チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

ペトゥルッチ

ペトゥルッチ家 (Petrucci)

毛織物業で成功した、シエナの豪商一家。
15世紀後半から16世紀初頭、シエナの実質的支配者であった。
枢機卿をも輩出するが、教皇レオ10世と対立し没落する。

パンドルフォ・ペトゥルッチ(Pandolfo Petrucci)

(1452年2月14日? - 1512年5月21日)
シエナ生まれ。
1483年、政争に破れ亡命。
1487年、弟ジャコモと協力して帰国、政権を奪い返す。以後シエナの僭主として君臨する。
1497年、ジャコモが死去。パンドルフォは莫大であったジャコモの財産をすべて受け継ぐ。
やがて、シエナの有力者ニッコロ・ボルゲージ(Niccolò Borghesi)の娘アウレリアと結婚。強力な後ろ盾を得、政府の主な役職のほとんどを牛耳る。
しかし、専制的なパンドルフォの支配は反発を招き、義理の父であるニッコロとも対立するようになる。
1500年、ニッコロはパンドルフォ暗殺を計画。しかし陰謀は実行前に露見し、ニッコロは暗殺される。パンドルフォの差し金であったと言われている。

絶対君主的支配への反発を恐れるパンドルフォは、シエナの経済発展や芸術の保護にも寄与する。フィレンツェとの関係にも心を砕き、平和維持に努めた。
共和制という形を維持しながらの実質的独裁は、フィレンツェエのコジモ・デ・メディチを倣ったとされる。
出自や経歴、金にものを言わせるやり口なども、コジモに酷似している。しかしコジモのような大らかさはなく、陰湿で残忍であったと言われる。

1502年、マジョーネ同盟に加わりチェーザレ打倒を画策する。
彼は表立った動きは見せなかったが、裏ではかなりしっかりと糸を握っていたよう。
現に、パンドルフォと親密であったジャンパオロ・バリオーニは、彼の忠告を聞き入れてシニガリアへ伺候せず、処刑から免れている。
1503年1月、チェーザレの報復を恐れるシエナ政府の要請により、フランスへ亡命。しかし2ヵ月後にはフランス王ルイ12世の後押しによって、再びシエナの僭主として返り咲いた。

1503年、ボルジアが没落すると彼の立場は安泰となる。
1507年、フィレンツェのピサ進攻の際はピサへ軍事支援する。しかし教皇ユリウス2世はこれに反対、パンドルフォに対しフィレンツェへの譲歩を求める。パンドルフォは渋々とこれを認めるが、対価として息子アルフォンソが枢機卿へと叙階された。

1512年、シエナにて死去。享年60歳。
残虐であるが、智謀に長けた人物であったとされる。




アルフォンソ・ペトゥルッチ






a:1370 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional