくて生年・没年さえわからない!

昔書いた人物紹介をあらためて見ると、テキトーに書いてとりあえず、としてるのが多いのにびっくりしました。
ミゲル・ダ・コレッラについても、超メインの人なのに、井戸端会議的?なことしか書いてない。ひどい・・・。何考えてたんだ、当時の自分。
近日中に書き直します。きっと。


  • ユキボン さま
    はじめまして!
    すんごいお褒めの言葉をありがとうございます。恐縮です。
    「文献」を「網羅」なんてしてません〜。読んだ本のツギハギ知識をつらつら書いてるだけです。すみません。
    それよりも、ウィキペディアを更新されたり、ユーチューブにアップされたり、の方がすごいです!あれはユキボンさんがされてたんですね!
    私もユーチューブの「マンガノゲンバ」拝見させていただきました!本放送を見てなかったので、とてもとてもありがたかったです。

えーサイトが一時消えてたのは、恥ずかしいからほんとは言いたくないんだけど、サイトアドレスの「cesareborgia」って綴りを、「cesareborjia」と間違って登録っていうか、申請して作っていたからなんです。・・・・・・。
ここを、そのままで続行!とはさすがにできず、アドレスを訂正したので、旧サイトは一月足らずで消えたのでした・・・。
しょぼい話・・・。ほんと、どんだけケアレスミスが多いんだ。(登録前、相当確認した記憶があるのに・・・。それでも間違ってるなんて・・・。なんで?)
でも、また見つけてくださって、ありがとうございます!

「モーニング」21・22号アンケートは、02と03を選びました。
私はサイトタイトルに「その周辺」とつけてるくらい、周囲の人々にすごく興味があるので!
ミゲルとかボルジア一家だけでなく、アスカーニオ・スフォルツァとかグイドバルド・モンテフェルトロとかヴィテロッツォ・ヴィッテリとか。彼らが惣領版で、どんな容貌で描かれるのかとか、ものすごく楽しみです!
あと、もっとたくさんの本を知りたい読みたい、という欲求が強いから。

期待を裏切らないですむように、これからもがんばります!ありがとうございました!


ちなみに、そのアンケートの内容です。↓
今後「チェーザレ」の企画本が出るとしたらどのようなものを希望しますか?(2つまで回答可)
01・・・今までのカラーイラストを収録した画集
02・・・登場人物に焦点をあてた解説本
03・・・「チェーザレ」読者におすすめ本を紹介したブックガイド
04・・・「チェーザレ」縁の地をめぐるための旅行ガイドブック
05・・・「チェーザレ」をより深く理解するための歴史解説本
06・・・作品内で再現されているルネッサンスの背景に焦点をあてた解説本

みなさんはどれを選びましたか?
あ!!そういえば明日は木曜じゃん!!休みで曜日がわかんなくなってた!
やった〜うれしい〜。今度こそスティーブン・キングの気持ちになります!(更新日記2009-04-29)

2009-05-05

  • ボルジア家の歴史
    枢機卿ロドリーゴ・ボルジアのつづき再び。
    あと少しまとめたらおしまい!けどちょっと今日は時間ない!

電車の向かいに座ってたおじいちゃん2人が、互いの入れ歯を口から出して見せ合ってた・・・。びっくりした。
しかも、入れ歯を取り出しているからか、何て言ってるのか全然わかんなかったのに、2人のコミュニケーションは成立してた・・・。すげえな、じーさんら。

  • たのぴー さま
    ヨーロッパサッカー選手って、イケメン君がたくさんいるんですねー。チェーザレ役ならどの人に、とか考えながら見るのは、邪道ながら楽しそうだ!
    今度からあらゆるスペイン人、イタリア人をそういう視点で見てしまいそう・・・
  • kouki sato さま
    初メッセージ、ありがとうございました!

2009-05-04

  • ボルジア家の歴史
    枢機卿ロドリーゴ・ボルジアのつづき。
    ずっと放っておいたけど、アクセス解析を見ると、けっこうボルジアの歴史を見ている人が多いので、仕上げることにしました!
    パッツィ家の陰謀の後が、今日更新したところです。

ローザンヌに行ってた家族が、10日ぶりくらいに帰ってきます。その間ひとり暮らしだったんだけど、家に話す相手がいないというのは、さみしいですね。
私はしゃべり好きなので、わざわざ電話とかメールとかするまでもないような、くっだらないことをすぐ誰かに言いたいです。
モーニング発売日!と思って張りきってコンビニ行ったら休刊の週だった、とか。
「ミドル」を「ミゲル」に見間違えた、とか。
だからここに書いてることは、そんなくだらんことばっかなのか!

2009-05-03

今日は弓道の大会がありました。(なんか何べんか書いてるから、もういいかなと思うけど、管理人の趣味は弓道です。)
予選通過!!
したのは嬉しいけど、決勝の1回目であっさり終わりました。ちっ。

弓道は引くべきところまでしっかり引いた、フルドローの形を「会」と言います。(GALLERYのミゲルの図)
力はみなぎっているけれど静止しているこの状態を、5〜10秒続けるんですが、これは非常に苦しい時間です。
体力的にも、呼吸的にも、精神的にも。
たった数秒なのに。

辛くて、早く楽になりたくて、1秒も我慢できずに矢を放してしまい、それがどうしても直せなくなるという「早気」という病気まで存在します。
私も「会」を保つのが苦手で、「もー別に矢なんかどこに行ったっていいから放したい!」と、しょっぼい弓を引いたりしてました。(まあ、今でもしょぼいんだけど。)

んでも!!
「フィレンツェ軍の捕虜となり拷問を受けたミゲルは、もっと辛かったんだよ!!」
「なのにチェーザレに不利になることをひと言もしゃべらなかったんだよ!!」
「会ぐらい、なんなの!!」
と思えば、この「会」を頑張れるようになりました!!
すごいぞ!ミゲル効果!!

実生活に役立つ?ミゲルの使い方、でした。

  • たのぴー さま
    いっつもメールありがとうございます!嬉しいっス!
    返信遅くてすみません!

2009-05-02

JRの「大人の休日ミドル」って書いてあるポスターの、「ミドル」が「ミゲル」に見えて、「え!?何!?」とびっくりして立ち止まってしまった。人ごみあふれるコンコースで。
迷惑なヤツだ・・・。
本の背表紙の「マリア・テレジア」も「・・・ボルジア」に見えたことある。
これが、あばたもえくぼってやつですかね。ちがいますね。

  • ファルネーゼ
    ジュリア・ファルネーゼについて。
    彼女が14歳でロドリーゴの愛人となった時、ロドリーゴは57歳。
    年の差43!
    すごいね!
    もう若い男とはつきあえんやろうね!
    いや、逆なのかな・・・どうなの?(誰に聞いているのか)

2009-05-01

5月!いい天気!!GW!!!でも、どっこにも行きません!!!

  • 関連書籍?
    塩野七生「ルネサンスの女たち」のレヴュー。
  • 用語解説
    尚書院、と副尚書について。

本屋さんをぼーっと徘徊していたら、ふっ、と目に飛びこんできたタイトル。
「ニコマコス倫理学」・・・アリストテレス著
ん?なんか聞いたことある。なんだっけ・・・・・・
あ!!「チェーザレ」2巻でチェーザレとピエロ・デ・メディチが語ってた本じゃん!

思わず買いそうになりましたが、冷静になってやめました。
そんな本・・・読むか?・・・読みたくない!

結局買ったのは「モーニング」で見て気になってた、福満しげゆき著「僕の小規模な生活」。
僕の自意識過剰ぶりと妻の博多弁がかわいい。
(現在休載中ですが、もうすぐ再開されるようです。)でも1巻だけで満足した!

  • ねこねこ 様
    豚インフル、なんなんでしょうね。早く終息してほしいよ。
    でも報道がすごく大げさな気がする。
  • たのぴー 様
    ボルジア映画ってスペインの「Los Borgia」じゃないですか?
    ネットでちらっと見たことあります。ミゲルがクリリンみたいなはげ頭で入道のようだった!

→映画の公式?ページ
(Pelicula ってところをクリックしてActores をクリックするとキャストが見られます。)
※ 公式?の方は、なぜか見られなくなっています。

んでも、ミゲルはアルフォンソとかを、素手で絞殺したりしてんだから、あんなすらっとした体格ではなく、入道系の方がほんとは正しいんじゃないのかと思わないこともない・・・ヤだけど!

後で改めて返信しますね!お待ちください〜




a:1204 t:1 y:0




powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional