チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

ヴィアナViana

ヴィアナ Viana

ヴィアナ、遠景。

鉄道が敷かれていないので、バス利用になる。
ログローニョ(Logrono)から約15分、
エステーリャ(Estella)から約40分、
パンプローナ(Pamplona)から約1時間半。

  • Ayuntamiento de VIANA
    ヴィアナ市のサイト。
    上部中央の「Turismo」から、ヴィアナ観光についての色々な情報にアクセスできます。

チェーザレの妻シャルロット・ダルブレの兄ジャン・ダルブレ(仏・Jean d'Albret、西・Juan III)が、
妻カトリーヌ(Catherine de Foix)と共同統治するナヴァーラ王国の街。

1506年10月、チェーザレはメディナ・デル・カンポのモタ城から逃亡し、義兄ジャン王を頼ってナヴァーラ王国の州都パンプローナへたどり着く。
当時ナヴァーラ王国は、スペイン王フェルナンド2世を後ろ盾とするレリン伯爵ルイ・ド・ボーモン(Luis III de Beaumont)との紛争が続いていた。
チェーザレはジャン王によりナヴァーラ軍の総司令官に任命され、戦線に立つ。

1507年3月12日未明、嵐の中の戦闘で、チェーザレは戦死し、この地に埋葬された。

チェーザレを死に追いやったレリン伯は、翌年1508年、ジャン王との戦闘で負傷し死去する。(享年58歳。)
スペイン王の干渉はその後も続き、1512年、王はレリン伯の息子ルイ(Luis IV de Beaumont)を将軍ファドリケ・デ・トレドとともにナヴァーラへ派遣する。
この侵攻に屈したジャン王は妻とともにフランスへ逃亡、1515年、ナヴァーラ王国は実質的にスペインへ併合されることになった。(公式には1833年。)

  • 地図上でダブルクリックすると、ズームしていきます。
  • 地図上でドロップ&ドラッグすると、画面が移動していきます。

  • サンタ・マリア教会 - 記念碑(石碑プレート)
  • 記念碑(胸像) - サン・フランチェスコ修道院前
  • ソラーナ門 -
  • トリニダード門 -
  • ヴィアナでのチェーザレの住居 -
  • 観光案内所 -
  • レストラン・ボルジア -
  • ホテル・パラシオ・プハダス -
  • バランカ・サラダ - チェーザレ戦死の場所 → 別地図

※写真にマウスを置くと、多少の説明が出ます。

サンタ・マリア教会(Iglesia de Santa María)

サンタ・マリア教会。右端の縦長いアーチ部分が入口。
サンタ・マリア教会。1584 - 1593に作られたルネサンス様式の塔。

1250年から1312年にかけて、ゴシック様式で建てられた教会。
16 - 18世紀にかけて改築・増築されている。塔とエントランスはルネサンス様式。

ホアン・デ・ゴイアス(Juan de Goias)らの手によるファサードの彫刻は、「ナヴァーラのルネサンス美術で最も美しい」と称される。(下の写真。アーチ形のところ。)


サンタ・マリア教会ファサードとチェーザレの墓碑プレート。

エントランスの手前の床には、チェーザレを記念する石碑が埋められている。
(右の写真。茶色の扉の手前に見える白い部分。詳細は下記に。

クリックすると拡大します。 →

主祭壇は17世紀に作られたバロック様式。
下の写真3枚はミサの行われているところ。


  • 開館時間
    4月1日 - 10月15日
     月曜 - 土曜 9:00 - 13:00
    • 冬季は礼拝の行われている時間(不定期)のみ入場可。

サンタ・マリア教会内部。 サンタ・マリア教会主祭壇。ミサの様子。 サンタ・マリア教会主祭壇。ミサの様子。




記念碑(石碑プレート)(Lápida de César Borgia)

チェーザレの石碑プレート。

右の写真はサンタ・マリア教会入口前の地面に埋められている、チェーザレの墓碑。
1953年に作られたもの。

この場所に落ち着くまで紆余曲折あり、墓はだいぶ辛苦を味わっている。



1507年3月12日早朝、バランカ・サラダ(la Barranca Salada)で戦死したチェーザレは、義兄のナヴァーラ王ジャン・ダルブレによって手厚く葬られる。
盛大な葬儀が行われ、サンタ・マリア教会の主祭壇の下に、アラバスター(雪花石膏)で作られたゴシック様式の霊廟が置かれた。

1523年、著述家でもあったモンドニエド(Mondoñedo)の司教アントニオ・デ・ゲバラ(Antonio de Guevara)によって碑文が刻まれた。

いわく、

「Aquí yace en poca tierra
el que toda le temía
el que la paz y la guerra
en su mano la tenía.
Oh tú, que vas a buscar
dignas cosa de loar
si tú loas lo más digno
aquí pare tu camino
no cures de más andar」

「このわずかばかりの土に
誰もが畏怖した人物が眠る
平和と争いと
両方を手にした者
おお、高遠なるものを
求めた君よ
もし君がそれを尊むならば
君の旅をここで終わらせよ
さらなる遠き道を苦しむことなく」


教会前の通りCalle de Primo de Rivera。右手の建物が教会。ここにチェーザレの遺骸は移された。


しかし16世紀半ば、「神聖な教会の中に、チェーザレのような残虐非道な人物の墓があることは、神への冒涜である」と考えたカラオラ(Calahorra)の司教によって、墓碑は取り壊されてしまう。
遺骸は「人獣を問わずに蹂躙した罪のつぐない(para que en pago de sus culpas le pisotearan los hombre y las bestias)」として、人々の足蹴にされるよう、教会前のマヨル通り(Rúa Mayor o Rúa de Santa María)(現在のCalle de Primo de Rivera)へ移された。

※ カラオラの司教の話は伝説であって、事実ではないとする説もある。
だが、どのような経緯があったにせよ、1523年には教会内に存在した墓が、1884年には通りへと動かされていたということに間違いはない。




1884年、フランスの歴史学者シャルル・イリアート(Charles Yriarte)はヴィアナ市の許可を得て、チェーザレの埋められていると言われる場所を掘り返し遺骨を確認した。
しかし墓標が置かれることもなく、骨はそのまま埋め戻されてしまう。
(教会の階段下へ移された、とも言われる。)



1945年2月27日、今度は多くの歴史学者や専門家の支援を得て、再びチェーザレの墓は掘り返される。
骨は分析されチェーザレのものであると認定された後、1953年、現在の石碑の下へ埋葬された。
白大理石にはこう刻まれる。

「CÉSAR BORGIA
GENERALÍSIMO DE LOS EJÉRCITOS
DE NAVARRA Y PONTIFICIOS
MUERTO EN CAMPOS DE VIANA
EL XI DE MARZO DE MDVII」

「チェーザレ・ボルジア
ナヴァーラ軍と教皇軍の
総司令官
ヴィアナの野に死す
1507年3月11日」


2007年、ヴィアナ市はチェーザレの没後500年を記念するイヴェントの一環として、墓をサンタ・マリア教会内へ移そうという案を提示したが、実現はされなかった。


  • もうひとつのチェーザレの霊廟
市庁舎(Ayuntamiento)。

20世紀に入ると、チェーザレとボルジア家への歴史的評価は変化し、見直されていく。
チェーザレはナヴァーラの独立を守るために戦死した英雄とも見なされるようになる。
1935年、医師であり文筆家であり、音楽家、画家、彫刻家でもあったヴィクトリアーノ・ファリスティ・サガルサス(Victoriano Juaristi Sagarzazu)によって、チェーザレの霊廟が制作される。
美しい彫刻の施された廟は、市庁舎(右の写真。サンタ・マリア教会の向かい側。Plaza de los Fuerosに建つ。)の入口に置かれた。
が、翌年に始まった内乱(La Guerra Civil(1936-1939))で、数年ももたずに破壊されてしまった。

オリジナルは現存しないが、コピーがサン・セバスティアンのサン・テルモ博物館(Museo de San Telmo, San Sebastián)にある。



記念碑(胸像)(Monumento a César Borgia)

チェーザレの胸像。台座がけっこう高いです。 チェーザレの胸像。視線はサンタ・マリア教会の方にあります。 チェーザレの胸像。正面顔はちょっと怖い。

チェーザレの胸像。横顔は素敵?

サン・フランシスコ修道院(Convento de San Francisco o de San Juan del Ramo)前のソル・シモナ広場(plaza Sor Simona)に立つブロンズの胸像。

1965年、パンプローナ生まれの彫刻家フルクトゥオーソ・オルドゥーナ(Fructuoso Orduna)によって作られた。
台座には以下のように書かれている。


「CÉSAR BORGIA
CAPITÁN GENERAL
DE LAS
ARMAS NAVARRAS
MDVII」

「チェーザレ・ボルジア
ナヴァーラ軍

総司令官
1507年」


チェーザレの胸像にある紋章。

飾られる紋章はなぜか三重冠つきのアレクサンデル6世の紋。

奥の建物がサン・フランシスコ修道院。















チェーザレは自分の墓のある方向、そして自分の死した場所の方向を見ている。




ソラーナ門(Puerta de la Solana)

街の外側から見たソラーナ門。

13世紀には建てられていた、街の南門。
(ちなみに北門はサンタ・マリア門(Portal de Santa María)、
東門はエステーリャ門(Portal de Estella)、
西門は聖フェリス門(Portal de San Felices)。)
16世紀に修復されている。
ソラーナ(Solana)とは「日なた、日あたり」という意味。
右の写真は街の外側から見た門。



1507年3月11日深夜、最後となる戦闘に向かうチェーザレが、馬を駆ってくぐった門。
チェーザレが出撃した時見た光景は、このようなものだったはず。
街からソラーナ門へ。 街からソラーナ門へ接近。 街からソラーナ門の前へ。




トリニダード門(Portal de la Trinidad o de la Algarrada)

トリニダード門。
2007年に開かれた、チェーザレ没後500年を記念するイヴェントパネル。












コソ広場(plaza del Coso)で闘牛が行われる時、広場の東にあったエステーリャ門(Portal de Estella)の代わりに開かれていた門。
エステーリャ門は20世紀初頭に解体されており、現在はプリンシペ・デ・ヴィアナ通り(Passo del Principe de Viana)に跡のみが残っている。)

プリンシペ・デ・ヴィアナ通り(Passo del Principe de Viana)側に、2007年に開かれたチェーザレの没後500年を記念するイヴェントパネルが、今だに飾られている。




ヴィアナでのチェーザレの住居(Casa donde se hospedó César Borgia en Viana)

チェーザレが住まいとしていた家。

ヴィアナ滞在時にチェーザレが居城としていたところ。
現在は一般人の住まいとして使われているようで、内部の見学などはできない。
しかも、説明パネルや印となるようなものも一切ない。

何か作って記念してくれるといいのに・・・。




観光案内所(Oficina de Turismo de Viana)

画像の説明

サンタ・マリア教会の向い側にある、市庁舎の一角が観光案内所となっている。
建物に向って左端の扉がそれ。(右の写真、木の向こうに見えるところ。)

チェーザレ戦死の地であるバランカ・サラダへ向うエクスカーションの案内は、ここで受けられる。

「Veneno de Cesar」(チェーザレの毒薬)

また、「Veneno de Cesar」(チェーザレの毒薬)という名のリキュールを販売している。
7ユーロ。安い・・・。

他、2007年にチェーザレ没後500年を記念して作られた書籍も購入できる。スペイン語版のみ。15ユーロ。
無料の小冊子もある。

(どれも表には出されていないので、尋ねてみてください。
また、再生産・再版されているのか微妙なので、数に限りがあるかもしれません。)

  • 営業時間
    月曜 - 土曜
    9:00 - 14:00




レストラン・ボルジア(Restaurante Borgia)

画像の説明

サンタ・マリア教会とサン・フランシスコ修道院の間の通り、セルピオ・ウッラ通り(Serapio Urra, 1)にあるレストラン。
外観は素朴だが、室内は白を基調としたモダンな雰囲気。
新鮮で旬な食材で、伝統的料理から創作料理までも提供する。レヴューによると、パンやコーヒーまで美味しかったそう。

ただ・・・メニューはスペイン語のみで、店員の方も英語を話さない。注文をするのがやや大変かも。
(でもとても辛抱強く親切に、身振り手振りを交えて、キッチンから食材を持ってきてくれて、絵まで描いて説明してくださいました。
とても感じのよいお店でした。)

予算はランチで、30~50ユーロ。ディナーで50~75ユーロ。やや高級。


  • 営業時間
    13:30 - 15:30、20:30 - 22:30
    • 休業日
      日曜、8月

レストラン・ボルジア内装。 メニューにはチェーザレの肖像が。




ホテル・パラシオ・プハダス(Palacio de Pujadas)

パラシオ・プハダス。

サンタ・マリア教会の前の道プリモ・デ・リベラ通りからつながる、ナヴァッロ・ヴィロスラダ通り(Navarro Villoslada,30)にあるホテル。

17世紀半ばにアラゴンからヴィアナへ移り住んだと言う、侯爵家プハダスの屋敷であった。
もともとは16世紀に建てられたレミレス家(Remírez)の屋敷で、エントランスには同家の紋章が残っている。

東側のもうひとつの扉は、かつては厩舎とワインセラーへ続いていたもので、現在は併設のレストランとなっている。

ヴィアナはサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路にあたるので、宿泊客にはリュックを背負った巡礼者が多い。

この階には他に3つの部屋があります。
パラシオ・プハダス、チェーザレ・ボルジアの部屋。

最上階にはチェーザレ・ボルジアの名を冠した部屋がある。
ベッドのすぐ横にバスタブが置いてある、優雅なんだか不便なんだかよくわからない部屋。






バランカ・サラダ(la Barranca Salada)

チェーザレが戦死したところ。
チェーザレの最期となる戦闘は、ヴィアナとメンダヴィアのちょうど中ほどにあたる「la Barranca Salada」と呼ばれる場所で行われた。
ヴィアナの旧市街から、南東に10キロほど行ったところである。

チェーザレが戦死したところ。


  • 地図上でダブルクリックすると、ズームしていきます。
  • 地図上でドロップ&ドラッグすると、画面が移動していきます。

  • la Barranca Salada - チェーザレが戦死したところ


チェーザレの逃げこんだ義兄の国ナヴァーラ王国は、スペイン王フェルナンド2世を後ろ盾とする、レリン伯ルイ・ド・ボーモンとの戦いが続いていた。チェーザレはナヴァーラ軍の総司令官に任命され、戦線に立つ。

ヴィアナはレリン伯によって占拠されていたが、チェーザレは街を奪還する。
レリン伯の軍はメンダヴィアに本陣を置き、城塞に立てこもった。チェーザレは城塞を攻囲する。レリン軍は籠城を余儀なくされ、飢えつつあった。

1507年3月11日深夜。
激しい雷雨が陣を襲い、チェーザレは警備の兵を移動させた。
レリン軍はこの隙を突き、1ヶ月分の食料を城へ運び込むことに成功する。

夜明けが近づいた頃。
チェーザレは敵の動向に気づく。彼はソラーナ門をくぐり、レリン伯の本陣であったメンダヴィアへ向けて馬を駆る。
バランカ・サラダと呼ばれるところまで走った時、後に続いているはずの兵たちは後方に取り残されていた。そしてそこにはレリン軍の兵が待ち伏せしていた。

嵐の中始まった戦闘で、チェーザレは敵軍の武将ガルシア・デ・アグレダとペドロ・デ・アーロに追いつめられる。(甲冑の重さのせいだと言われる。)
チェーザレは果敢に抗戦するが、3月12日早朝、20ヶ所以上もの傷を負ってこの地に倒れた。
敵兵は武器も甲冑も衣服までも剥ぎ取り、遺体は血まみれのまま裸で捨て置かれた。義兄のナヴァーラ王に発見されるまで。

「Aqui murio en batalla Cesar Borgia」(ここでチェーザレ・ボルジアは戦闘により死んだ)とあります。



バランカ・サラダ(la Barranca Salada)とは直訳すると「塩渓谷」。が、全く渓谷ではない。
塩野七生「チェーザレ」には「丘」と書かれているが、丘でもないと思う・・・。「野っ原」という表現が1番しっくりくる。

2007年、ヴィアナ市がチェーザレの没後500年を記念して、石碑を立てている。ちょっと(けっこう?)ショボいけど・・・。

クリックすると拡大します。 →


  • チェーザレ・ボルジアの旅(Itinerario de Cesare Borgia)
    ヴィアナ市の観光局が催している徒歩での小旅行。と言うか遠足。
    la Barranca Saladaまでの片道約9キロを往復する。
画像の説明画像の説明
道程に立つ道しるべ石碑の傍には掲示板に解説が









a:4726 t:4 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional