チェーザレ・ボルジアについて、とりとめのないけれど愛に満ちた探究心を発揮するサイトです。

ハティヴァXàtiva

ハティヴァ Xàtiva

ハティヴァ駅。

鉄道で、
ヴァレンシアから約40分。
街のメインストリートであるアルベルダ・ハウメ1世通り(Alberda Jaume I)に観光案内所があり、そこで地図の載った簡単なガイドブックをもらえる。英語版あり。
街は小さく徒歩で回れるが、ハティヴァ城まで歩くのはちょっと大変。バスが出ているが本数は異様に少ない。

  • Turismo de Xàtiva
    ハティヴァ市内にあるボルジア所縁の名所を紹介してあります。
    地図が添付されわかりやすいのですが、フラッシュを使って作成されているせいか、文章が翻訳されません。コピペもできないので、辞書片手に読むしかありません・・・。
  • Tourist Info
    Calle Alameda Jaume I 50
    46800
    Xàtiva (Valencia)

「Xàtiva」はスペイン語で、「シャティヴァ」と発音する。
「ハティヴァ」はヴァレンシア方言で「Játiva」と綴る。
(日本では「Xàtiva」という綴りと「ハティヴァ」という音が通っているようなので、ページタイトルはそのようにしました。
正確には「シャティヴァ Xàtiva」もしくは「ハティヴァ Játiva」です。)

ローマ時代から絹織物の生産地として有名だった。また12世紀には高い製紙技術を誇った。

1238年、アラゴン王ハイメ1世(Jaime I de Aragón)はイスラムの支配下にあったハティヴァを征服、1240年配下のエステバン・ボルハにこの地を封土する。
以来ボルハ家はハティヴァを拠点として繁栄していく。

教皇アレクサンデル6世ことロドリーゴ・ボルジアの生まれた地。

  • 地図上でダブルクリックすると、ズームしていきます。
  • 地図上でドロップ&ドラッグすると、画面が移動していきます。

  • ハティヴァ駅 -
  • サン・フランシスコ教会 -
  • サンタ・クララ修道院 -
  • アレクサンデル6世生家 -
  • サン・ペドロ教会 -
  • サンタ・マリア教会 -
  • ボティカ・セントラル - 薬局
  • ボルジア宮 -
  • ハティヴァ城 -
  • アルムディン美術館 - アルモディ美術館

※写真にマウスを置くと、多少の説明が出ます。

アレクサンデル6世生家(Casa natal de Alejandro VI)

アレクサンデル6世生家。普通に人が住んでいます。

アレクサンデル6世広場(Plaça d'Alexandre VI)に建つ。この広場は以前はアルドマ広場(Plaça d'Aldomar)と呼ばれていたよう。

1378年にはすでにボルジア一族の住居として使われていた。
残されている記録によると、1432年1月1日、ロドリーゴ・ボルジア(アレクサンデル6世)はこの館の左手、中2階部分で生まれた、らしい。

もともとは横に長いひと続きの建物だったが、現在は中央で区切られた2つの建物になっている。
その形だけは当時の姿を保存しているようだが、外壁などは綺麗に塗りなおされていて、歴史を感じさせられる雰囲気はなくなっている。
広場中央にある噴水も17世紀のもの。

アレクサンデル6世生誕地記念プレート。







向かって右手にアレクサンデル6世生誕地であることを記念するプレートが掛けられている。
1992年、ロドリーゴの教皇選出500周年を記念して作られたもの。

「CAESARE MAGNA FUIT ROMA
NUNC EST MAXIMA
SEXTUS REGNAT ALEXANDER
ILLE VIR, ISTE DEUS」

「カエサルとともにローマは栄え
今それは頂点を極めた
神の代理人である
偉大なるアレクサンデル6世の下で」


さすが陶磁器で有名なヴァレンシア州?ロドリーゴも歩いたでしょう。ハティヴァには噴水が多いです。
広場のプレート左サイドの路地広場中央の噴水




サン・ペドロ教会(Iglesia de San Pedro)

開いている時間は月ごとに変わるようです・・・。

アレクサンデル6世ことロドリーゴ・ボルジアが洗礼を受けた教会。

14世紀、ハティヴァの商業地区に托鉢修道会によって建てられた。ゴシック・ムデハル様式。
内部の、3つの仕切りアーチと木製の格子天井、色鮮やかな梁、幾何学模様などが特徴的。
主祭壇前の2つの彫刻、サン・ペドロとサン・パウロはもともとはファサード前に置かれていたもの。
両壁際にはたくさんのハティヴァとヴァレンシア王の紋章が飾られている。




サンタ・マリア教会(Iglesia Colegial Basílica de Santa María)

サンタ・マリア教会。

カリストゥス3世広場に立つ教会。
ラ・スー(La Seu de Xàtiva)とも呼ばれる。

1244年、アラゴン王ハイメ1世がイスラムからこの地を奪還した後、モスクの跡に建てられた教会。
1413年、対立教皇ベネディクトゥス13世によって、聖堂参事会教会(Colegiata)に昇格された。
1596年から再建が始められ、幾度もの中断を経て20世紀まで続いた。

ロマネスク様式とビザンツ様式の混合するファサードには、ボルジア家の2人の教皇、カリストゥス3世とアレクサンデル6世のブロンズ像が置かれる。
これは1961年、ヴァレンシアの彫刻家オッタヴィオ・ヴィセント(Octavio Vicent )によって作られたもの。向かって右側がアレクサンデル6世。
ハティヴァ出身の2人の教皇は、この教会に多くの寄進を行い、その一部は今でも教会内を彩っている。


カリストゥス3世像。
アレクサンデル6世像。

教会ファサードに建つ、
カリストゥス3世像(左)と
アレクサンデル6世像(右)。

上の写真の右下部にも小さく見える。
このハガキが教会内で販売されている。


左端にアレクサンデル6世の肖像画が見えます。
主祭壇。





主祭壇(左)
と周歩廊(右)。

周歩廊のパイプオルガン前には2人のボルジア教皇の肖像画(ヴァレンシア大聖堂にあるものの模写)が飾られる。

右下の部分が「聖イルデフォンソの前に跪く枢機卿アロンソ・ボルハ(後のカリストゥス3世)」。



周歩廊の放射状祭室のひとつは、2008年、カリストゥス3世の死後550年を記念して作られた礼拝堂である。礼拝堂と言ってもただのくぼんだスペースだが(上の写真、右から2番目のアーチ下部分。)、1452年に描かれた、「聖イルデフォンソの前に跪く枢機卿アロンソ・ボルハ(後のカリストゥス3世)」(Pere reixach, Sant'Idelfonso con il cardinale Alonso Borja.)を含む祭壇画が飾られている。
もともとはアルムディン美術館所蔵のものだが、2008年にこちらに移されたよう。

← クリックすると拡大します。

付設の教会美術館には、カリストゥス3世所縁の宗教美術品、教書が展示されている。
左の写真は十字架(銀。1458年。)と聖杯(銀とエナメル。1455年 - 1458年。)
右は聖遺物とともに送られた教皇の教書。

ガラスケースに手前のものが写って見にくいです。すみません。 「聖遺物」が何なのか不明。

  • 開館時間
    月曜 - 日曜 09:30 - 13:00
    • 教会美術館
      火曜 - 土曜 10:30 - 13:00
      日曜・祝日 11:30 - 13:00

※ ミサの時間はまた別です。




ボルジア宮(Palacio de los Borja)(El Palau)

小路沿いにあるアーチ型の入口扉。 扉上の紋章。

もともとは、サンタ・マリア教会がイスラムのモスクであった頃、イスラム修道僧の住居として建てられたもの。
13世紀、サンタ・マリア教会が建てられると同時に、助祭長の住まいとして改築された。ゆえに助祭長館(Palacio del Arcediano)とも呼ばれる。
いくつかの家屋から成る複合邸宅で、その一部がボルハ一族傍系の住居であったと言われる。ゆえにボルジア宮の名でも呼ばれる。

小路沿いにあるアーチ型の入口扉上には、ボルジア一族の紋章が飾られている。
中央に教皇カリストゥス3世、両脇の枢機卿の紋章は、ヴァレンシア大司教であった、ロドリーゴ・ボルジア、もしくはチェーザレ・ボルジアの紋章と言われている。

ボルジア宮。改修して~。

ボルジアの屋敷であった建物は、アーチ型入口扉を入って、11時の場所にある。
風化してほとんど廃墟のようになっている。(左の写真)
修復中ではあるようだが、内部はがらんどう。

この敷地内は現在、ユースホステル「Albergue Turístico El Palau」として使われている。
こちらは、アーチ型入口扉を入って、3時の方向に建てられている。





市立アルムディン美術館(Museo Municipal del Almudín)

アルムディン美術館。

1918年に設立された市立美術館。18世紀に開かれたCorretgeria通りに建つ。
もともとは小麦の貯蔵および販売に利用されていた建物。1545年から1548年にかけて増築されている。
ファサードはゴシック様式。内部にはイオニア式の柱の立つルネサンス様式の回廊を持つ。


フェリペ5世の肖像。




コレクションは2部門に分かれる。
ひとつは考古学部門で、ローマ時代の碑文や彫刻、遺跡のかけら、イスラム王朝時代の水盤、陶磁器、など。
もうひとつは美術部門で、教会祭壇画からバロック時代の絵画など、幅広く所蔵している。プラド美術館からの借り出し絵画も多い。

ホセ・アモロス(José Amorós)によるフェリペ5世の肖像画は、上下逆さまに架けられていることで有名。(右の写真)
これは1707年6月6日、彼がハティヴァの街を焼き払うよう命じたことに対する強烈な非難の意味が込められている。



壁の一隅に、教皇カリストゥス3世の礼拝堂の残骸が展示されている。

天使に抱かれたアロンソの紋章。カリストゥス3世の埋葬された礼拝堂・・・ってローマのフェッブリ教会??はっきりわかりません。
枢機卿アロンソ・ボルハの紋章。カリストゥス3世の埋葬された礼拝堂の残骸。



「ハティヴァ 15世紀 - 16世紀 教皇カリストゥス3世とアレクサンデル6世の時代の街」
と題された模型。
中央やや右にサンタ・マリア教会。左端にアレクサンデル6世生家が見える。

ハティヴァ模型。

  • 開館時間
    • 9月16日 - 6月14日
      火曜 - 金曜 10:00 - 14:00 16:00 - 18:00
      土曜 / 日曜 10:00 - 14:00
      月曜 休み
    • 6月15日 - 9月15日
      火曜 - 金曜 09:30 - 14:30
      土曜 / 日曜 10:00 - 14:00
      月曜 休み

そんなに広くないので1時間もあれば回れる。




サン・フランシスコ教会(Iglesia de San Francisco)

サン・フランシスコ教会。この日は入口前でバザーが開かれていました。 サン・フランシスコ教会、扉を入ったところ。左手に売店があります。

1238年にイスラムからこの地を奪回した、ハイメ1世による建築物で唯一残っている教会。もともとは修道院であった。
当時のエントランスは、モンカーダ通りに面したアーチ型扉であった。(左上の写真右端。)
現在のサン・フランシスコ広場に面したエントランスは18世紀に付け加えられている。(左上の写真左端。)

2人のボルジア教皇、カリストゥス3世とアレクサンデル6世の両親はここに埋葬されている。
また、カリストゥス3世の妹カテリーナ・ボルハなどボルジア一族の面々もここに眠っている。

サン・フランシスコ教会。「ボルジア一族の墓」は見えるところにはありません。

14世紀、カスティーリャとの戦争で破壊され修復される。
1707年、火事で焼けてしまい、改修され拡大された。しかし1748年には地震による被害で再び荒れてしまう。
教会は売りに出され、映画館にしようとする動きもあったが、オリジナルのゴシック様式で再び改修された。

現在、外観は歴史的建造物らしい古びた様子をしているが、扉を開けたところはホテルのフロントのように近代化している。内部は普通の教会だけど。




サンタ・クララ王立修道院(Real Monasterio de Santa Clara)

サンタ・クララ修道院。 修道院扉。

もともとは街の城壁の外に建てられていた修道院。14世紀、アラゴンとカスティーリャの戦いで破壊されてしまい、城壁内に再建された。それが現在の場所である。
良家の婦女子が多く集い、その寄進によって修道院は多くの財宝を得た。しかしその多くは度重なる戦役で散逸している。
当時のゴシック・ムデハル様式の食堂とドミトリーが、17世紀に改修されて残っている。
しかし2001年、修道院は廃院となった。

16世紀初頭、ロドリーゴの姉妹である、ベアトリスが女子修道院長を務めたと言われる。




ボティカ・セントラル(Botica Central)




カフェバー・ボルジアズ・エポカ(Borgias Época)(Els Borgia)

カフェバー・ボルジア。なぜ「ボルハ」じゃないのか?

サンタ・マリア大教会の裏にある、カフェバー・レストラン。
壁面に書かれる店名は
「Borgias Época(ボルジア時代)」となっているが、
実際は「Els Borgia(ボルジア家)」であるよう。
しかし外観にも内装にもボルジアを思わせるものはない。

建物は19世紀の貴族の家を利用している。

メニューに、

  • 「Ensalade Lucrezia Borgia(ルクレツィア・ボルジアサラダ)」
     (レタス、チーズ、コーン、トマト、オリーブ、フルーツ)
  • 「Ensalada Calixto III(カリストゥス3世サラダ)」
     (レタス、トマト、チキン胸肉、玉ねぎ、ナッツ)
  • 「Ensalada Alenjandro VI(アレクサンデル6世サラダ)」
     (芽キャベツ、そら豆、ハム、アスパラ、マッシュルーム)

などがあって楽しい。チェーザレサラダはない。
他には卵をはさんだサンドイッチ「Huevo “Borja”」もある。カフェタイムとレストランタイムでメニューが異なるようなので注意。上記のものはレストランメニュー。

左手のドアが入口。 ランチタイム後の休憩に入っているところなので、お客がいません。

2階席は1階よりもやや落ち着いたシックな雰囲気。建物の向こう側には中庭がありテラス席がある。





ハティヴァ城(Castillo de Xàtiva)

ハティヴァ城遠景。
向かって左手部分がメノル(Castillo Menor)、右手部分がマヨル(Castillo Mayor)。

ハティヴァの丘の上にある、ローマ時代に建てられた古い城塞。
ハティヴァは、ローマからカルタヘナを通りカディスにまで至る地中海沿いの街道アウグスタ(Via Augusta)の途中に位置することから、戦略的に重要な街であった。紀元前3世紀、第2次ポエニ戦争で、カルタゴの将軍ハンニバルやローマの将軍スキピオもこの地を要衝として重要視していたと言う。

ローマ時代の後西ゴート族によって支配され、714年、イスラムの支配下に入る。1092年、エル・シドはハティヴァの再征服に失敗するが、1238年、ハイメ1世によって達成され、アラゴン王国の所領となった。城塞が全陥落したのは1244年。

15世紀、ボルジア家の台頭によって同家の勢力基盤となる。

16世紀のハティヴァ市民によって扇動されたゲルマニアの反乱、18世紀のフェリペ5世の劫略、地震、19世紀のスペイン独立戦争、などで破壊と再生が繰り返され、現在に至る。

城塞はメノル(Castillo Menor)とマヨル(Castillo Mayor)の2つの部分から成る。メノルの方が古く、小さい。(上の写真)

ハティヴァの街は城塞の右手に。
メノル(Castillo Menor)から見た、城塞マヨル(Castillo Mayor)。

画像の説明 画像の説明

画像の説明

The castle is divided into two areas, called Lower Castle (Castell Vell) and the Greater Castle (Castell Nou). As the first pre-Roman Iberian and Carthaginian is the second foundation is America. The work is prevalent in both Arab and Christian, on the ancient pre-Roman and Roman foundations. The towers and walls are of Arab trace, while the buildings are mainly Christian era and built in stone. They are dated between the fourteenth and fifteenth centuries, while the Palacio del Duque de Calabria is the sixteenth century. The main entrance is called "Porta Ferrisa" (Iron Gate), the current is a restoration and bridge had originally drawbridge. Before it, was out the door and disappeared. The door is open to a modern tower building facade can be seen in the arms of the city of Xativa and the bars of the Crown of Aragon. Entering the front door, we enter the square, where some buildings are neogothic bill unfortunate enough to the whole castle, where the castle management services and a restaurant. The parade divides the two areas, on our left the Lower Castle, on our right the Mayor Castillo. Castillo Mayor Mayor's Castle has a wall flanked by towers cubic Islamic trace alternating with square towers of the Christian era, all based on Roman . If we start our route from the Castle Mayor (to the right of the square), we find the rear access door to the castle is called Puerta del Socorro (Socors), place-to-valley and Bixquert which incidentally is the bloodiest episodes experienced during the riots of the Germania to death on July 14, 1521 by Don Luis Crespi agermanados Valldaura, lord of Sumacárcel and Alcudia, famous Valencian noble. Almost opposite door relief, a trace of neo-Gothic buildings already discussed, we find the modern chapel of St. George (Sant Jordi). This chapel was built You probably on the site of the former chapel of Santa Ana del Castillo, that existed during the fourteenth and fifteenth centuries, after an engraving of 1564, as each castle, the Minor and Major had its own chapel. Here began the castle more, because there was located the first door. Going up a wide staircase , find a garden area where you will find two guns that still remain as reminders of the War of Succession. Two bronze cannons are mentioned in inventories and 1580, but today were consolidated in 1690. A little further up we find the so-called Round Tower (Torre Redona), being as he is quoted in the repair of XV and XVI century. Muslim also find an oven, at the end of the wall of the second gate. This oven was used by the Moorish castle guards, that there were their rooms. This oven and quoted in the repair of 1461 and 1580. Continuing the climb we reach the second door of the Castle staff. Here are the remains of "opus spicatum", paving herringbone pattern from Roman times. The side door was protected by towers, and next had rooms for the soldiers. Then find the Puerta del "Malanyat" or Devesa. For this gate area came to Malanyat or Devesa, where cattle graze left, which supplied the castle guards. There are four wells dating from Roman times, but with Gothic vaults. They are located outside the city. In front of this door, but inside, we found one of the numerous wells scattered throughout the castle and allowed the water supply. The pond now become and is of Arabic origin. Next is the Portal of St. Mary , is the third door of the Castle Mayor, named for being near the chapel of the same name. Plant has all the doors elbow as Muslim, although rebuilt in 1415. Your flooring is 1439 and it opens on a gothic tower. through the door of St. Mary arrived at the Chapel of Santa Maria , built between 1431 and 1434, by order of Queen Mary, wife of Alfonso V the Magnanimous. Gothic style, houses the mortal remains of the Count of Urgell , who died in the castle of Xativa in 1434, following its closure in the same, not willingly have accepted the decision of commitment to Caspe. Inside this chapel altarpiece was painted by a Reixach and Dalmau, now disappeared. Stresses its Gothic door, and inside and by the braces emblazoned and warheads of the dome resting on walls two meters thick. It is a chapel with a single nave vault , showing the shield on the lintels of the Corona de Aragon. Above all, this set dominated by a large Roman tower of great height, which still exists between the boot and the prison chapel. This tower is called St. George, was one of the two tallest towers in the castle, the lower part was also used as a prison. The base as we have said is Roman but was repaired in 1433. Was destroyed in the earthquake of 1748 and after the French occupation of 1811-1813. Today only the base of the tower, confused with the wall. A little further up we find the first yard celoquia. The celoquía cited in 1411 and 1545 was the highest part of the castles Muslims, and this had in principle two courtyards, around which were the various rooms and chambers-the Moorish halls and rooms of the Duke of Calabria. The first courtyard was the old paving herringbone pattern, typical of Roman works (opus spicatum). Here were the rooms of the warden of the preserve only of them various Gothic arches of the fifteenth century, but the last repairs were done in 1580. Here we also find the tank or tank top and the stairs of the bell tower , this is the tank top of the castle. The stairs went up to the New Room of the Duke of Calabria and the tower, which was the bell of the castle, which served to alarms, guard and even change the hours of irrigation runs the orchard farmers as reflected in the works of 1648. In this place we find the prison , consisting of two rooms a of which was for punishment. At the entrance a poster on the stone include the long list of all the prisoners that has housed the jail, illustrious and famous people. In this relation we find: The infants de la Cerda, Alfonso and Ferdinand (from 1278 to 1286); King James IV of Majorca (1349), Don Jaime, Count of Urgell (from 1426 until his death in this castle in 1433), Martin Diez de Aux, Justice of Aragon in 1440, Don Jaime de Aragon, Arenas and Baron son of the Duke of Gandia, Diego Borja, canon of the Cathedral of Valencia, accused of murder by Philip II and beheaded in the castle in 1552. It was also the Earl of Pallars prisoner, who fought on behalf of the charters Catalan Juan II and King Ferdinand his son and heir, Peter Quixal, Abbot of Poblet, a victim of the intrigues of monks who sought to reform. No But the most famous prisoner was Don Fernando de Aragon, Duke of Calabria. Relative of Ferdinand, Duke of Calabria prisons met the Spanish castles from fourteen years, having been imprisoned in La Mota (Medina del Campo). After a brief stay at the court of Ferdinand the Catholic, then married his second wife, Germaine de Foix, was charged by the King of high treason and imprisoned in the castle of Atienza, until in 1512 he was transferred to Xativa. Always there has been speculation the real reason for imprisonment of the Duke of Calabria, his affair with Germaine de Foix, the new wife of Ferdinand the Catholic, wife of eighteen years of age and that the Catholic king surpassed more than forty. After completing his confinement, the Duke of Calabria married Germaine de Foix, widow of her second husband, the Marquis of Brandenburg, becoming both in viceroys of Valencia, founded in the city of Valencia the Monastery of San Miguel de los Reyes , where they are buried. Until 1748, the year when an earthquake destroyed most of the rooms of the castle, there was the so-called "Sala del Duque" . This room is where he was locked up the Duke of Calabria for ten years. The remains of this room are just on the top of the prison and only retains a Renaissance window of incredible beauty. The room is the work between 1512 and 1522. The current viewpoint is on the round tower, which in 1406 was called Tower "Malmenat" or oppressed. At the top of the castle is the tower of Greater Faith, which was matched by the St. George, was the highest in the next to her castle and Moorish rooms and the second courtyard of the celoquía, where he was slain Don Diego de Borja in 1562. Completely destroyed in 1563 by an explosion of gunpowder, and rebuilt in 1569, was again completely destroyed by the earthquake of 1748 and in 1813 by the French. The other tower is the round tower next to the Santa Fe, since it , overlooks a magnificent panorama of the city. Outside the walled enclosure are the Basset watchtower, so called since it was fortified in 1705 by General AUSTRAC Basset. Castle Lower Lower Castle consists of a fortified enclosure smaller, which is accessed through a door in a pointed arch pointed ashlar voussoirs. It's called Anibal Gate , is a fifteenth century Gothic door. It is said that this place came the Carthaginian general Hannibal, and after the Roman general Scipio during the Second Punic War (218-219 BC). In the vicinity of the door but in the main square we found a plaque reminds us origins and vicissitudes of the castle.

画像の説明






a:2231 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional