チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

フランス王家

フランス王家


シャルル8世(Charles VIII)

(1470年6月30日 - 1498年4月7日)(在位:1483年 - 1498年)
ヴァロワ朝第7代のフランス王。


ルイ12世

()


アンヌ・ド・ボージュー(Anne de Beaujeu)

(1461年4月 - 1522年11月14日)
アンヌ・ド・フランス(Anne de France)とも。
シャルル8世の姉。
ルイ12世の最初の妻、アンヌの姉でもある。

1483年、父王ルイ11世が死去、アンヌの弟シャルルがフランス王の地位につく。
しかしこの時シャルルは13歳。若年に過ぎたので、22歳のアンヌと彼女の夫であるブルボン公ピエール2世(当時45歳)が、摂政を務めることになった。
1491年までの8年間、彼女は貴族たちの造反を押さえ、きっちりと王権を維持した。
その政治的手腕は確かなもので、「Madame la Grand(偉大なる女性)」と呼ばれた。







a:2513 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional